これでリバウンド知らず!産後20kg減の本島彩帆里さんが守る6つの習慣【美痩せインタビュー】

美容や健康のプロにスリム体形を維持する秘訣をお尋ねする「美痩せ習慣」。

本島彩帆里さん

今回は、ダイエット美容家の本島彩帆里さんが登場。自身も20kg減のダイエットを成功させた経験をもつ本島さんは、ダイエット特集の常連。さっそく普段の生活で心がけていることやお気に入りアイテムを教えてもらった。

* * *

【WORKOUT】週1回のパーソナルトレーニングで歪み改善

運動は”続けられること”がなにより肝心。自分のレベルを理解し、がんばらずに継続できる内容と頻度を選ぶのがポイントです。例えば、20kg減を実現した産後ダイエット時には、”ながらエクサ”をメインにしていました。

最近では、週に1回、1時間ほどのパーソナルトレーニングを受けています。猫背や内肩、歩くときの姿勢からくる歪みを改善するのが、その目的。正しいフォームが難しいお尻や背中をターゲットにした筋トレを見てもらうことも。

また、ボディラインを整えるには、体の変化に敏感になることが大切。そのため、日々、マッサージで体の硬さや温度などをチェック。ストレッチやヨガも取り入れています。

【BODY&MIND】お風呂は就寝の2時間前がルール

毎日7時間ほどは眠るようにしていますが、睡眠は質も重要。そのため、入浴は就寝の2時間前をルールにしています。体調や季節に合わせ、入浴剤を使い分けることで、リラックス度をアップ。最近のお気に入りは、アメリカ西海岸生まれの「CRAYD(クレイド)」や「Aroma France(アロマフランス)」のクレイですね。

特に5色のラインナップがある「アロマフランス」には、美肌はもちろん、中にはむくみやセルライトの改善に効果が期待できるものも。初めて試すのなら、肌に優しいタイプの「ホワイトカオリン」、デトックスに役立つ「グリーンイライト」などがオススメです。

【偏愛アイテム01】セルライトケアに◎のマッサージャー

アセチノ メガシェイプ

お尻や二の腕裏などをほぐしたいときに、美容家電ブランド「ヤーマン」の「アセチノ メガシェイプ」を愛用。硬くなったセルライトを柔らかくし、リンパの流れを改善するのにも役立ちます。

【偏愛アイテム02】リラックス度満点のルームスプレー

WILD INCENSE SPRAY(ワイルド・インセンス・スプレー)

「Cul de Sac-JAPON(カルデサックジャポン)」の 「WILD INCENSE SPRAY(ワイルド・インセンス・スプレー)」 (100ml 3024円)は、青森ヒバを使ったルームスプレー。力強く優しい香りで、汗をかく時季の消臭や抗菌、リフレッシュしたいときにオススメです。

ダイエットの基本は、ストレスがなく、栄養バランスが整った食生活。

本島彩帆里さん

そこで、本島さんに1日の食事について教えてもらった。本島さんのキーワードは、味と彩りにポイントを置いた”五味五色”だそう。

【FOOD/朝食】たんぱく質と野菜をしっかり

起きたら、青汁「ベジパワープラス」を1杯。特に決まったメニューはないけれど、「たんぱく質」を摂取するように心がけています。小麦を摂ると、腰回りにお肉がつきやすく、むくみにもつながりやすい体質なので、パンは控えめに。前夜のおかずなどを2、3品、などが多いですね。

【FOOD/昼食】栄養バランスを考えながら、定食をチョイス

昼食はほとんど外食。バラエティー豊かな1プレートや定食などを選ぶようにしています。拳1個分の「たんぱく質」と「糖質」、野菜を使ったおかずやサラダが付いているとベスト。彩りと栄養素のバランスがポイントです。

【FOOD/おやつ】素材のままがいちばん!

体形維持を考えるのなら、おやつは調味料を加えておらず、素材そのままを食べるのがいちばん。定番は、ナッツやカットフルーツ、トマトなど。かぼちゃやいも類を焼いて食べることもあります。これらは食物繊維を多く含むので、腸内環境の整理にも◎。飲みものは、あずき茶やハーブティー、緑茶がお気に入りですね。

カカオ70%以上のチョコレートやココナッツのチップスなど、市販のオーガニックなスナックも好き。ただしこれも、加工はプレスや乾燥をしただけで、砂糖や油、塩などの調味料を使っていないものに限っています。

【FOOD/夕食】なるべく20時までに食べる

「なるべく20時以降は食べない」が夕食のルール。焼くだけ、煮るだけ、といった和食が多いのですが、砂糖を味付けに使うことは少ないです。よく使う調味料は、海塩、塩麹、しょうゆ、しょうゆ麹、みりん、味噌、コショウ、ハーブ、酢などですね。

油は、非加熱のオリーブオイル、マカダミアナッツオイル、ごま油、ココナッツオイル、グラスフェッドバターなどを常備。加熱で栄養素が損なわれてしまうものはサラダやマリネなどに振りかけ、熱に強いものは調理にも、と使いわけています。

取材・文/岩垣良子 撮影/瀬尾直道


●20kg痩せのダイエット美容家・本島彩帆里さんがマッサージ法を伝授

●マネしてスリムに!ミランダ・カーの【美痩せ習慣】12選
●太もものセルライトやむくみを撲滅!脂肪を燃焼させる美圧マッサージ
●ツボを刺激して、脂肪を撃退!「腎マッサージ」でお腹痩せを実現

●痩せの基本は睡眠!お風呂上がりの「代謝UPリンパマッサージ」で眠活

今回のスリム美人:本島彩帆里さん

もとじま・さおり。ダイエット美容家。自身も産後1年3か月で20kgの減量を達成した経験あり。元エステサロン店長で、オールハンドのマッサージを中心としたボディメイク法に定評がある。

現在は、約28万人のフォロワーを誇るインスタグラム(@saoooori89)をはじめ、各種メディアでダイエットや美容に関する情報を発信『もんでヤセない身体はない 燃焼系 「美圧」マッサージ 』(KADOKAWA)をはじめ、著書多数

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. 真面目な意見 より:

    タイトルに「産後」とありますが産後にしたという「ながらエクサ」に関する詳しい記述はありません。

    ここで紹介されている内容は産後には無理です。もしやったら危険なレベルです。プロでも無理です。

    産後に入浴剤入りのお風呂にゆっくり入るなんて、その間、子供はどこにいるんですか?まさか入浴剤入りのお風呂に一緒に入るんですか?

    産後の場合、必ず誰かの協力と理解を得た上で凄く強い意志を持ってやっとできることです。

    本島彩帆里さんは産後に20キロ痩せた経験があり、それとは別に産後ではない状態でこの記事の内容の事を実践しているのでしょう。

    本島さんが悪いわけでなはく題名や記事の書き方です。
    誰に向けて何のために書かれた記事なのですか?
    産後の人は読んで「無理でしょ」と不快になりますし、産後ではない人に対して書いているのであればわざわざ「産後」の記述を入れる意味がありません。「産後にしたこと」と理解されては危険です。

    これでは読者も本島さんもかわいそうです。

    39+

  2. k_2308 より:

    プロはこういう生活ができるのかもしれないけど、一般の主婦はパーソナルトレーニングなんて受ける余裕ない!7時間の睡眠も.お風呂に入るタイミングも、子供次第でこんな風にいかないし!
    なんだか、ちょっと嫌な気持ちになる文章…

    27+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事