8月11日は「山の日」!アウトドアでのメイク&ケアを学習

bihaku_hoshitsu

帰宅後のスキンケアのポイント

保湿や美白で紫外線をたっぷり浴びた肌を集中的にケアしましょう。美白に効果があるといわれる食材を使った食事を摂って、内側からキレイを回復するのもおすすめです。

【1】肌のほてりが落ち着いてから保湿ケアを
1日中紫外線を浴びた肌は、予想以上に潤いが失われています。特に肌が赤くなって炎症を起こしている場合には、まず水などで冷やしてクールダウン。炎症が治まったら肌に水分、油分をしっかり補い、丁寧な保湿ケアを。

化粧水をたっぷりコットンに含ませて肌に貼るコットンマスクやシート状のマスクがおすすめです。乳液のコットンマスクも肌の潤いキープ力と回復に役立ちます。

【2】美白ケアを集中的に!
肌に日焼けが定着するのは72時間といわれています。そのため、美白の集中ケアをすばやく行うのが重要。例えば、美白効果のある化粧水や乳液や、スペシャルケアの美白美容液を追加したり、美白の集中マスクを使ったりしましょう。

そして、お手入れの最後には、ハンドラッピングを。目を閉じて手のひらで肌を包み込みながら、ゆっくりと呼吸して肌になじませてください。 化粧水や美容液の浸透を助けるうえ、リラックス効果も期待できます。

【3】体の内側からも美白を
アウトドアレジャーの後の食事には、シミの予防・回復に効果があるといわれる「ビタミンC」や、肌の新陳代謝を整え、紫外線に対する抵抗力を助けるという「ビタミンA」を含む食材を取り入れましょう。

また、ダメージを受けた肌内部の回復には、「コラーゲン」も効果的。その生成に欠かせない「ビタミンC」を一緒に摂りましょう。食事以外にサプリメントを摂るのも一手です。

【データ】
出典:山ガール必見!アウトドアレジャーを楽しむためのスキンケア 万全な”紫外線対策”と丁寧な”保湿・美白ケア”(株式会社資生堂)
http://www.shiseidogroup.jp/?rt_pr=tr614

【関連する記事をチェック!】
専門家に聞く!エイジングを防止する「紫外線&スキンケア」の基礎6つ
日本人の肌をさらなる高みへ!「SHISEIDO」が春の新商品発表会を開催
トレッキングから本格登山まで山歩きの必須グッズを紹介
【心理テスト】あなたを輝かせてくれるアウトドアスポーツ
タオルやボトルetc. ジム通いが楽しくなる便利雑貨

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事