50代でスリム体型を維持する【美痩せ習慣】は足裏ケアと”出す力”トレ

フィットネスやビューティーのプロに、スリムな体型を維持するコツを教えてもらいたい!

そこで、今回は、ボディワーク・プロデューサーのkyoさんにインタビュー。kyoさんは骨盤を整える「ペルヴィスワークス」の考案者で、しなやかな体と瑞々しい肌、朗らかな笑顔が印象的。

そんなkyoさんに50代に入っても、しっかり動ける健康的で美しい体を維持する秘訣を教えてもらった。

* * *

FOOD/NGを決めず発酵食品や乳酸菌で”出す力”を磨く

夜にもレッスンを受け持っていますし、仕事柄、食事時間はどうしても不規則に。また、お付き合いでの食事で「食べられないものがある」というのも嫌なもの。それにNGを決め込むと、バランスの崩れや罪悪感につながります。自分がかわいそうな気持ちにもなりますよね。

だから食べる内容や量はあまり気にせず、「夕食でお肉を食べすぎたら、翌朝の朝食は胃腸に優しく軽いものを」といった調整をする程度。むしろ”出す力”にフォーカスして、発酵食品や食物繊維、乳酸菌など、腸内環境を整えてくれる食品を意識して摂取しています。”出す力”がしっかりしていれば、仮に体に悪いものを食べても、安心かな、と(笑い)。

なにが健康にいいかは、人それぞれ。例えば、冷たい水を飲むと冷えによくないとも言いますが、個人的には胃腸や体内の温度調整の訓練をするときには◎と考えています。

BODY&MIND/ハイテクソールで足裏から全身をケア!

体は足裏、骨盤、背骨、頭蓋骨とつながっていて、いずれかにゆがみが生じると、ほかの部分も連動してゆがんでしまうもの。なので足裏のケアはボディメイクの上で、とても大事なんです。

最近のお気に入りは、義肢装具メーカーが作った歩き方矯正インソール「cocofumu(ココフム)」。かかと、母子球、小子球の3点がついた歩行をサポートするもので、O脚や猫背を改善し、美脚・美尻を目指したい方にオススメです。

私はパンプスだけではなく、フラットシューズやルームシューズにも入れています。実家にもさっそく送ったところ、母の友人の間でも流行っているそうです(笑い)。

WORKOUT/週2回の”汗をかく運動”で体のバランスを調整

体内の水分調整が乱れると、体に不具合が出るもの。これを避けるためには、汗をかくことが大事。そうしたほうが、実は水分の吸収率も上がるし、もちろんエネルギーの消費にもつながります。そのため、発汗効果の高いダンス系のレッスンを週2回はするようにしています。

このほか、自宅では、ペルヴィス(骨盤を基盤に体を調整するエクササイズ)や筋膜リリースなどを。なんとなく毎晩、ゆらゆら、ごろごろと体を動かして、運動や日常動作で使った筋肉や骨格を整えています。

お気に入りのウェアは?Kyoさんのジムバッグの中身を拝見!

運動をするときも、サイズは大きめだけれど、普通のバッグ(【1】)。着替えや下着は専用の布バッグに(【3】)。汗をかく運動をするときは、速乾性に優れた「アディダス(adidas)」のウェア(【4】・【5】)を愛用。体のラインが出るので、ダンスを教えるときにも重宝しているそう。

ビビッドな色合わせが美しい化粧ポーチ(【8】)は、一目惚れで購入。ほっこり柄のアクセサリー入れ(【2】)は、岡山のデザイナーさんに作っていただいたオリジナルとか。

このほか、タオル(【6】)と、筋膜マッサージ用の美容オイル「F・Sトリートメントアロマオイル」(100ml 7020円)(【7】)が運動時の必需品。

しかもこのオイルは、kyoさんが日本人の香りに対する感性と肌質に合わせて開発したものなのだそう。ベースオイルには、浸透力の優れたマカデミアナッツオイル、保湿力の高いバオバブオイル、女性ホルモンのバランスを整えるダマスクローズなど、8種の精油を配合。顔にも使えるというから、ひとつ持っていると便利かも。

取材・文/岩垣良子 写真/瀬尾直道 取材協力/スタジオ・ヨギー

●すきま時間は足裏ケア!ヨガ・インストラクター、チアキさんの【ジムバッグを拝見!】
●空腹時が「痩せる食事」のタイミング!ヨガ・インストラクター芥川舞子さんの【美痩せ習慣】
●キレイの基本は伸びた背筋!芥川舞子さんが教える【美姿勢1分ヨガ】3選
●毎日5分で、美尻メイク!下半身デブ改善にも役立つ【ヨガ3選】
●モデルたちも実践!GapFitアンバサダーが教える【美痩せヨガ】3選

今回のスリム美人:kyoさん

本名は、小林亨(こばやし・きょう)。ボディワーク・プロデューサー。フィットネスインストラクターとして25年以上の経験をもつ。痩身、体型維持、機能改善のプログラムを整体や解剖学など、さまざまな分野から学び、「ペルヴィスワーク」を考案し、2005年よりオリジナルメソッド「ビューティ・ペルヴィス(R)」として、スタジオ・ヨギーで展開。

15年にはスタジオ「b-i STYLE(ビィ スタイル)」(https://www.instagram.com/b_i_style/)を東京・青山にオープン。『いつまでも美しくいたければ女は骨盤を立てなさい』(日本文芸社)をはじめ、著書も多数。ヨガウェアブランド「ヨギー・サンクチュアリ」のアンバサダーとしても活動している

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事