美尻にも効果あり【骨盤調整エクサ】美脚を養う「サイド・レッグレイズ」

ボディワーク・プロデューサーのkyoさんが考案した「骨盤調整(ペルヴィスワーク)」は、骨盤を「ゆるめる」「整える」「再教育」の3STEPで、痩せ体質へと導く。

STEP3の「再教育」は、状態のよい骨盤を維持できるように体に覚え込ませるもの。骨格を支える筋肉を目覚めさせ、その力を引き出す。

今回は、脚の長さの左右差を調整する「サイド・レッグレイズ」を教えてもらった。

【STEP3 骨盤を再教育】サイド・レッグレイズ

【1】横向きに寝そべって、体が真っ直ぐになるように、姿勢を整える。

POINT!
□ 下になった左腕の上に頭を置く
□ 右手は前の床に置いて、体を支える
□ かかとを揃える

【2】上の脚を腰骨の高さまでゆっくりと持ち上げる

POINT!
□ 足の指を開く
□ 骨盤底筋を引き上げる

【3】下の足を上の足に近づけるように、また下を引き上げ、太ももをつける

POINT!
□ 脚はおなかの力で引き上げる
□ 脚の長さを揃えるように意識

【4】 【2】と【3】をセットで、10回行う。10回目は、両脚を上げた状態を10秒間キープ
【5】ゆっくりと両脚を床に下ろす
【6】反対向きでも【2】から【4】を行う。その後、やりづらかったほうをもう10回行う

動画を見ながら「サイド・レッグレイズ」にトライ!

このエクササイズでは、上側の脚はお尻脇の筋肉である「中臀筋(ちゅうでんきん)」を、下側の脚は太ももの内側にある「内転筋(ないてんきん)」を鍛えることができる。

「骨盤底筋の引き締め、下半身の筋力アップにもつながりますよ。ただし、つま先だけをくっつけると、骨盤にはまったく効かないので注意しましょう」(kyoさん)

骨盤がゆるむ傾向にある夜に行うと、より効果が表れやすいとか。眠る前の習慣にして。

モデル/佐藤由美子 取材・文/岩垣良子 写真/瀬尾直道 衣装提供/ヨギー・サンクチュアリ(https://yoggy-sanctuary.com/)

●ぽっこりお腹改善に◎【骨盤調整エクサ】体幹部を引き締める「スローロールダウン」
●1分でできる!【骨盤調整エクサ】骨盤の開閉力が上がる「うつ伏せでひざを左右に」
●股関節も柔軟に!【骨盤調整エクサ】骨盤の感度を上げる「足首回し」
●血流アップで痩せ体質に!【骨盤調整エクサ】骨盤底筋を鍛える「ひざを曲げて内外回し」
●寝転んでお腹引き締め【骨盤調整エクサ】美くびれをつくる「ウエスト筋膜ストレッチ」
●女性のダイエットは”骨盤”がカギ。専門家が痩せるメカニズムを解説

●50代でスリムを保つkyoさんの【美痩せ習慣】は足裏ケアと出す力トレ
●脂肪は敵じゃない!『美尻トレ』著者・岡部友さんに聞く理想のお尻と筋トレ方法
●美尻と美腹筋で有名!ジェニファー・ロペスの【迫力ボディ】を手に入れる方法

監修:kyoさん

本名は、小林亨(こばやし・きょう)。ボディワーク・プロデューサー。フィットネスインストラクターとして25年以上の経験をもつ。痩身、体型維持、機能改善のプログラムを整体や解剖学など、さまざまな分野から学び、「ペルヴィスワーク」を考案し、2005年よりオリジナルメソッド「ビューティ・ペルヴィス(R)」として、スタジオ・ヨギーで展開。

15年にはスタジオ「b-i STYLE(ビィ スタイル)」(http://www.b-i-style.com/)を東京・青山にオープン。『いつまでも美しくいたければ女は骨盤を立てなさい』(日本文芸社)をはじめ、著書も多数。ヨガウェアブランド「ヨギー・サンクチュアリ」のアンバサダーとしても活動している

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事