【美のプロが愛するコンビニ飯】『R−1ヨーグルト』からダイエット中にオススメのおでん具材まで6品!

寒くなってくるとおでんやコーヒー、肉まんなど、“ぬくもり”を求めて立ち寄りたくなるコンビニ。コンビニフードというとジャンキーな印象が持たれがちだが、むしろダイエットや美ボディ作りに貢献してくれるヘルシーフードも豊富に揃うのが今のコンビニ。そこで今回は、ヨガインストラクターにオススメのコンビニフードを聞いた。

フルグラ糖質オフ、ファミマのおでん、セブン−イレブンのサラダチキン、セブン−イレブンの高知栽培バナナ、マクロビクッキー、R-1ヨーグルト

ほぼ毎日コンビニを利用するというヨガインストラクターのChikakoさん。仕事帰りにスーパーに行く時間がないときや、ヨガレッスンの前後に立ち寄り、小腹を満たしてくれるかすぐにエネルギーになるものかを基準に選ぶと言う。

「常にキャッチーなものが揃うコンビニには、ヘルシー志向な日本人に向けたヘルシーで“旬”なものが必ず置いてあります。しかも手軽に食べられるものばかり。その中でも、運動効率をあげるために選ぶサラダチキンは高たんぱく低脂肪で糖質も抑えられて、言うことなしの優秀食材。他にも糖質を抑えたものや腸活できるようなものを選ぶようにしています」(Chikakoさん・以下「」内同)

美ボディを保つためにChikakoさんが、購入してよく食べているという、コンビニフード6品を紹介しよう。

低カロリーなネタを選べば夕食にも!

ファミリーマートのおでん。ちくわと大根とこんにゃくとはんぺんが容器にのっている。

『ファミリーマートのおでん』(厚切大根80円、国産こんにゃく80円、はんぺん105円、焼きちくわ ぼたん105円・税込)

「ファミマのおでん」は、今年“つゆの旨味がたっぷり染み込んだおでん”をテーマに、つゆや具材を刷新したことで話題に。おでんのだしに使われる昆布などに含まれるアミノ酸の一種であるグルタミン酸は食後の満腹感を長持ちさせ、食べ過ぎを防ぐ効果も。しかも、12kcalの白滝や9kcalの大根などヘルシーなネタを選べば、具だくさんでもかなり低カロリーに抑えることができる。

「おでんは、どうしても夕食を作る時間がないときの定番メニュー。とにかくだしの優しい味が気に入っています。大根やこんにゃく、白滝、はんぺん、ちくわなど、具だくさんにすれば、見た目にも満足だし、お腹も満たされるのでダイエット中でも罪悪感なしに食べられます。しっかり噛んで食べることで低カロリーでも満腹になりますし、つゆまで飲めば腹持ちも抜群です」

100gあたり98kcalでダイエッターの必需品

セブン−イレブンのサラダチキン

『サラダチキン プレーン』(セブン-イレブン)213円(税込)

テレビや雑誌など、多くのメディアに取り上げられ、一時は入手困難になったサラダチキン。ブームの火付け役となったセブンイレブンのサラダチキンのプレーン味は100gあたり98kcalと低カロリーなのはもちろん、低糖質高たんぱくでダイエットの強い味方。特に、鶏胸肉は筋トレ中の栄養補給にぴったりだ。しかもしっかりと味がついていて、ダイエット食品にありがちな“味気なさ”を見事にクリアしている。

「その名の通り、サラダとすごく相性がよくて、カット野菜を一緒に買って混ぜて食べるのもおすすめです。鶏胸肉のパサパサ感もなくしっとりしていますし、サラダにのせるとボリュームが増してかなりの満腹感。筋肉キープにかなり貢献してくれている気がします。メイン料理にもサブメニューにもいろいろとアレンジが効くので重宝しています」

バナナやグラノーラをプラスして栄養価アップ!

R−1ヨーグルト

『明治プロビオヨーグルトR-1』138円(税込・編集部調べ)

数あるヨーグルトの中でも群を抜いてヒットしている明治プロビオヨーグルトR-1シリーズ。「乳酸菌のR-1はインフルエンザ予防に効果がある」と巷で話題となり、毎年冬になると品切れを起こすほどの人気だ。明治の乳酸菌研究の中で選びぬかれたブルガリア菌が腸内環境を整え、免疫力UPが期待できるという。腸活ブームから冷蔵庫に常備している人も多いようだ。ラインナップには、「低脂肪」や「砂糖ゼロ」、ドリンクタイプもある。

