高級感溢れるスタジオでタカラジェンヌのレッスンも!「メガロス日比谷シャンテ」を一足先に体験

銀座にほど近いエリアにあり、上品なイメージのある日比谷。劇場が多く、エンタメの街でもあるこの場所に、ラグジュアリーなジムが誕生した。

「メガロス日比谷シャンテ」の入り口

2018年8月17日(金)にプレオープンし、9月15日(土)にグランドオープンを迎える「メガロス日比谷シャンテ」。こちらは「DRAMATIC FITNESS(ドラマティック フィットネス)」というテーマを掲げ、利用者のひとりひとりが舞台の主人公になれる場所を目指しているという。

そんな「メガロス日比谷シャンテ」では、元タカラジェンヌが講師を務めるオリジナルのプログラムも行われるとか。そこでエンタメ系が本業のライターのYが、ひと足先に施設を訪れてみた。

* * *

東京メトロ・日比谷駅直結の「メガロス日比谷シャンテ」に足を踏み入れると、高級感のある内装にシャンデリアがキラキラと輝き、まるでホテルのロビーのよう!

まず注目したいのは、最新サービスの「Fittness Closet(フィットネス クロゼット)」。こちらは月額3240円(税込)の「フルレンタルプラス」(ウエア上下、シューズ、タオルセット/1日1回)の登録で、有名ブランドのウエアを借りることができるというもの。

たくさんのフィットネスウェアがかけられているラック

受付後方にずらりと並ぶウエアは、『DESCENTE(デサント)』や『SPOUT(スポウト)』など、大手スポーツブランドウエアをはじめ、カルチャーとファッションを楽しむブランド『JEANASIS(ジーナシス)』、透明感のある大人の女性に向けたファッションを展開する『emmi(エミ)』など、女子好みのおしゃれなアイテムがラインアップする。

運動中のテンションを上げてくれるアイテムのひとつでもあるフィットネスウエアを、その日の気分で選ぶことができるのはとてもうれしい! さらに、シューズとタオルセットもサービスに含まれているので、軽い荷物で訪れることができる点も魅力的。

マシンエリアと3つのスタジオはまさにドラマティック!

カラフルでスタイリッシュなマシンが並ぶ、マシンエリア

それでは、さっそくトレーニングエリアを見学。受付奥にあるマシンエリアは、カラフルでスタイリッシュなマシンがずらりと並び、見た目にも楽しい。吹き抜けになっている天井は高く、従来のジムのイメージを覆すような開放感のある空間になっている。

ハンモックがかかった、オレンジ色のスタジオ

マシンエリアと同じB2階にある「アンティスタジオ」では、ハンモックを使って行う「アンティグラビティフィットネス」のプログラムを開催する。オレンジ色に統一された部屋の中にいると、なんだかパワーがみなぎってくるような気分に。

スティックを使ったプログラムに参加する女性たち

また、同フロアには「ホットヨガスタジオ」もある。こちらではホットヨガはもちろん、光るドラムスティックを使った「VOLTDRUM(ボルトドラム)」も実施。スティックでビートを刻む爽快感を楽しむこのプログラムは、下半身を使って上下する動きがベースになっているので、ドラムスティックを振る腕や肩、背中だけでなく、下半身のシェイプアップにも効果的とか。

トランポリンが並んだスタジオ

マシンエリアの階段から続くB1階のスタジオは照明や音響にもこだわっていて、レッスンによって表情を変える。

トランポリンを使った「VOLTJUMP(ボルトジャンプ)」は、弾む喜びや楽しさを運動と掛け合わせたアミューズメントプログラム。音と光で演出された空間で、日頃あまり使う機会のないトランポリンを楽しみながら全身をボディメイクする、“非日常”を味わえるクラスになっている。

「メガロス日比谷シャンテ」オリジナル「ジェンヌシアター」を体験!

ダンスレッスンをする月央和沙さん

さて、この日は一番の目的は、「メガロス日比谷シャンテ」だけでレッスンを受けることができる「ジェンヌシアター」を体験すること。その名にピンと来た人も多いはず。この日インストラクターを務めた月央和沙(つきお・かずさ)さんをはじめ、宝塚歌劇団に所属していた元タカラジェンヌがレッスンを行うプログラム。

実際に宝塚歌劇団で行われているダンスのステップを取り入れた内容で、「シャンシャン」と呼ばれるブーケのようなアイテムを持って踊るので、まるでタカラジェンヌになったかのような気分を味わうことができるスペシャルなレッスンなのだ!

