15万台突破!指1本ずつもみほぐす『ルルド ハンドケア』のすごい”マッサージパワー”

背中や腰、脚などをもみほぐすマッサージクッションブランド「ルルド」から、指1本ずつを包み込んでもみほぐすハンドマッサージャーが登場した。

『ルルド ハンドケア』で手をマッサージする女性

簡単にハンドマッサージができる『ルルド ハンドケア』(アテックス)

昨年秋の発売以降、累計販売台数はすでに15万台を突破している。心を掴んで──いや、もみほぐして離さない、その魅力とは?

プロのマッサージを再現!

プロのマッサージを受ける手のイメージ

目指したのはプロのマッサージ

日々の家事やデスクワーク、スマホ操作などで休むことなく使う手。そんな働きものの手を気軽に自宅でケアできるアイテムが昨秋発売され、女性を中心に好評だ。

アテックスの『ルルド ハンドケア』は指や手の甲、手のひらと、手全体をもみ上げてくれるマッサージ器具。商品開発で最も苦労したのは、立体的に動く指部分のエアバッグの構造だった。

指1本ずつをエアバッグで包み込んで空気圧でマッサージするため、小さなエアバッグをちくわ形の細長いリング状にし、その中に指を差し入れる形をとった。こうした指用や手の甲用、手のひら用と15層に分かれたエアバッグを、限られたスペースに納めなくてはならない。

しかも、手の大きさは人それぞれ。男女を問わず、複数の社員の手を使って、エアバッグをどのような配置にするか、試行錯誤が続いた。

こだわりのエアバッグで手のひらを包み込む

エアバッグが指と手のひらを包み込む

エアバッグが指と手のひらを優しく包み込む

エアバッグへのこだわりは、動きにもある。膨縮によって起きる一連の動きや流れは、プロのマッサージ師からアドバイスを受けてプログラムした。手全体に同時に空気圧をかけるのではなく、エアバッグを指1本ずつ個別に駆動させることで、リアルなマッサージの施術を再現した。

ところが商談会でお披露目したところ、「手のマッサージだけに1万円も出す人はいるのか?」という、思いがけない指摘をバイヤー陣から受けてしまった。それまで、同社が発売して爆発的なヒット商品となったマッサージクッションに比べて小さい割に価格は2倍近く。これが割高感につながってしまった。

そんな中、大都市を中心に生活雑貨を販売する東急ハンズがこの商品に興味を示した。意見交換を行ってターゲットを女性に絞り、ブランドは女性向け商品を主に扱う『ルルド』ブランドに変更。そうして商品の特長も見直すことになった。

付属された動物の耳や鼻のシールがSNSで話題に

まずは美容的要素の付加だった。女性は手の乾燥対策を重要なケアと捉える人が多いことから、マッサージしながら手の保湿もできることを打ち出すことになった。使用前に手持ちのハンドクリームを手になじませ、付属のビニール手袋をしてから本体でマッサージすると、カサカサ肌がしっとり仕上がる。

さらにエアの入る時間と量、タイミングの調整で、よりプロの手技を再現させるべく、プログラムを見直した。

そして2017年11月、発売するやいなや、雑誌やテレビで次々と取り上げられ、瞬く間に知名度が上がった。また、付属された動物の耳や鼻、目などのシールを本体に貼って楽しむ人も多く、持ち主が自分流にデコレーションした写真がSNSで次々アップされたことも、話題に一役買った。

どうやらこの商品、手のみならず心のコリもとって癒してくれるようだ。

【DATA】

本体を90度回転させれば、親指の集中ケアもできる。ヒーター機能も内蔵。幅170×奥行き185×高さ100mm。約700g。1万800円。11月1日にコードレスタイプが新発売に。問い合わせは、アテックス(0120-486-505)。

※女性セブン2018年11月8日号

●ブームのさば缶、達人お墨付きの手土産や贈り物に最適な逸品
●セルライトを退治して美尻に!産後20kg減の本島彩帆里さんが教える【美圧マッサージ】
●トップモデルのロージーが絶賛する約1700円のスキンケア用品
●翌朝のハリや弾力に感動する人続出!?美肌に導くエイジングケアアイテムがスゴイ
●【キャンドゥのダイエットグッズ】で家トレ!ダンベル、小顔ローラー、サプリ!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. YOU より:

    たしかに、1万円はちょっとたかいけど、ハンドマッサージって思いのほかリラックス度高いんだよね。今年頑張ったし、自分へのご褒美に買おうかなー(´∀`)

    5+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事