人気モデルの専属栄養士が語る低炭水化物ダイエットの極意

アメリカのモデル・ベラ・ハディッド(21歳)は、体形維持のために低炭水化物ダイエットを実行中だとか。

ベラ・ハディッド

体型維持のために低炭水化物ダイエットを実行しているベラ・ハディッド

母は元モデル、ヨランダ・フォスターで、姉にモデルのジジ・ハディッド、弟にモデルのアンワル・ハディットを持つベラ。2016年には、『ヴィクトリアズ・シークレット』のオーディションに合格し、同年11月に行われたショーで姉のジジと出演。さらに、『フェンディ』『DKNY』『マックスマーラ』など、さまざまな有名ブランドに起用されるなど、トップモデルとして、華々しい活躍を見せている。

 

View this post on Instagram

 

🦋さん(@bellahadid)がシェアした投稿

そんなベラは低炭水化物ダイエットを実践中で、赤身の肉や魚、非でんぷん質の野菜、ナッツやアボカドといった良質な脂肪の食品を組み合わせ、「高たんぱく質、低炭水化物」の食生活を維持しているそう。ベラの専属栄養士・チャールズ・パスラー氏は、『ピープル』誌にこう話している。

「十分なプロテインと脂肪、大量の非でんぷん質の野菜。これが概して、最も効果的で実行しやすく続けられる方法です。たんぱく質や脂肪と共に炭水化物を多量に摂ると、体はまず先に炭水化物を燃料として使おうとするのです。体はエネルギー貯蓄のために、炭水化物を好みます。よってそれらを全て吸収し、もう燃料がいらなくなると、今度は脂肪やたんぱく質からのカロリーが体脂肪に変わるのです。炭水化物をカットしてタンパク質と脂肪を摂ることは、カロリーを減らすだけではなく、体内のエネルギーを安定化させることとなります」

 

View this post on Instagram

 

🦋さん(@bellahadid)がシェアした投稿

そしてパスラー氏は、ベラのように体のバランスを健康的に保つためには、自分の生活を見直さなくてはいけないとして、こう続けている。

「『あなたの生活スタイルを変える時期が来た』という現実を受け入れるか否かです。ソフトドリンクを飲まない。誕生日パーティーに行って、それしか飲むものがないのなら飲まなければいいのです。ピザが大好きな人は、最小限にしてください。そして、精製された砂糖も最小限にしてください。健康を維持することの最大の秘訣は、自分で自分の生活スタイルをコントロールし、それに従事することです」

やはり自分の気持ち次第!? 強い気持ちをもって自身の生活を律すれば、ベラのような美ボディが手に入るかも。

 

View this post on Instagram

 

🦋さん(@bellahadid)がシェアした投稿

提供/Bangshowbiz

●おデブ卒業!マライア・キャリー、体重120kgから1年で奇跡の激ヤセ写真
●ミランダ・カーと松嶋菜々子、マドンナと杏も!服がかぶっちゃったファッション対決4組
●驚異の約36kg減!ジェニファー・ハドソンの【激痩せダイエット法】
●マネしてスリムに!ミランダ・カーの【美痩せ習慣】12選
●【管理栄養士が愛するコンビニ食】もち麦おにぎり、トルティーヤなどダイエッターにおすすめの6品

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. pam3 より:

    すんごいスタイル!そうだよな〜現実を受け入れるかどうかって大事!!
    昔、すごい太ってたのに、自分じゃ普通だって思ってた(^^;;

    5+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事