気分に合わせて“静と動”のプログラムをチョイス!2つのスタジオをもつ「BALANCE GINZA」を【体験レポ】

心を落ち着けて自分と向き合いたい日もあれば、ハードな運動で自分を追い込んでスッキリしたい日もある。それなら、こんなスタジオはいかが?

自然光で明るいスタジオに2本のハンモックがぶら下がっている

2018年7月24日(火)に東京・銀座にオープンした「BALANCE GINZA powered by BEST STYLE FITNESS(バランス ギンザ パワードバイ ベスト スタイルフィットネス)」。こちらは、ヨガプログラムをメインに行う「Yin(イン)スタジオ」とバイクプログラムがメインの「Yang(ヤン)スタジオ」の2つをもつコンセプトスタジオとなっている。

「Yinスタジオ」は、自然光が心地よい木の温もりを感じることができる空間。こちらでは、ハンモックを使った「アンティグラビティヨガ」や、呼吸法を重視して精神と体のバランスをとる「バランスヨガ」、自然音のなかで瞑想をするように行う「サウンドメディテーション」などのプログラムを受けることができる。

トレーニング用のバイクが並ぶ、暗いスタジオ

一方、最先端のIC7(アイシーセブン)インドア・サイクルを設えた「Yang(ヤン)スタジオ」は、ダンススタジオのようなクールな空間で、光と音が気分を盛り上げてくれる。最新音響システムを搭載したこのスタジオでは、5色のLEDライトのなかでバイクを漕ぐ「カラーズ」や、バイクエクササイズとダンスを融合させた「デジャヴ」、ハウスミュージックのなかでアクティブに動く「ハウスヨガ」などを行う。

そこで、リズム感ゼロの30代編集Oが、ダンスを取り入れた「デジャヴ」と「ハウスヨガ」のショートプログラムを体験! ダンス経験は高校時代の体育のみ、という編集Oの感想は…?

* * *

清潔感ある更衣室と日差しが心地よいベランダが◎

柔らかい照明が設置されたロッカールーム前

プログラムを体験する前に、まずは7階のロッカールームへ。リラクゼーションサロンの「クイーンズウェイ」が運営する「Queensway Square(クイーンズ スクエア)」に入っているスタジオだけに、シンプルながら温かみがあって、女性ウケしそうな空間になっている。

鏡台が並ぶパウダースペース

部屋の中には、ロッカーが60個ある。縦に大きいロッカーだから、収納力も抜群。また、シャワーブースが6台、ドライヤーが設置されたパウダーブースは10席あるので、レッスン後もバタつかずに身支度ができそう。

机と椅子があるテラス

また、ロッカールームと繋がっているベランダにはテーブルが2台、椅子が8脚置いてある。レッスン前後にここでゆっくりと過ごすのも◎。今後は、外でのヨガレッスンも行う予定なのだとか。

それでは、着替えを済ませて、いよいよレッスンに参加!

全身を使って行うバイクエクササイズの「デジャヴ」

暗闇の中でバイクに乗る女性たち

まずはダンス要素を取り入れたバイクプログラムの「デジャヴ」から。通常は45分のレッスンだけれど、今回は20分の短縮バージョンで体験することに。

負荷を調整するレバーの操作方法のレクチャーなどを受けて、バイクに慣れることからスタートする。負荷を重くしたり軽くしたりして、ウォーミングアップしていく。ほどよく体が温まったところで、ノリノリのダンスミュージックの中でバイクを漕ぎながら、インストラクターの和加(のどか)さんの動きに合わせて、腕を広げたり、体に添わせたり、くねくねと上半身を動かしたり…。

クラブに行ったこともないし、どちらかというとオタクだし、セクシーさとは無縁の世界で生きてきた私としては、「なんかこれ、めちゃくちゃ恥ずかしい…!」

バイクに乗り、腕を広げる女性たち

動きがあまりにもぎこちない私は、周りの参加者と比べて浮きまくっていたけれど、イケメン系女子の和加さんの眩しい笑顔に励まされながら、なんとかついていく…。

ハンドルから手を離すときに体幹を使って上半身を支えたり、途中で負荷をあげて立ち漕ぎをしたり、と徐々にきつくなってきて、そのうち恥ずかしさも忘れて必死に。20分のレッスンにもかかわらず、終わるころには汗だくになっていた。

バイクをこぐ、白いTシャツの女性

バイクを漕ぐ動きで、大きな筋肉が集中する下半身を中心に使いつつ、上半身も柔軟に動かすし、体幹もしっかり使うので、これはダイエットにも効きそう!

