コーヒーは「飲む日焼け止め」!1日3杯飲めばシミ対策に効果的!?

日差しが強い夏は、紫外線(UV)が気になるところ。

ビル群に差し込む日差し

写真/アフロ

しかも今年は猛暑で、例年に比べて紫外線が強い日が増えているそう。紫外線は、日焼けはもちろん、長年浴び続けることで、シミ、シワなどを引き起こし、光老化(紫外線による皮膚の老化)を促進。肌に悪い影響を及ぼす原因になる。

でも、日頃の努力次第では、肌を守り光老化を防げるという。では、具体的に何をすればいいの? 今回、UV対策に“ポリフェノールがいい”という情報をキャッチ!

ネスカフェ ビューティワークカフェの内観

ポリフェノールを摂取する習慣を提案している「ネスレ」によって、美容ケアをテーマにしたメニューやサービスを期間限定で提供するカフェ「ネスカフェ ビューティワークカフェ」がオープン中。

同イベントを監修する美肌の専門家、神戸大学の市橋正光名誉教授による美容セミナー「なぜなに 紫外線(UV)ケアとポリフェノールパワー」に潜入してきた!

UVは活性酸素を発生させ肌にダメージを与える

モニターの前でマイクを持って話す神戸大学名誉教授・アーツ銀座クリニック院長の市橋正光氏

紫外線にはUVAとUVBの2種類あり、肌に現れるダメージの徴候は、UVAとUVBで異なるのだそう。

「日焼けすると、慢性の部分はシミやシワになり、急性の部分は赤くなります。シミ、シワの大きな原因になるのがUVAで、赤くなる影響を与えているのがUVBです」(市橋さん、以下「」同)

さらに紫外線は遺伝子を傷つけたり、増えると老化や生活習慣病を引き起こす活性酸素を発生させたりする。特にUVAは、多くの活性酸素を発生させるという。

UV対策で最も大事なのはUVAへのケア

日焼け止めをぬっている女性

写真/アフロ

以下の項目に当てはまるかをチェックしてみて。

□ 曇りの日はあまり紫外線対策をしない
□ 外に出る時はUVケアを欠かさないが、部屋の中では忘れてしまう
□ 日焼け止めはSPF(UVBを止める効果を示す数値)にしか興味がなく、PA(UVAを止める効果を示す数値)を気にしていない

1つでも当てはまる人は、シミやシワに要注意! 紫外線は冬と夏を比べるとその量は変わるけど、実はその量はUVAとUVBでだいぶ違ってくるのだとか。

「UVBは、冬は夏の1/5くらいに減り、東京だと1日外にでていても日焼けをしないくらいになります。ですが、UVAは冬でも夏の1/2の量が地表に到達するんです」

UVAはUVBに比べて曇り空を通過しやすく、年間を通じて肌のダメージの原因になりやすい。つまり、UVA対策をしっかりすることがUV対策でもっとも大事ということ。

UVAは部屋の中にも入ってくる!?

窓際に立って日差しを浴びる白シャツに下着姿の女性

写真/アフロ

また、UVBは窓ガラスで阻止できるが、UVAは窓ガラスを通過して入ってくるそう。室内でも日常的にUVAを浴びてしまうと、それだけでシミやシワ拡大の可能性が高くなるというワケ。

「UVAは部屋の中でも窓際にいると浴びてしまうし、白いテーブルがあるとテーブルに反射したUVAを浴びてしまう。日中にブラインドを下ろしたり、黒いテーブルに変えるだけでも、室内に到達するUVAを減らすことができます」

室内での反射に配慮した住空間によるUV対策も必要になるのだ。

「抗酸化食品」は体に取り込む天然の”日焼け止め”

外側のUVケアに加えシミ対策として最近注目されているのが、「食によるサンスクリーン効果」。活性酸素と闘う力が強いとされる「抗酸化物質」を摂取できる「抗酸化食品」を摂ることで、シミやシワといった皮膚の光老化を抑えることができるのだとか。

「DNAの損傷を抑えたり、逆にできた傷を早く治すという作用が一部の食品にあるということがわかってきています。『抗酸化食品』でもあるカシスベリーやトマト、オリーブオイル、サーモン、このあたりはかなり日焼けを抑えますね」

そして「抗酸化食品」の中でキーになってくるのが、ポリフェノール。ポリフェノールとは、植物が自身を活性酸素から守るために作り出す物質で、抗酸化物質の代表的存在。8000種類以上もあり、それらは肌にダメージをもたらす活性酵素を除去してくれるそう。

