【山本浩未さんのメイクのメ】マットリップ、顔色を明るくするボルドー系なら旬の顔に!

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は、ひと塗りで“旬の顔”にしてくれる、秋らしいボルドー系リップをご紹介します。

* * *

ヘア&メイク・アーティストの山本浩未さん

「マット&ボルドーでイマドキの顔に!」

口紅って、いちばん簡単にメイク効果が楽しめるアイテム。流行のものを使うと、一気に旬の顔になるから、イマドキのを使ってみてね。

今なら、質感はマット! 「マットって唇がかさつくんじゃない?」と心配している皆さま、大丈夫です!前回の記事(縦ジワ解消などを簡単ケアで!おすすめ唇用オイル美容液)でご紹介した唇用美容液などを仕込んでおけば、大人でも使いこなせます。

色味は深みのあるレッド系、いわゆるボルドー系がおすすめ。「赤い唇なんて自信ないわ」と言う人もいるかと思いますが、ボルドー系って赤リップの中では、案外誰にでも似合うの。日本人の黄味のある肌にしっくりなじむんです。しかも薄くつけるだけで顔色をパッと明るくしてくれるから、1本持っておくといいですよ。

さて、マットリップ。おすすめはメイベリンの『SPステイ マットインク』です。何がいいってとにかく色落ちしない! 試し塗りでちょっと手の甲につけた色ですら、洗っても落ちない。しかもお値段もお手頃です。

50番のボルドーはまさにイマドキ色ですが、発色がよくて落ちないので、難易度がちょっと高め。15番のローズベージュは大人の唇のくすみを取ってくれるナチュラルな色味です。これをベースに使えば、いつものリップカラーを落ちにくくするっていうこともできますよ。

リキッド状のリップをチップの先で下唇の真ん中に“チョン”とつけたら、唇を「ムニュムニュ」っと合わせて上下にざっとつけます。指やリップブラシで輪郭を軽くなぞって、ラインを整えればOK。もっときちんと見せたいときは、綿棒をリップライナーのように使って描いてください。

ひと手間できれいになれる! きれいが続く! リップカラーで秋を楽しみましょうね。

鮮やか発色のマットリップが続く

メイベリン ニューヨークの『SPステイ マットインク』

塗りたての鮮やかさをロングキープ。浩未さんのおすすめは深みのある50番。SPステイ マットインク 1620円(編集部調べ)/メイベリン ニューヨーク 電話:03-6911-8585

※女性セブン2018年10月25日号

 

●【メイクのメ】縦ジワ解消などを簡単ケアで!おすすめ唇用オイル美容液
●【メイクのメ】韓国コスメが再ブーム!秋仕様の明るい肌にする速乾性コンシーラー
●【メイクのメ】目尻にピンクを仕込んで大人っぽく見せるカラーライナー術
●【メイクのメ】918円ファンデーションで下地、パウダーしなくても軽やか美肌に!
●【メイクのメ】夏の終わりに目立つ小鼻のざらつきは丁寧な洗顔で解消


●”13秒に1本”の人気!SHISEIDOの美容液「アルティミューン」がパワーアップ
●夏にぴったりのスキンケアが続々!「ベアミネラル」の新作を【新製品レポ】
●業界初のカラーファンデ!ポーラの新ブランド「ディエム クルール」を【新製品レポ】
●顔立ちを引き立てる”水ツヤ肌”に。「ルナソル」の新スキンケア【新製品レポ】
●最高にハッピーな気分に!「ゲラン」からピンク×ハートの春コレクション

山本浩未(やまもとひろみ)

ヘア&メイク・アーティスト。1964年生まれ。今すぐ実践できるメイクテクニックと親しみやすいキャラクターで、同世代からの支持も厚い。最新刊『同窓会で二番目にキレイになるには…』(小学館)も好評。

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. サニー より:

    唇が弱くて、これまで口紅を塗ることができません…何回もチャレンジしましたが、ガサガサになるか、ぴりぴりするかで断念(涙)
    口紅に優しいリップを教えて欲しいです。

    4+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事