【熱帯夜の快眠】エアコンの適正温度は26℃、お風呂は38~40℃に10分がベスト

今年の夏は気象庁が「一つの災害と認識している」と語ったほどの猛暑。夜間の気温が25度を超える夜を熱帯夜というが、夜9時を過ぎても気温30℃を超える地域もある。エアコンを消して窓を開けて寝ても涼しさはない。日中の40℃近い暑さのせいで、体の表面で熱を充分に放散できないため体温が下がらず、寝つきも悪くなり、睡眠は浅く、寝苦しい夜が続く――。

布団で眠る女性

熱帯夜でも「快眠」するには?(写真/アフロ)

「夏に快眠するなら、冷房は日中より低い温度設定でつけっぱなしにしてください」

そう話すのは、睡眠専門医の坪田聡医師だ。

環境作りとリラックスによる「深部体温」コントロールが効果的

「日中は体を動かしているため、深部体温(脳や内臓などの体内の温度)が高まっているので少し高い室温設定でも大丈夫ですが、睡眠時は深部体温が下がります。この深部体温が下がる時に眠気が起こるので、夜のエアコン適正温度は、昼の適正温度の『27℃』よりも1℃程度下げた『26℃』がいいでしょう。寝室の温度を下げるタイミングは寝る1時間前がベストです。天井や壁を冷やし、輻射熱を避けるためです」(坪田医師・以下「」内同)

快眠のために大切なのはエアコンのタイミングだけではない。食事や運動、部屋の明るさも関係する。

「食事は寝る3時間前までに済ませてください。消化するために内臓が活発に動き、深部体温が上がるので、寝る直前の食事は控えるべきです。軽いウォーキングなどの有酸素運動は寝る1時間前までであればリラックスにつながり効果的です。お風呂は寝る1時間前、38~40℃に10分つかることで深部体温が一時的に上がり、冷めていく過程で眠気が生まれます。

また寝る前に強い光を浴びるのはご法度です。目安は500ルクス。一般家庭のリビングで”まぶしい”と感じない程度が100~300ルクスです。コンビニなどは1500ルクス以上なので、寝る前に行くのは避けてください」

就寝時に向けて深部体温が下がっていく環境を作り、リラックスすることが大切だ。

「興奮して交感神経が優位だと、なかなか寝つけません。眠る1時間前から、読書をする、音楽を聴く、アロマをたくなど、自分なりのリラックス方法をルーティンにするのが効果的です。眠れないと悩む人も大勢いますが、気にしすぎないことも大切です。暑い時期は睡眠時間は減るものです。昼寝で補うのもいいでしょう」

※女性セブン2018年8月9日号

【関連する記事をチェック!】
新垣結衣と小松菜奈、竹内結子と黒木メイサも!服がかぶっちゃったスタイリング対決
上質の睡眠を生む【お風呂美容】リラックス効果抜群の「快眠コスメ」7選
上質な眠りで脂肪燃焼を促進!「快眠グッズ」15選
睡眠不足はデブの原因に!美痩せに必須の睡眠を知る「おいしく学ぶクビレ女子会」レポート
睡眠不足はダイエットの敵!睡眠負債に効く「寝室環境」4つのポイント

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. しょうたろ より:

    元々、熱いくらいのお湯が好きだったけど、子供が生まれて39度とか40度とかのお風呂に入るようになって、なんだか体調がいい気がする。

    0

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事