【山本浩未さんのメイクのメ】目尻にピンクを仕込んで大人っぽく見せるカラーライナー術

ヘア&メイク・アーティスト、山本浩未さんの『女性セブン』での人気連載をお届け。今回は、目元にかわいくて色っぽいニュアンスを醸し出せるピンクのアイラインをご紹介します。

* * *

ヘア&メイク・アーティストの山本浩未さん

「ピンクのカラーライナーを使った大人のメイクをご紹介!」

メイクは引き続きカラーが人気です。私、夏はブルーやグリーンのアイライナーを愛用してましたが、このところピンク! 大人の皆さんは「ピンクなんて恥ずかしい…」と思うかもしれませんが、“仕込む”のがポイント。

おすすめはWHOMEEの『マルチライナー』のピンク。WHOMEEは、目のすぐ下にチークを入れる“色っぽメイク”を流行らせた、ヘア&メイクのイガリシノブさんがプロデュースしたブランド。そんなアイテムを「大人が使っても大丈夫!?」と思われるかもしれませんが、ちょっとしたテクで楽しめるんですよ!

使い方は、ピンクのラインをいつも使っているベーシックなアイカラーに仕込むの。そうすると、ジュワッとピンクがにじみ出て、さりげなく目まわりにかわいくて色っぽいニュアンスをプラスできます。ちなみにこの“ジュワッ”っていうのが、今どきメイクのポイント。

目尻にさりげなくピンクがにじむ

アイカラーを塗った後、上まぶたと下まぶたの目尻に8mmくらいのラインを引きます。さらにこのラインを、ダークな締め色のアイカラーでぼかします。チップの先端にカラーを取り、アイラインに重ねるように塗ってラインをなじませると、色味がほどよく仕上がります。アイカラーは1色でもいいんだけど、濃淡2色を使うとピンクがよりなじみやすく、立体感も出るのでおすすめ。濃いめの色を重ねる方が、大人の目は締まりますしね。

また、上まぶた、下まぶたの順にぼかすと下まぶたのピンクがより残ります。大人は目から下が間延びしてくるので、下まぶたにちょっとメイク感があると、バランスがよくなりますよ。

アイラインってアイカラーより簡単で効果がわかりやすいから、最近、すごく愛用してます。ジュワッとピンクの目元、秋っぽくておすすめです!

目元にツヤと血色感をプラスするマルチタイプのカラーライナー

WHOMEE マルチライナー
なめらかに伸びて描きやすく、指などでぼかせば、アイカラーとしても使える。WHOMEE マルチライナー oomphy 1620円/Clue 電話:03-5643-3551

※女性セブン2018年10月4日号

●【メイクのメ】918円ファンデーションで下地、パウダーしなくても軽やか美肌に!
●【メイクのメ】夏の終わりに目立つ小鼻のざらつきは丁寧な洗顔で解消
●【メイクのメ】重ねるだけで今っぽく見せてくれる秋色アイパレット
●【メイクのメ】夏こそ汗ににじまず、お湯で落とせるマスカラを
●【メイクのメ】朝のクレイマスクですっきり肌を1日キープ

●”13秒に1本”の人気!SHISEIDOの美容液「アルティミューン」がパワーアップ
●夏にぴったりのスキンケアが続々!「ベアミネラル」の新作を【新製品レポ】
●業界初のカラーファンデ!ポーラの新ブランド「ディエム クルール」を【新製品レポ】
●顔立ちを引き立てる”水ツヤ肌”に。「ルナソル」の新スキンケア【新製品レポ】
●最高にハッピーな気分に!「ゲラン」からピンク×ハートの春コレクション

山本浩未(やまもとひろみ)

ヘア&メイク・アーティスト。1964年生まれ。今すぐ実践できるメイクテクニックと親しみやすいキャラクターで、同世代からの支持も厚い。最新刊『同窓会で二番目にキレイになるには…』(小学館)も好評。

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. 雨女 より:

    「ピンク好きだけど、さすがにこの年で目元にピンク使うのわちょっとね~」といったら娘が「やってあげる!」と、メイクしてくれました。
    思ったよりも自然な仕上がりにビックリ!
    娘にも、山本先生にもかんしゃです!

    1+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事