「普段は低脂肪のタイプを選ぶようにしていますが、デザート感覚で小腹も心も満たしたいときは、普通の“加糖タイプ”を選びます。それでも、甘すぎないし、ヨーグルトなので腸活にもなるから、体にはいいことしている気分で食べられます。バナナやグラノーラをトッピングしてデザート感と栄養価をアップさせて食べることも。人前でお腹が鳴らないように、レッスン前にサクッと食べたりします」

くるみやかぼちゃの種のトッピングで飽きない

カルビーフルグラ糖質オフ

『カルビー フルグラ糖質オフ(糖質25%オフ)』861円(税込・編集部調べ)

今年リニューアルし、グラノーラ生地のザクザク感と後味のおいしさがアップしたカルビーの『フルグラ糖質オフ』。トッピングにはかぼちゃの種が加わり、彩りも鮮やかになった。糖質オフで甘さは控えめだが、トッピングのくるみやアーモンドの香ばしさが飽きのこない味わいを支えている。

「グラノーラ生地に豆乳が使われていたり、トッピングにくるみやアーモンドが入っているところが、味的にも美肌にもよさそうという点でも気に入っています。普通のグラノーラは甘いものが多いですが、これは甘すぎないので食べすぎることなく、程よいところで手が止まります」

食物繊維など栄養価が豊富で便秘対策にも!

セブン−イレブンの高知栽培バナナ

『セブンプレミアム フィリピン産高地栽培バナナ』(セブン-イレブン)198円(税込)

体力の回復や運動前後の栄養補給に最適なバナナ。かつては、“朝バナナダイエット”がブームになったことも。バナナは一般的に1本あたり約86kcal。食物繊維が豊富で便秘対策にもぴったりだ。さらに、ビタミンB6・C、カリウム、マグネシウム、ミネラルといった栄養素も豊富で、偏りがちな栄養バランスの帳尻合わせにも最適。

「バナナはレッスン前後のエネルギー源としてよく食べます。だいたい家に常備していますが、バナナを切らした時に近所のコンビニのバナナを購入します。しかもコンビニのバナナは、ハズレがなくておいしいんです。甘くて心も満たされますし、ダイエット中はおやつ代わりにもいいですね」

おやつらしいお菓子なのにヘルシー要素満点

ビオクラのマクロビクッキー紫いも&ペカンナッツ

『ビオクラ マクロビクッキー 紫いも&ぺカンナッツ』291円(税込)

国産アヤムラサキイモ100%のパウダーを生地に練り込んだクッキーと、ローストしたペカンナッツをたっぷり入れたクッキーが入ったマクロビオティック志向のクッキー。国産の小麦粉、てんさい糖、天日塩を使い、卵や乳といった動物性食材、保存料や香料といった添加物を使わず、ショートニングを使用せずトランス脂肪酸もゼロというのもポイントだ。

「卵・乳不使用、トランス脂肪酸ゼロというのが目に入って買いましたが、とっても素朴な味が気に入ってリピートするようになりました。普通のクッキーだと甘すぎて罪悪感たっぷりですが、これは甘すぎず、でもほんのり甘くておいしいんです。1袋8枚入りというのが、レッスン後の小腹が空いたときにぴったり。他にもいろいろな味があり、どれもおいしくヘルシーですが、この紫いも&ペカンナッツがイチオシです」

ヨガインストラクター:Chikakoさん

ヨガインストラクターChikakoさんの顔

大手化粧品メーカーでの美容トレーナー、人材育成、宣伝PR、新体操女子日本代表チーム「フェアリー ジャパン POLA」の美容コーチを務め、2012年にロンドン五輪に帯同。退職後、ヨガ発祥の地インドでヨガを深め、帰国後、ヨガ教室「airRICH」を立ち上げる。自身の会社員経験を活かし、忙しい現代人の体や心の不調改善を目指すクラスや、300本を突破した「企業ヨガ」、アロマを使ったヨガクラスを展開する。また、2児の母という自身の妊娠・出産・育児の経験を活かし開催している、産後のボディメンテナンスや育児のストレスをケアする「ママヨガ」、親子のコミュニケーションを深める「親子ヨガ」、より良いお産に備えるための「マタニティヨガ」も人気を集めている。

撮影/黒石あみ

●【管理栄養士が愛するコンビニ飯】もち麦おにぎり、トルティーヤなどダイエッターにおすすめの6品
●【名医が愛するコンビニ飯】腸内環境を整える「もち麦」おにぎり、美肌に◎なナッツなどオススメ5品
●ダイエット中こそオススメ!味・量ともに満足感抜群のコンビニアイス5選
●コンビニ飯をヘルシーメニューにするための裏ワザ5選
●コンビニ飯の健康志向が進行中!”自分定食”を組み立てるのがコツ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事