コーヒーは紫外線による肌シミの抑制に関連

ネスカフェ ビューティワークカフェに並ぶネスカフェゴールドブレンド2種類

「ポリフェノールは野菜や果物以外にも、コーヒーやお茶でも摂ることができます」と市橋さん。特にポリフェノールが豊富に含まれているのが、コーヒーだという。

含まれるポリフェノールの量(100ml当たり)は赤ワインと同等らしく、コーヒー1杯分(150ml)なら300mg含まれるので、3~4杯飲めば1日のポリフェノールの摂取理想量といわれる1000~1500mgを摂ることができる。

そして、ポリフェノール900mg以上(コーヒー1杯150mlなら3杯分相当)を摂取した人は、ポリフェノールをあまり摂取してない人に対して、「紫外線シミスコア」が有意に低かったという研究結果も。

「ポリフェノール摂取とシミの関係も実際に報告されていて、ポリフェノールをしっかり摂ることによって、シミを抑えられます。実際、たくさんコーヒーを飲んでいる方は、シミの面積が少ないんですよ」

ポリフェノールを毎日こまめに摂ることでシミ対策に

ネスレのネスカフェゴールドブレンド2種類

日本人のポリフェノール摂取は、コーヒーからが47%を占めており(※2014 年ネスレ調べ)、コーヒーからもっとも多くのポリフェノールを摂取している。でも調査によると、日本人の平均的なポリフェノール摂取量は、1日摂取量の目安より少ないのだとか。

しかも、ポリフェノールは体に溜められない物質であるため、シミ対策には毎日こまめに摂るしかない。

そこで、「ネスレ」では、生活にメリハリをつけるための「頑張る時の1杯」「活動中の1杯」「リラックスタイムの1杯」や、日常の生活タイムに合わせた「朝の1杯」「おやつタイムの1杯」「夕食後の 1 杯(カフェインレスコーヒーを推奨)」など、1日3杯以上のコーヒーを飲むことで、ポリフェノールをこまめに摂取する健康習慣を手軽に楽しく続けることを提案している。

夏に期間限定営業!働く女性のための“安息の地”

ネスカフェ ビューティワークカフェに置かれたコーヒーや軽食

「ネスカフェ ビューティワークカフェ」では、野菜や果物を中心にポリフェノールが含まれる食材を使った計10種類のメニューを試せる「ポリフェノールの虜ブッフェ」(1800 円/税込)や、ポリフェノールが豊富に含まれるコーヒーが楽しめる。

無料Wi-Fiを完備した店内では、UVカットショールやUVカットスプレー、ブルーライトカットメガネ、マッサージ機器なども準備。働く女性が美容ケアをしながら、リラックスすることができる場として利用できるのもうれしい。

ネスカフェ ビューティワークカフェに置かれた美容グッズ

「抗酸化食品を配慮したバランスのいい食事を摂ってほしい」という市橋さん。日頃の習慣に気をつけることで、10年後、20年後の肌に違いが訪れるのは明確。しっかりとしたUV対策をとって、老化知らずの肌を目指そう!

講師:市橋正光

神戸大学名誉教授・アーツ銀座クリニック院長。1970年神戸大学大学院医学研究科を修了。1992年神戸大学医学部教授に就任。2003年神戸大学名誉教授。同年、サンクリニック・サンケア研究所を創設。2010年より再生未来クリニック神戸院長。2018年よりアーツ銀座クリニック院長として現在に至る。太陽紫外線による皮膚の老化(光老化)をはじめ、肌の障害に関する研究分野で世界的に認められている。特に紫外線によるシミのできる仕組みや、治療法についての研究では新しい成果を国際誌に次々と発表。著書に『生物の光障害とその防御機構』<編集>(2000年)、『子どもと皮膚と太陽』(1996年)、『紫外線 Q & A』(2002年)他多数。

【データ】
「ネスカフェ ビューティワークカフェ」
場所:ネスカフェ 原宿
住所:東京都渋谷区神宮前1-22-8
期間:8月24日(金) まで
営業時間:11:00~21:00(ラストオーダー20:00)
特別メニュー: ポリフェノールの虜ブッフェ/価格:1800円(税込)
お問い合わせ:ネスレ お客様相談室 フリーダイヤル 0120-00-5916(受付時間:年中無休)
アクセス:JR原宿駅竹下口より徒歩2分

【関連する記事をチェック!】
【山本浩未さんのメイクのメ】日焼けしやすい唇こそUVケア!
ハーフモデルNikiが紫外線ケアを学ぶ!飲む日焼け止め新作「AOPALE」発表会に登場
中山美穂、紗栄子、指原莉乃らが愛用!「飲む日焼け止め」の実力
スポーツ女子の美肌を守る!「ETVOS」のUV&2018春コレクション【新製品レポ】
30分でランニング2時間分の運動量!脂肪燃焼に効果的な「SPLASH BURN」を【体験レポ】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. トモコ より:

    コーヒーってシミ防止になるんだ!!!
    大好きだから嬉しい~♪

    0

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事