【山本浩未さんのメイクのメ】最新タイプのアイプチなら”たるみまぶた”をリフトアップ

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は、大人のたるみまぶたをリフトアップしてくれる、新タイプのアイプチをご紹介します。

* * *

ヘア&メイク・アーティストの山本浩未さん

「つっぱらず、自然な仕上がり!」

私、アイプチ愛用歴45年! 途中、やめてた時期もあったけど、今は「ここぞ!」というときに使っています。

アイプチには糊、テープ、ファイバーなどいくつかタイプがありますが、私は昔からテープ派! でも、このところまぶたのたるみがはなはだしく、年齢的に「そろそろアイプチはムリかな…」と思っていたの。そんなとき、最近人気の「折り込み式」っていうのを知って、これがなかなかいいんです!

二重テープやアイライナーなどで人気のディー・アップの、その名も『オリシキ』! 糊なんだけど、くっつけるんじゃなくてまぶたの上に薄い人工皮膜を作り、目を開けたときに皮膚を折り込んで二重にするというアイプチなんです。だから目をつぶってもまぶたがくっついてるラインやテープが見えず、とっても自然。

すっきりした二重まぶたに!

使い方もちょっと変わっていて、二重の幅にしたい部分全面に糊を塗り、しっかり乾かしたらゆっくり目を開けるだけ。基本的にはこれで二重になりますが、まぶたが重くなった大人は、あごを引いて目線を上げつつ、ゆっくり目を開けましょう。まぶたの余分な皮膚がグイッと奥にへこんで、すっきりとした二重になります。

コツは糊を塗る前に専用スティックを使って、二重の幅のラインの目安を決めること。この理想の二重ラインまで糊を塗ります。私は目尻が下がって重いので、目尻側にちょっと幅広めに糊を塗って、バランスを取っています。

塗ったらしっかり乾かすのもポイント。時間短縮には、ドライヤーの冷風を20~30秒当てるのがおすすめです。

上目遣いで目を開けて二重を作ったら、仕上げにスティックでラインを微調整します。アイプチはいろんなタイプがあって、合う合わないはその人次第だからいろいろ試してみるのがいいですよ。新しいものを試すのって、大人になると面倒くさいけど、いいものは試してみなきゃね!

塗って乾かすだけの新二重コスメ

オリシキ アイリッドスキンフィルム

つっぱらず、目を閉じても自然な仕上がり。ウオータープルーフで夜まで二重をキープ。オリシキ アイリッドスキンフィルム 1620円/ディー・アップ 電話:03-3479-8053

※女性セブン2018年11月1日号

●【メイクのメ】マットリップ、顔色を明るくするボルドー系なら旬の顔に!
●【メイクのメ】縦ジワ解消などを簡単ケアで!おすすめ唇用オイル美容液
●【メイクのメ】韓国コスメが再ブーム!秋仕様の明るい肌にする速乾性コンシーラー
●【メイクのメ】目尻にピンクを仕込んで大人っぽく見せるカラーライナー術
●【メイクのメ】918円ファンデーションで下地、パウダーしなくても軽やか美肌に!

●”13秒に1本”の人気!SHISEIDOの美容液「アルティミューン」がパワーアップ
●夏にぴったりのスキンケアが続々!「ベアミネラル」の新作を【新製品レポ】
●業界初のカラーファンデ!ポーラの新ブランド「ディエム クルール」を【新製品レポ】
●顔立ちを引き立てる”水ツヤ肌”に。「ルナソル」の新スキンケア【新製品レポ】
●最高にハッピーな気分に!「ゲラン」からピンク×ハートの春コレクション

山本浩未(やまもとひろみ)

ヘア&メイク・アーティスト。1964年生まれ。今すぐ実践できるメイクテクニックと親しみやすいキャラクターで、同世代からの支持も厚い。最新刊『同窓会で二番目にキレイになるには…』(小学館)も好評。

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. マリナ より:

    肌が弱くてなかなか合うものが見つけられてません💦
    試してみようと思います。

    4+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事