【芸能人の整形事情】頬のリフトアップ、最新「あごヒアルロン酸」で整形美人に!?

メイク、ファッション、ダイエット、エステ――美へのアプローチはさまざまなやり方がある。最近は「美容整形」が身近になり、憧れの顔やスタイルになり得るゴールまでの距離がより近くなったともいえる。

注射をされている外国人女性

整形が身近になり、カミングアウトする有名人も増えた(写真/アフロ)

昨年、国際美容外科学会が発表した調査結果によると、「2016年にもっとも美容処置(外科的、非外科的処置を含む)が行われた国」の1位がアメリカ、2位がブラジル、そして3位が日本。日本は世界的な「美容整形大国」となった。

プチ整形を告白する有名人も

「美容整形クリニックがいちばん混雑するのは3月。就活に向けて整形する学生が殺到するんです。親御さん同伴で来院することも多く、本人よりも親の方が熱心な場合もある。また、“成績にかかわるので顔の印象をよくしたい”という営業職の人にも人気です。女性だけでなく、ヒゲの永久脱毛などを受ける若い男性も増えていますね」(美容ライター)

整形が身近になったことで、一般人も有名人もカミングアウトをする人が増えたという。堀ちえみ(51才)や青田典子(50才)、西川史子(47才)のプチ整形告白は知られたところだが、最近では6月6日に『ノンストップ!』(フジテレビ系)で、矢部みほ(41才)が二の腕の脂肪吸引手術を受けたと語り、7月15日には恋愛バラエティー番組『あいのり』(フジテレビ系)に出演していた人気ブロガーの桃(33才)が整形した二重まぶたを指さした写真を公開。手術前後の写真や整形後の経過についても赤裸々に明かしている。

左から、堀ちえみ、青田典子、西川史子の顔写真

堀ちえみ、青田典子、西川史子(左から)

自己判断でやると失敗し逆に劣化してしまうことも

美容整形の経験がある芸能人は彼女たちだけではない。都内にある美容整形クリニック「A」のスタッフが語る。

「先日うちのクリニックに来たのは、あの人気アイドルグループの中でもトップ人気のSちゃん。頬のリフトアップのために来ていました。気に入ってくれたのか、同じグループのメンバーにも紹介してくれて、今では常連も多いです。ただ手術を重ねるうちに感覚が麻痺してしまうのか、なかには別人のような顔になっていくコもいて…。事務所の人やマネジャーには相談せずに来ているみたいです。正直、自己判断だけで美容整形を受けると、顔全体の印象がガラッと変わってしまい、不自然な変化になってしまうことが多い」

「顔が変わった」と噂され、ネット上でビフォーアフター画像が作られる芸能人は数えきれないほどいる。

「確かにメイクでの変化もありますが、少しずついじっている人は多いですね」と語るのは別の美容クリニックBに勤めるスタッフ。

「アラフォー女優のHさんは、最近、整形したのではないかと盛んに言われていますが、確かに唇にヒアルロン酸を入れて、上唇を以前よりふっくらとさせました。同じクリニックでヒアルロン酸を注入した別の女優Hさんと顔が似てきたとも評判です」

頬のヒアルロン酸を求める芸能人が多数

宝塚出身の大女優が訪れたというクリニックCのスタッフはこんな話を明かす。

「みんなとにかく頬にヒアルロン酸を入れたがるんです。元アイドルで人気女優NさんもMさんも元宝塚女優も、独特なトークが人気のYさんもそう。しかもほとんどが同じクリニックに通っているから、みんな頬がツヤップリッとした“アンパンマン顔”になっていますね。他のクリニックの先生から“そちらでやるとみんな似るよね(笑い)”と言われたことは1度や2度じゃありません。実際、本人の希望でやりすぎてしまう人も多いんですよね…」

逆に、ナチュラルな仕上がりで、美容関係者を感心させている芸能人もいる。都内にある美容整形クリニック「A」のスタッフが語る。

「男性トップアイドルのKさんは整形で成功したタイプ。もともとは一重まぶたですが、末広形の二重にしたおかげで人工的な感じが少ない。以前は幅が広く線が平行型の二重が人気でしたが、最近は“やりすぎに見える”ということで、敬遠する人が多いんです。

整形クリニックのスタッフの中でも成功例として語られるのは、超大物女性アーティストのAさんや最近よく出ているお騒がせ系女優のSさん。かなり腕利きの医者の仕事だと思います」

整形というと目や鼻筋をイメージするが、意外なところに手を加える人も多い。別のクリニック「B」のスタッフはこう語る。

「大御所女優のKさんは、加齢とともに骨ばった印象になってきたのを気にしてか、手の甲をふっくらさせるためにヒアルロン酸を注射したそうです。また、最近人気なのが『あごヒアルロン酸』。日本人はあごが丸い人が多いのですが、ヒアルロン酸を注入してシャープにすることで、のっぺりした印象から一気に垢抜けた印象になる。若い女性が憧れる顔ランキングの常連でもある女優のSさんはこの施術を受けました」

リフトアップや二重切開してもメンテナンスは必要

ただし外科手術以外のプチ整形は、一度受けたとしてもずっと“その顔”でいられるわけではない。別のクリニック「C」のスタッフはこう語る。

「ヒアルロン酸やボトックスは体に吸収されるので、その状態をキープするためには、1年、または数年単位で繰り返し注入しなければなりません。リフトアップや二重切開も年齢とともに皮膚がたるんでくるので、時折調整が必要になります。ただし、この“調整できる位のレベル”がナチュラルな感じを醸し出すんですよね」

ナチュラルに見えることと、本当のナチュラルは違うということのようだ。

※女性セブン2018年8月2日号

【関連する記事をチェック!】
【体当たりレポ】数週間でキュッと小顔に!「ボトックス注射」を体験
【体当たりレポ】「ヒアルロン酸注入」で若返り&顎をシャープに!
63歳スーパーモデル、クリスティ・ブリンクリーが整形を公表
女優のアンナ・ファリスが衝撃告白「豊胸手術は最高の気分
ライザップ初の美容マシンも!美ボディも美肌も手に入れる女性専用スタジオが新宿にお目見え

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. 噂好きな高木さん より:

    「人気アイドルグループの中でもトップ人気のSちゃん」が気になって仕方ない……

    1+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事