パウダーファンデーションで「ツヤ肌」になる方法とは?美のプロ・長井かおりさんが伝授

間もなく訪れる秋冬。涼しくなるのはいいけれど、空気が乾燥するからメイクのノリが悪くなる?

コフレドールの「ヌーディカバーモイスチャーパクトUV」を使ってモデル女性にベースメイクをレクチャーする、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん

そこで、カネボウ化粧品のメイクアップブランド「COFFRET D’OR(コフレドール)」が「粉塾“粉”を学べばベースメイクが変わる」を開催するという情報をキャッチ。当日登壇した、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんが披露した“粉テク”をレポート!

美肌ゾーンはたっぷりと、そのほかは”サササ塗り”で

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん

雑誌や広告、映像などで、モデルや女優のヘアメイクを手がける長井かおりさん。メイクに関する著書は、累計20万部の大ヒットを記録している。そんな長井さん、実は自他ともに認める“粉フェチ”なんだとか。

「粉を見ると、すぐに手で確かめたくなるんです。皆さん、パウダーファンデーションは、よくパフで手の甲に塗って確認しますよね。私の場合、指で触ってみないとわからないと考えています。だから、目を閉じて神経を指先に研ぎ澄ませてから、指で10回くらいはすりつぶします。そのときにスーッと滑らかで、そして消えてなくなる質感のパウダーファンデーションをおすすめしています」(長井さん、以下「」同)

コフレドールの「ヌーディカバーモイスチャーパクトUV」の粉感をチェックする、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん

早速、9月1日(土)に発売されるコフレドールの「ヌーディカバーモイスチャーパクトUV」を使って、長井さんが“粉テク”を披露。今回は、混合肌タイプを想定。

【1】ファンデーションを塗る前のお肌は、“ペトサラ”が正解

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんによって肌の様子をチャックされているモデル

「リキッドと違って粉をのせていくので、肌表面の質感が大切です。お肌の油分や湿度が高すぎると、パウダーファンデーションが扱いにくくなります。ファンデーションを塗布する前のお肌は、“ぺトサラ”が正解です。ペトっとしたうるおいを感じつつも、サラサラとした状態のお肌になっているかを、メイク前にチェックしてください」

【2】ファンデーションはパフにしっかりと

コフレドールの「ヌーディカバーモイスチャーパクトUV」を使ってベースメイクをレクチャーする、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん

「均一にお肌に届けるためには、きちんとパフの面を使うことがポイントです。だからパフの面の半分くらい、もしくは3分の1くらいにパウダーを塗布してあげてください」

【3】“美肌ゾーン”はたっぷりと乗せる

コフレドールの「ヌーディカバーモイスチャーパクトUV」を使ってモデル女性にベースメイクをレクチャーする、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん。モニターにはその映像も映し出されている

「おすすめの塗り方は、思い切って下まぶたの広い範囲“美肌ゾーン”にしっかりとパウダーをのせること。このあたりは、クマやシミが出やすくデリケートなところ。ここに指の腹を使ってパウダーを押し当てるように塗布します。こうして“美肌ゾーン”をしっかりとカバーすることで、つややかな仕上がりになります」

【4】ほかのパーツは、ラフな“サササ塗り”を

コフレドールの「ヌーディカバーモイスチャーパクトUV」を使ってモデル女性にベースメイクをレクチャーする、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん

「頬から首に向けては、薄くパウダーを塗布していきましょう。この時、力を抜きながらサササっと塗ることを意識してください。パウダーがのりにくい小鼻の横などは、スポンジの角を使ってきちんと粉を入れていきましょう」

【5】仕上げは“カラ磨き”でツヤ出し

コフレドールの「ヌーディカバーモイスチャーパクトUV」を使ってモデル女性にベースメイクをレクチャーする、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん

「最後に、パウダーがのっていないパフの反対面を使ってお顔全体を磨いていきます。これが“カラ磨き”。不要なパウダーを飛ばしながらお肌を磨くことで、つややかなお顔に仕上がります。ほかに気になる部分があれば、指先にパウダーを取って微振動。こうすることで、お肌にパウダーがしっとりとなじんでいきますよ」

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんによってメイクされた女性モデル

段階を踏むごとに、つややかなお肌がお目見えしていく今回の“粉テク”レッスン。長井さんのテクニックは、会場に訪れていた取材陣からどよめきが起こるほどだった。

コフレドールの新作はヌーディな肌を実現

コフレドールの「ヌーディカバーモイスチャーパクトUV」など新商品が飾られている

最近のメイクのトレンドは、およそ30年前にファンデーションに求められていたマットな肌と強いカバー力とは、まるで逆をいくヌーディな肌。

10周年を迎えた「COFFRET D’OR(コフレドール)」の新作「ヌーディカバーモイスチャーパクトUV」は、まさにそれを叶えてくれそう。

「やわらかいパウダーファンデーションだから、たっぷり乗せても厚塗り&粉っぽくなりません」と長井さん。

コフレドールの「ヌーディカバーモイスチャーパクトUV」を使ってモデル女性にベースメイクをレクチャーする、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん

この話通り、実際に触ってみると、確かにサラサラで滑らか。“粉フェチ”の長井さんがおすすめする「スーッと滑らかで、そして消えてなくなる質感」というファンデーション像にぴったりというわけだ。

長井さんから学んだ“粉テク”。薄づきなのにカバー力も期待できる「ヌーディカバーモイスチャーパクトUV」を使って、乾燥を寄せ付けないツヤ肌に生まれ変わってみては?

講師:長井かおりさん

ながい・かおり。ヘア&メイクアップアーティスト。雑誌、広告、映像など幅広いジャンルでモデルや女優のヘアメイクを手掛ける。著書のメイク本は累計20万部の大ヒット書籍となっており、わかりやすく、効果的なメソッドが人気。パウダーについての見識が深く、女性雑誌の美容企画でも、そのパウダーの使いこなし術に注目が集まっている。

【データ】
コフレドール「ヌーディカバー モイスチャーパクトUV」
発売日:9月1日
販売価格:3024円(税抜)※編集部調べ、ケースは別売り
カラー:全7色
https://www.kanebo-cosmetics.jp/coffretdor/products/foundation/item06/

取材・文/船橋麻貴

【関連する記事をチェック!】
菜々緒が大胆ドレスで美ボディ披露!「自分にムチ打ちながら…」
夏向けに軽やか!長井かおりさんが【崩れないメイク】のコツを伝授
最強の開運ホクロは「耳たぶ裏」!ホクロメイクで金運、恋愛運も上昇
【山本浩未さんのメイクのメ】メイク崩れに対抗!サラサラ肌と保湿が実現する化粧水
ポイントは3つだけ!崩れ知らずで夏を過ごすメイクテクをプロが伝授

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. すずめ より:

    このモデルさん、顔が小さくて綺麗だな!

    0

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事