クロエは3か月で約15kg減!カーダシアン5姉妹の【ダイエット法】

カーダシアン姉妹の長女であるコートニー・カーダシアン(39歳)は、身長5フィートほど(約152cm)で体重は98ポンド(約44kg)。

白いTシャツにグレーのミニワンピを合わせたコートニー・カーダシアン

Kourtney Kardashian Picture by: Lauren / Splash News

産後5か月で約16kg!【長女・コートニー】は厳しく食事制限

3児の母であるコートニーは、5か月で約16kg減の産後ダイエットを叶えたことも。コートニーは、2017年から医師の勧めに従って、「ケトン体ダイエット」を食事の基本に据えている。米国の『PEOPLE(ピープル)』誌によると、コートニーの食事ルールは、以下のようなもの。

□ 砂糖、ソーダ、乳製品、グルテンを含む食材、加工食品はNG
□ 食材はオーガニックがマスト
□ 朝いちばんに小さじ1杯のギーを飲んで、満腹感をアップ
□ 大さじ2杯のリンゴ酢入りの水を日に2回飲む
□ きゅうり、レモン、ライム、しょうが、ミント、ヒマラヤの塩を加えた水でデトックス

コートニーは5姉妹でもっとも食事面に厳しいようで、「食材はオーガニックがベストだけれど、徹底するのはなかなか難しいものよね。でも、私がたまに冷蔵庫にオーガニックじゃない食品を入れていると、コートニーが全部捨てちゃうのよ!」と、かつてクロエは『PEOPLE』誌に話していた。

しかし、さすがにやり過ぎを実感したのか、今年4月18日(水)、コートニーは、「グルテンを含む食材や乳製品を日々、少量は摂るようにする」と自身のアプリで公表。インスタグラムにもピザやフォッカッチャを食べる姿を投稿しているみたい。

縄跳びなどの「有酸素運動」+高強度の「筋トレ」で引き締め

一方、運動への意欲は低く、「3人の子どもを抱えているから、運動する時間はなかなかとれない」と『E!NEWS』に話していたコートニー。けれども2017年からは週に4、5日はワークアウトに励むようになったとか。

軽いランニングか縄跳びをしてから、レジスタンスバンドやピラティスのリフォーマーで高強度の筋肉トレーニングをするのが、コートニーの定番。さらに旅行中にもビーチでパワー・ウォーキングや筋トレをしたり、と休まずトレーニングしている。メリハリボディを維持しているのにも納得!

産後32kg減!【次女・キム】はアトキンス・ダイエットに夢中

黒い下着姿のキム・カーダシアン・ウエスト

次女のキム・カーダシアン・ウエスト(37歳)は、歌手のカニエ・ウエストとの間に2児を設けている。第2子のセイントの妊娠中に約60ポンド(約27kg)増となったが、出産半年後の2016年6月にはこれをすっかり解消。さらに10月には「約70ポンド(約32kg)の減量に成功した」と『PEOPLE』誌に報告した。

キムのダイエット成功は、低糖質ダイエットの一種である「アトキンス・ダイエット」のおかげとか。これは1日の摂取カロリーは1800kcal、導入期には糖質摂取量を20gに抑え、次第に増やしていくというダイエット法。キムはこれを2013年に長女・ノースを出産時から実践している。

Kim Kardashian Westさん(@kimkardashian)がシェアした投稿

さらにキムは日常的にワークアウトにも取り組んでいる。ただし、クロエがテレビ番組『The Ellen Show(ザ・エレン・ショー)』で語ったところによると、キムのワークアウトは自分に比べると全然軽いものなのだとか。

「私がガツガツ運動しているってこともあるけれど、私が20分のストレッチを終えた頃に、キムはようやくやってくる感じよ。管理栄養士によると、キムはフェラーリで私はホンダのシビックってくらい私たちの代謝量には差があるらしいの。本当にうらやましいわ!」

日々のエクサは11分【四女・ケンダル・ジェンナー】は世界一稼ぐモデル

紫のレースのボディースーツで横たわるケンダル・ジェンナー

四女のケンダル・ジェンナーは、ランジェリーブランドの「ヴィクトリア・シークレット」をはじめ、人気ブランドのショーで活躍するトップモデル。2017年には15年間、その座を守ってきたジゼル・ブンチェンを退けて、”世界一稼ぐモデル”の座についている。

