エマ・ストーン コルセット着用で「内臓の位置が変わった」

女優のエマ・ストーン(29歳)が、映画撮影中に長時間コルセット着用したことの苦労を語っている。

女優のエマ・ストーン

コルセット着用の苦労を語った女優のエマ・ストーン(29歳)

エマの最新作『女王陛下のお気に入り』は、18世紀初頭のイギリスのアン女王(オリヴィア・コールマン)を中心に、エマ演じるアビゲイル・メイシャム女史やレイチェル・ワイズ演じるサラ・チャーチルらが繰り広げる王室内での複雑な人間関係を描く。

この撮影で衣装の一部としてコルセットを身に着ける必要があったエマは、それを毎日着る必要があった当時の女性たちに同情が生まれたという。

2018年10月26日(金)に、イギリスのテレビ番組『グラハム・ノートン・ショー』へ出演したエマはこう話した。

「ああいう格好をしていた女性が長年いたということを考えると、その時代人たちに本当に同情するわ。初めの1か月は呼吸できなかった。メンソールを嗅いで体にスペースを作ることでちょっと息ができるという感じだった。

1か月後には私の全ての内臓の位置が変わってた。気持ち悪かったわ。着なくて済むならまねしないこと!」

 

View this post on Instagram

 

Dakota Fanningさん(@dakotafanning)がシェアした投稿

コルセットでつらい思いをしたのはエマのみでなく、今年の7月には、女優のダコタ・ファニング(24歳)がネットフリックスドラマ『エイリアニスト』の役で着用した際のエピソードを明かしていた。

「7か月間。あなたの体は完全に変わることになる。紐を結ぼうと結ばまいと関係なく、コルセットを身に着けることができるようになる。しまいには、楽に着用脱着ができて体の一部であるかのようになるから」

くびれを美しく見せることができるコルセットだけれど、これを常用するには、スレンダーな女優といえど相当な忍耐が必要だったようだ。

提供/Bangshowbiz

●見えてはいけないものが…! 戸田恵梨香、宮崎あおい、メーガン妃らの“恥ずかしい”写真【ファッションチェック】
●宅トレでウエスト-9cm!美くびれを誇る人気インスタグラマーの【美の秘訣】
●【お悩み解決エクサ】ウエストすっきり!「簡単くびれエクササイズ」
●美乳になる【こがおっぱい】ウエストと二の腕を引き締める「メソッド1」
●毎朝5分で、腸腰筋を強化!【朝活ヨガ】でお腹痩せを実現

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事