太陽礼拝をメインにテンポよく動く「ハウスヨガ」

頭上で手を合わせる女性たち

同じスタジオに、今度はヨガマットを敷いて、Avi(アヴィ)さんがインストラクターを務める「ハウスヨガ」がスタート。最初に腕や脚をぶらぶらさせて体をほぐすというところから、一般的なヨガと違って、アクティブな感じ。

そして、立ったままでレッスンが始まる。腰に手を当てた状態で、背骨がうねるように上半身を動かしたり、脚を前後に開いた状態で上半身を滑らかに上下させたり、確かにヨガというより、ちょっとダンスっぽい動きかも。

それでも、ダンスと比べたらスローテンポなので、リズム感のない私でも、動きに応じて使っている筋肉を意識しながら行うことができた。

ヨガのポーズをとる女性たち

後半は、座りポーズに突入。とはいえ、四つん這いのポーズで対角線にある手と脚を伸ばしてバランスをとる「キャットスプリットのポーズ」からなので、ここでも体幹で体を支えなければぐらついてしまう。これは、まだまだ筋トレモード。

片脚立ちでポーズを決めるインストラクターと生徒

そのあと、四つ這いで背中を上下させる「キャット&カウのポーズ」や「ネコ伸びのポーズ」、「チャイルドポーズ」でちょっとリラックスモードに。ラストスパートは太陽礼拝を何度か繰り返し、バランス系の立ちポーズで締め。こちらも通常より短いレッスンなので、ご紹介したのはごく一部のポーズだけれど、45分のクラスを受けたら、やりきった!という満足感を得ることができそう。

このプログラムは、普段から運動をしている人や、体をほぐしつつ筋肉も鍛えたい、という人にぴったり。もちろんリラックス系のヨガプログラムも充実しているから、心身を解放してヨガを楽しみたい、という人は公式サイトのスケジュールの確認を。

同ビルにはリラクゼーションサロンも入っているから、運動を頑張ったご褒美にリフレクソロジーやボディケアを予約しておくのも手かも。8月31日(金)までは、2160円で好きなレッスンを3回受けることができるキャンペーンも行っているから、ぜひチェックしてみて。

観葉植物とスタジオロゴの入った壁

【データ】
BALANCE GINZA powered by BEST STYLE FITNESS(バランス ギンザ パワードバイ ベスト スタイルフィットネス)
住所  :東京都中央区銀座3-2-9 Queensway SQUARE 5〜7階
電話  :03-5250-7223
営業時間:7:00〜23:00、日・祝 9:00~21:00
料金  :[バランスフリー会員]1万8900円、[バランススタイル会員]1万6800円、[バランスデイ会員][インスタイル会員][ヤンスタイル会員]各1万3500円ほか(別途、[入会金]1万800円、[事務手数料]3240円)
アクセス:東京メトロ「銀座」駅徒歩1分
https://bsf-balance.jp/

【関連する記事をチェック!】
【体験レポ】ビーチ気分!サーフエクササイズで体幹を強化
テラスやプロジェクションマッピングが楽しい新ヨガスタジオ「LOIVE-plus-」がオープン!
キックボクササイズで脂肪燃焼!「ミットネス」のレッスン体験をレポート
糖質制限のコツを伝授!スパルタ式料理教室「ライザップ クック」を【体験レポ】
チーズ専門家が伝授!ラクレットで「低糖質ダイエット」を叶える方法

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. さやか より:

    バイクエクサに物足りなさを感じていたけど、これなら楽しくできそう。しかもヨガもできるスタジオなら一石二鳥ですね。

    0

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事