【おからコーヒーダイエット】おからパウダー使った作り方と痩せる仕組みをダイエット専門医・工藤孝文さんが解説

「3週間で10kg痩せた!」、「ぽっこりお腹が凹んだ!」――実践した人からそんな声が続出しているのが「おからコーヒーダイエット」だ。考案したのは、福岡県みやま市の工藤内科の副院長・工藤孝文さん。99.2%の成功率を誇る工藤さんのダイエット外来でも患者が実際に行っている「おからコーヒーダイエット」で痩せる仕組みとは?

コーヒーにおからパウダーをスプーンで入れている

「そもそも、同じ量の食事を食べても、太る人と太らない人がいますよね。実は、体内で生成されるアディポネクチンという、痩せホルモンの量が関係していたことが日本の研究で発見されました。アディポとは脂肪のこと。内臓脂肪から分泌され、血管を通って全身を巡ります。主な働きは、脂肪燃焼、血糖値ダウン、血管の修復と拡張、悪性腫瘍の増殖抑制。つまり、健康を維持するにはなくてはならないホルモンです。

さらに、アディポネクチンが多く分泌されている人ほど、運動をしなくても、運動したのと同じ脂肪燃焼効果が得られるので、太りにくい体質になることが解明されています。アディポネクチンの量には、内臓脂肪の大きさが関係しており、標準的なサイズならば多く分泌されますが、内臓脂肪の肥大や小さすぎる場合、分泌が少なくなる傾向にあります。太りすぎても痩せすぎてもダメということです」(工藤さん・以下「」内同)

「おから」+「コーヒー」のWパワーで痩せホルモンが増える!

アディポネクチンを増やしながら、痩せられる一石二鳥の食材が、豆腐などの大豆製品を作る際に大豆を絞った後に残る、おから。

容器に入ったおから

「元々、大豆由来のたんぱく質には、体内で作れない必須アミノ酸が豊富に含まれ、内臓脂肪や中性脂肪を減らす効果があります。その上、おからには、アディポネクチンを増やすβコングリシンが含まれています。つまり、内臓脂肪は減り、痩せホルモンは増える。痩せたい人には強力なお助け食材です」

カップに入ったコーヒー
おからと組み合わせるコーヒーにも脂肪燃焼効果があり、アディポネクチンの濃度を高めることが判明されている。

「おからとコーヒーは最強タッグ。絶大なダイエット効果が期待できます」(工藤さん)

痩せホルモンを増やすだけじゃない!「おから」はエリートダイエット食材

低糖質で豊富な食物繊維を含むおからは、優れたダイエット食材でもある。

「おからの糖質量は100g当たり2.3gで、36.9gの白米とは大きな違いです。低糖質のおからは、たくさん食べても糖質過剰になりません。また、おからに多く含まれる食物繊維には、糖質の吸収を緩やかにする働きがあり、インスリンの分泌を抑制します。“糖質を摂ると太る” 、と言われる原因は、血糖値の急上昇によるインスリンの大量分泌。インスリンが大量に分泌されると、中性脂肪が蓄積されるため太るわけですが、おからには、太らせホルモンのインスリンを抑える効果もあるのです」

おからの食物繊維は水に溶けにくい水溶性で、胃の中で水分を含むと膨らんで便のかさ増しになり腸の動きを活発にする。便がスムーズに排出されるので、便秘の改善にも有効だ。

「水分を含んだ食物繊維が膨らむと、少量の食事でも満腹感を味わえて食べ過ぎが防げます。停滞時間が長く腹持ちもいい。パウダー状のおからなら、生おからの4倍の食物繊維があるので、水分を含むと約5倍に膨らみます」

溶けやすいおからパウダーで作る「おからコーヒー」

コーヒーにスプーンでおからパウダーを入れる

《おからコーヒー1杯分の材料》
おからパウダー…小さじ1(5g) インスタントコーヒー…小さじ1/2~4/5(2.5~4g) お湯…適量

《作り方》
【1】カップにインスタントコーヒーとおからパウダーを入れ、お湯を注ぐ。
【2】しっかりスプーンでかき混ぜて、完成。

「お湯で溶けずにカップ底に残ったおからは、そのまま食べてOK。舌触りが気になる人は、なるべく目の細かい微細粒のおからパウダーを選びましょう」

「おからコーヒー」は朝の1杯がベストタイミング

「いつ飲んでもいいのですが、朝食前に飲むのがおすすめです。食物繊維を豊富に含むおからは、腸の中で膨らみ腹持ちがよくなるので、1日の最初の食事から過食を防げます。朝に飲めない時は、ランチや夕食の前、または、おやつ代わりに。いずれも食前が効果的です。何杯も飲むと早く痩せる気がしますが、多くても1日4杯までに。1日に多く摂るよりも、毎日の1杯を続ける方が、継続できて健康的に痩せます。コーヒーが苦手な人は、ヨーグルトやみそ汁に混ぜたり、料理やソースに加えて摂取しましょう」

小麦粉の代わりに揚げ物の衣やホットケーキの生地にしたり、ハンバーグなどのつなぎにしたり。クセのないおからパウダーは、食材を選ばないため幅広い料理に使えて便利。

「おからは大豆製品ですので、大豆アレルギーの人は控えましょう。また、持病がある、治療薬を服用している、妊娠中の方は、まず医師に相談した上で始めてください」

まだまだある!女性にうれしい「おから」のビューティー効果

女性ホルモンのエストロゲンに似た働きをするのが、おからに含まれる大豆イソフラボン。摂取することで、女性の美容と健康をサポートする効果がある。

「更年期障害、月経痛、生理不順など、女性特有の症状を緩和してくれます。骨粗しょう症の予防にも。さらに、美のホルモンとも呼ばれるエストロゲンは、肌のハリや弾力、潤いの元となるコラーゲンを生成する美肌効果もある。老化を引き起こす活性酸素を抑制する抗酸化作用もあるので、若々しさを保つためにも、毎日のおからコーヒーは欠かせませんね」

「美しく痩せる」を実現するためにぜひ食習慣に取り入れてみては?

「おからコーヒーダイエット」の考案者・工藤孝文さん

 

工藤孝文さん
福岡大学医学部卒業後、アイルランド、オーストラリアへ留学。帰国後、大学病院、地域の基幹病院を経て、現在は、福岡 県みやま市の工藤内科で地域医療を行っている。ダイエット外来・糖尿病内科・漢方治療を専門とし、『世界一受けたい授業』(日本テレビ系)減量外来ドクター、『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)漢方治療評論家・肥満治療評論家として、メディア出演 多数。日本内科学会、日本糖尿病学会、日本高血圧学会、日本甲状腺学会、日本東洋医学会、小児慢性疾病指定医。

写真/高橋進

【関連する記事をチェック!】
1か月で最大3.7kg痩せも!「おからパウダー」の実力&レシピを紹介
混ぜてチンするだけ!【おからの痩せレシピ】ヘルシーおやつ「おからのチョコ餅」
【おからパウダーの痩せレシピ】ボリューム倍増!「ふわふわおからたまごトースト」

おからや豆乳が体に優しい。腹持ちも◎の「素材でカラダ想い」を【実食レポ】
ダイエットの心強い味方「おから」を使った【痩せレシピ】5選

→カリスマ医師・工藤孝文さんおすすめ!その他のダイエット法はコチラ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. 豆子 より:

    痩せホルモン増やしたい!!

    3+

  2. より:

    おからと…コーヒー…合うのか?
    おからもコーヒーも好きだから、一度チャレンジしてみよう。

    3+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事