オバ記者、“月曜断食”中に開き直る?ラーメン、餃子でお腹いっぱいに

「15kg痩せてみせる!」と“月曜断食”に挑戦中のアラ還ダイエッター、オバ記者。痩せたいけれど、「食べたい」という腹の底から沸き起こる誘惑に負け続け、ダイエット計画は今にも頓挫しそうな状況。

『ひたち海浜公園』へ遊びに来たオバ記者
そんなオバ記者が、1冊のクーポンを手にして向かった先は…? 連載114回目は近況をレポート。オバ記者が「なぜこれ以上痩せないのか」がよーくわかります。

* * *

とうとう、ダイエッター禁断のラーメンを食べちまいました。近所にある全国チェーン店の『幸楽苑』が、リニューアルオープン記念で配っていた、「年間パスポート」(極上中華そば421円×52食無料)を手にしたときから、こうなるのは目に見えてたんだけどね。

食べてみたら憎らしいほど私好みの細麺、あっさり味の中華そばで、麺をお箸ですくいあげたら、後は一心不乱よ。気休め程度の汁を残して、ほぼ完食でした。“0円”だから、「ごちそうさま」だけ言って店を出る優越感ったら。

ラーメンは一食で完結しているようで、実は次のラーメンの誘い水。うどん、そばとは全く別物の悪魔の食べ物。「ダイエット中は決して食べてはダメ」と、前々からそう言っていたのになぁ。まんまと術中にはまって、次はいつ食べようかなと算段していたりして。

『幸楽苑』の極上中華そば

ラーメン食べちゃった…

だけど、ここで反省だの後悔だのをしても、まったく無意味というのが、半年かけて10kg減量した私の実感ね。特に私のような意志薄弱女が後悔なんかすると、たちまち“くよくよの海”におぼれて…、ああ、もういい! どうにでもなれ!!とダイエット放棄。これ、いままで何度繰り返したことか。

それより、やってしまったことは仕方ないし、どうせまた同じことをする。それを見越した上で100gでも体重を落とすにはどうしたらいいかと、前を向く。これしかないんだって。

断食日の月曜日、旅行先で迎えてみたら…

そんなことを考えていたら、名古屋からひと回り下の酉年女、Yちゃんが土、日、月で遊びに来たの。ネットで、「死ぬまでに一度は見たい風景、世界一」に選ばれた茨城の『ひたち海浜公園』に行きたいんだって。10年来の旅友、飲み友の申し出に一も二もない。「行こ、行こ」とすぐに話はまとまったものの、なんと彼女はわけあって禁酒中。私は土日は飲み食いできるけど、月曜日は断食。お互い、“禁じ手”のある旅は初めてだ。

「ついでにいつも行く“早乙女温泉”も行けない?」とYちゃん。“早乙女温泉”は宇都宮から4つ目、氏家駅から行く日帰り温泉。ここは入ると誰でも爆睡する強烈な湯でね。いつか宇都宮のホテルに泊まって、帰り時間を気にせず入ってみたいと思っていたの。

早乙女温泉の前にいるオバ記者

早乙女温泉に到着~。いざ!

湯上がりの私たちは、夕方にもどってきた宇都宮駅周辺でさっそく夕飯の店さがし。まずホテルの人から聞いた駅ビル2階の『宮のから揚げ かぶと屋』で、鶏の半身にかぶりついた。外側はカリッで中身はジューシー。これとビールの組み合わせは鶏好きにはたまらないけど、禁酒中のYちゃんはメニューをくくりながら「野菜サラダとか、ないんだ?」と不満げ。

『宮のから揚げ かぶと屋』の鶏の半身

夕飯はサクッとジューシーな唐揚げ♪

「で、宇都宮の名物は?」と聞くYちゃんに、「餃子が有名だよね」と答えたものの正直、これまで「う~ん、餃子、だよね~」という味しか食べたことがない。“月曜断食”的に言うと餃子の皮はNGよ。だけど、『幸楽苑』のラーメンじゃないけど、その禁を破って食べるなら、破りがいがある味であってほしいではないの。

餃子の有名店に行って食べたんだけど、残念ながら今回も「う~ん」と腕組みするしかない味だったので、あえて写真も店名も載せないけど、どうしてあんなに行列ができているのかしら…。

4時間半歩いても余裕のウォーキングシューズ

『ひたち海浜公園』で元気にポーズをとるオバ記者

コキアの“紅葉”はまだだったけど、元気よくポーズ!