ジムでワークアウトやキックボクササイズをすることもあるケンダルだけれど、むしろ堅実に”宅トレ”を続けていることで有名。そのルティーンはたった11分なのに、効率よく全身を鍛えることができるというから、取り入れたい。

ショー前の秘密兵器は、レモングラス入りのデトックスティー

ケンダルは食事にはさほどの制限を設けていないようで、英国の新聞『The Daily Mail(ザ・デイリー・メール)』によると、食事写真の共有アプリ「WineNDine(ワインダイン)」には、ピザやパスタ、アイスクリームなど割と高カロリーなものも投稿している。

といっても、2016年に女性誌『Haper’s BAZAR(ハーパーズバザー)』にケンダルが明かした食事内容は、昼食は脂肪分が少ない鶏肉とブラウンライス、おやつはフムスと生野菜が定番、と基本的にヘルシー。

またショーの前には、気合いを入れてデトックスも。『E!NEWS(イー・ニュース)』によると、ケンダルはショーの期間、レモングラス入りの緑茶「Kusumi Detox Tea(クスミ・デトックス・ティー)」を1日12杯も飲むのだとか!

【五女・カイリー・ジェンナー】妊娠・出産も体型に影響なし?!

黒いトレーニングスーツのカイリー・ジェンナー

五女のカイリー・ジェンナーはモデルとして活躍しながら、自身のコスメラインを展開。まだ20歳のカイリーはさほど体型を気にする必要は感じていないようで、ワッフルやドーナッツが好物と知られている。

とはいえ「ここ数年はヘルシーな食生活を心がけている」というカイリーの食事内容は以下。

□ アレルギーと判明したため、乳製品はNG。豆乳やアーモンドミルクで代替
□ 朝食の定番は、アボカドトースト、ワッフルやベーグル
□ 昼食は、コールドプレスジュース、鶏肉とケールのサラダ、グアカモレをのせたタコス
□ 夕食には、野菜を添えた鶏肉か魚、ロケットパスタや寿司など
□ デトックスティー「Fit Tea Detox(フィットティーデトックス)を愛飲

カイリーは運動嫌いとしても有名。「カイリーが私とコートニーのトレーニングについてきたことがあったのだけれど、4パートに分かれたセッションのうち、カイリーは1パートしか参加しなかったのよ」と、クロエが自身のアプリでこぼしていたことも。

苦手だった食事制限や運動に取り組み、産後ダイエット!

Kylieさん(@kyliejenner)がシェアした投稿

そんなカイリーは、今年2月1日(木)に恋人トラヴィス・スコットとの間に娘・ストーミを出産。妊娠で約40ポンド(約18kg)増となったカイリーは、産前の体型に戻るべく、食事・運動面を大改善!

英国のゴシップ誌『OK magazine(オーケーマガジン)』が報じたところによると、週に5回、有酸素運動とウエイトトレーニングに張り切っているそう。カイリーは2015年に姉たちに勧められた、ウエスト周りを引き締めるダイエットバンドすら身につけているのだとか。

食事の面では揚げ物や糖質を避け、オーガニックの魚や鶏肉を食べ、1日1000kcal以下に。そんな努力の甲斐あってか、カイリーのセルフィーを見る限り、すでに腹筋もしっかりと引き締まっている。

大減量を狙っている人は、カーダシアン姉妹のダイエット法をご参照に!

※この記事は抄訳です。

【関連する記事をチェック!】
産後28kg減のブレイク・ライブリー、実際にした【ダイエット法】は?
産後のクロエ・カーダシアン 低炭水化物ダイエットに専念
失恋した女性が大変身!クロエ・カーダシアンの『リベンジボディ』が放送続行へ
エクササイズは1日2回!クロエ・カーダシアン、ダイエットのコツを語る
驚異の約36kg減!ジェニファー・ハドソンの【激痩せダイエット法】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. 西麻布妻 より:

    産後すぐ3ヵ月でそんなに痩せて大丈夫なの?と心配に…。

    でも食事も運動も人一倍気を付けて減量したんですね。一般人にはなかなか真似できない。有名人の努力は凄いの一言。

    0

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事