この日は、20分間のショートバージョンを体験。レッスンが始まると憧れの月央和沙先生が、目の前で基本の立ち方から教えてくれる。宝塚ファンにとっては夢のような時間…。しかし、うっとりしている時間はない。すぐさまステップを教わり、数回練習したかと思えば、すぐに音楽に合わせることに…。

右手を前に出すライターY

…あれ、すっごい難しい!

ここでYは思い出した。自分は圧倒的にダンスのセンスがないということを!

しかし、当日一緒に参加していたインフルエンサーという名のキラキラスタイル抜群女子は、水を得た魚のように長い両手両足を広げ、華麗に踊っている。これは、…完全に気後れ!

でも! ここは「メガロス日比谷シャンテ」!

私が! 自分が! 主役になる場所! 負けてられない!

そんな強い心を持ち直し、なんとか20分をやりきると、なんだか達成感が…! 最後に「シャンシャン」を掲げ、三方向にお辞儀をすると、エクササイズプログラムとは思えない優雅な気分に。

決めポーズをする女性たち

ダンスが苦手な人でも、80分の通常レッスンでゆっくり、じっくり教えてもらえれば楽しくトライできるはず。そこで、「デサントジャパン」経営企画部の松山澄江さんに、「ジェンヌシアター」のダイエット効果について聞いてみた。

「『ジェンヌシアター』はダンスプログラムの一種ですが、激しく動いてカロリーを消費するのが目的ではなく、見られる意識をしながら踊るという特徴があります。このプログラムをきっかけに、日常でも正しい姿勢で過ごすことができるようになるのが理想です」(松山さん)

姿勢がいいとスタイルがよく見えるし、美痩せを目指す基礎としても◎かも。

トレーニング後はラグジュアリーなラウンジでゆっくり

高級感あるテーブルといす

更衣室に向かう途中には、フィットネスクラブとは思えない、ラグジュアリーなラウンジも。こちらでトレーニング後の時間を過ごしたり、友達との待ち合わせに使ったりしてもOK。

ロッカールームの様子

更衣室には、ドライヤー付きのパウダールームとシャワールームはそれぞれ11台ある。120個以上あるロッカーはダイヤル式で、鍵を持ち歩く必要がないのもちょっとしたうれしいポイント。

「メガロス日比谷シャンテ」は、エンターテインメントを盛り込み、より楽しくトレーニングができる、まさに新しいフィットネスクラブ。思わず通いたくなるようなプログラムがそろっているから、ぜひ体験してみて。

撮影/八木英里奈 文/吉田可奈

【データ】
「メガロス日比谷シャンテ」
オープン日:2018年09月15日(水)
住所   :東京都千代田区有楽町1-2-2 日比谷シャンテ別館B1、B2階
電話番号 :03-5157-0860
営業時間 :7:00~23:00、土曜10:00~21:00、祝日10:00~19:00 日曜、夏期、年末年始休
利用料金 :[デイタイム(平日7:00~17:00)]9720円(税込)/月、[マンスリー4(スタジオ月4回&ジムエリアフリー利用可)]1万584円(税込)/月、[フルタイム]1万2744円(税込)/月ほか
アクセス :東京メトロ「日比谷駅」徒歩2分
http://www.megalos.co.jp/hibiya/

【関連する記事をチェック!】
バラエティー豊かなスタジオが集合!銀座エリアのランチ&ジム【まとめ】
ボディデザイナー直伝!下腹が引っ込み痩せやすい姿勢になる簡単3step
NYで話題!暗闇ボクササイズ「b-monster」が銀座に上陸
骨盤と背筋がくびれ作りのカギ!「ライザップ」をガチで【体験レポ・運動編】
【著者に聞く!】「骨盤シェイクダンス」の効果を120%引き出す方法

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. さや より:

    こんなゴージャスなジムがあるなんて、びっくり!
    意外と会費もお安いので、通ってみたいかも。

    0

  2. sato より:

    青森県民の私からすると、キラキラで眩しい( ゚Д゚)
    東京の人はこんな素敵空間で、身体を鍛えてるんですね~羨ましい~☆

    0

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事