翌朝は、6時50分発のバスに乗って、いざいざ“世界一の絶景”が見られるという『ひたち海浜公園』へ。バスの中でタブレットの画面を指ではじいていたYちゃんが、「えっ」と小さな悲鳴を上げたの。「春は丘を一面に薄青に染めるネモフィラの季節で、秋はコキアという赤いほうき草。でも、まだ赤くなりきっていないみたい」。

とはいえ総面積350ヘクタールの広大な公園に点在する花の群生には、圧倒されっぱなしで、メインの“コキアの丘”を歩いた後も、「あっちのバラ園にも行こうよ」「こっちはコスモスだって」と歩き通し。「疲れた? 休む?」。12才年下のYちゃんから気遣われても、「全然」と私。足が軽くてぐんぐんと前に出るんだよ。

で、ここ2週間、私が履いているのは、通販限定で販売されている高齢者向けのウォーキングシューズ、『グッドムービング ウォーキングシューズ』。これを日本橋のデパートの靴売り場の仲良し、Мちゃんに見せに行ったら、「両脚がぴったりくっついて、まっすぐ伸びてる! 一般の靴とは重心が違うのね」と、すぐに見破ったね。

最初のうちは数分でお尻の下に軽い筋肉痛のような、しびれのような感覚。つい最近は軽い腰痛も感じたけど、この日は『ひたち海浜公園』を歩くこと4時間半、Yちゃんの歩数計は1万1231歩を記したのに、まったくどこの痛みもしびれも感じなかったの。

1万1231歩を記録した、腕につけた歩数計

1万1231歩、歩いた!

ちなみにここまで動きまわった月曜日、断食はどうなったかというと、夜までおかき数個とソフトクリームで頑張ったものの夜8時過ぎ、いてもたってもいられず、焼き芋にかぶりついてしまいました。

動いたことだし、ま、いいか。

オバ記者(野原広子)

1957年生まれ、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。

●【管理栄養士が愛するコンビニ食】もち麦おにぎり、トルティーヤなどダイエッターにおすすめの6品
●【バナナ酢】の作り方と効果とは?朝昼晩、食前に飲むだけでダイエットに!
●内臓脂肪を減らし血糖値上昇もゆるやかに!酢のパワーを活かすレシピ5
●ロカボダイエットで20kg減!痩せ体質になる5つのルールとは?
●罪悪感ゼロのパンケーキが登場!ハワイアンカフェ「シナモンズ」でたんぱく質と食物繊維たっぷりの【野菜ランチ】

●【113】“月曜断食”で「10kg減の壁」にぶつかるオバ記者、なぜ痩せないのか?
●【112】“月曜断食”中のオバ記者、『幸楽苑』ラーメンの1年間無料パスを月曜日にもらって苦悩
●【111】“月曜断食”挑戦中のオバ記者、過去最大の空腹をどう乗り越えたのか?
●【110】“新しいラジオ体操”【ヒロシ体操】って?生島ヒロシ親子から直接レッスン!
●【109】“新しいラジオ体操”【ヒロシ体操】って?生島ヒロシ親子から直接レッスン!
●【108】オバ記者 “月曜断食”の翌日に体が急変、心臓バクバク…いったい何が?
●【107】オバ記者、“月曜断食”はその後どうなった? 酔っ払って負傷の緊急事態も

●【106】オバ記者が世界的バレリーナから「二の腕痩せエクササイズ」を個人レッスン
●【105】”月曜断食”考案者の関口賢氏が教える「お腹が空いた時に押すといいツボ」
●【104】“月曜断食”考案者・関口賢氏がオバ記者に提案した「上級編の月曜断食」とは?
●【103】“月曜断食”のポイントを考案者・関口賢氏が解説「完璧じゃなくてもまず続けること!」
●【102】”月曜断食”を3か月続けるオバ記者 少食になり「痩せられる」と確信
●【101】“きゅうりダイエット”実践中に猛烈な空腹…そのときどうした??
●【100】きゅうりダイエットで「2か月で11kg減量」を目指す!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. まい より:

    これ、ダイエットの記事なの?

    6+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事