寝転んでお腹引き締め!【骨盤調整エクサ】美くびれをつくる「ウエスト筋膜ストレッチ」

ボディワーク・プロデューサーのkyoさんが考案した「骨盤調整(ペルヴィスワーク)」は、骨盤を「ゆるめる」「整える」「再教育」の3STEPで、痩せ体質へと導く。

STEP1では骨盤を「ゆるめる」ことで、骨盤の緊張をとり、日常生活の動作でついた頑固な癖やゆがみから解放。STEP2と3の運動に反応しやすい状態へと体を導く。

今回は、ぽっこりお腹の引き締めにも役立つ「ウエスト筋膜ストレッチ」を教えてもらった

【STEP1 骨盤をゆるめる】ウエスト筋膜ストレッチ

【1】あおむけになってひざを立て、脚を腰幅に開く。両手を肋骨と骨盤の間に置き、心地いいくらいの圧力をかける

【2】両ひざを左に倒す。右の脇腹に手を添え、ウエストをねじる
【3】息を吸い、吐きながら、ひざを中央に戻し、両手を反対側にすべらす

POINT!
□ 手がおなかの上を横断するように、ウエストラインに軽く圧力をかける

【4】今度は左の脇腹に手を添え、両ひざを右に倒す
【5】ひざを中央に戻しながら、両手を反対側にすべらす
【6】 【2】から【5】を1往復として、計3往復行う

動画を見ながら、「ウエスト筋膜ストレッチ」にトライ!

「骨盤周辺の筋肉を左右に揺らし、ねじることで、骨盤をゆるめる運動です。ウエストの筋膜をマッサージすることで、くびれを作る効果も期待できます」(kyoさん)

骨盤がゆるむ傾向にある夜に行うと、より効果が表れやすいとか。眠る前の習慣にして。

モデル/佐藤由美子 取材・文/岩垣良子 写真/瀬尾直道 衣装提供/ヨギー・サンクチュアリ

●女性のダイエットは”骨盤”がカギ。専門家が痩せるメカニズムを解説
●50代でスリムを保つkyoさんの【美痩習慣】は足裏ケアと出す力トレ
●アラフィフは背中とお尻を鍛える【美痩せ習慣】でメリハリボディを維持!
●コアマッスルを鍛えて綺麗なくびれを作る!骨盤シェイクダンス【初級編】
●毎晩5分でお腹引き締め!下半身痩せにも役立つ【夜活ヨガ】3選

監修:kyoさん

本名は、小林亨(こばやし・きょう)。ボディワーク・プロデューサー。フィットネスインストラクターとして25年以上の経験をもつ。痩身、体型維持、機能改善のプログラムを整体や解剖学など、さまざまな分野から学び、「ペルヴィスワーク」を考案し、2005年よりオリジナルメソッド「ビューティ・ペルヴィス(R)」として、スタジオ・ヨギーで展開。

15年にはスタジオ「b-i STYLE(ビィ スタイル)」を東京・青山にオープン。『いつまでも美しくいたければ女は骨盤を立てなさい』(日本文芸社)をはじめ、著書も多数。ヨガウェアブランド「ヨギー・サンクチュアリ」のアンバサダーとしても活動している

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事