遼河はるひさんの美を保つルール「あえて炭水化物や糖質は抜かない。必ず1日3食摂る」

年を重ねるごとに美しさを増す、そんな女性が増えてきた。遼河はるひさん(42才)もその代表格だろう。

遼河はるひの美ボディーの秘訣は、股関節ストレッチとウォーキング

宝塚時代は男役として活躍した遼河さん。引退後は現役時代の筋肉質な体形から、ほどよい丸みのある女性らしいボディーラインへと変化を遂げた。健康的で内側からもハツラツと美しい女性になりたいと、糖質抜きなどもしないという。

「食事で何かを抜くと、どうしてもストレスが溜まるので…」

気を付けているのは1日3食きちんと摂ること。食べながら、野菜不足などを補って調整する。靴はいつでもウォーキングができるようにスニーカー派。仕事帰りはできるだけタクシーに乗らず一駅分歩くなど心掛ける。

宝塚時代から続けている股関節ストレッチは、そのときの自分の調子を知るための習慣。

「体を伸ばして痛い所があればそこが疲れている証拠」

自分の体の声に敏感でいることで、健康的かつ内側からの美しさも保っている。そんな遼河さんに、美を保つためのこだわりルールを聞いてみた。

ストレッチ

【1】両足の裏をつけて、かかとを自分側へ引き寄せる。そのまま膝を上下させ、股関節を伸ばす。「膝を軽くパタパタさせてください。股関節を柔らかくすると腰痛に効果的ですよ」。

【2】膝を伸ばしたまま、できる範囲で開脚。お腹を前に出すイメージで腰を立て、上半身を横に倒して体側を伸ばす。「体を倒す際、上半身は正面に向け、脇腹をしっかり伸ばすこと」。

スニーカー

仕事の移動中やプライベートの靴は常にスニーカー。

「ジムに行く時間が作れないので、歩きたいと思ったとき、すぐ行動できるように。ヒールだと甘えちゃう」

食事

「あえて炭水化物や糖質は抜かない。必ず1日3食摂ります。食事内容も偏りがないように。バランス食でエネルギーや代謝をアップし、肌の調子も整えます」

遼河はるひ(42)

女優、タレント。元宝塚歌劇団月組の男役として活躍。現在はTVや舞台で活躍。料理上手で知られ、著書『遼河はるひのフリーザーバッグまる活ごはん』(KADOKAWA)も好評。

撮影/玉井幹郎

※女性セブン2018年7月19・26日号

【このシリーズの他の記事を読む!】
前田典子さん52才、美の秘訣はファイティングエクササイズ!
釈由美子さんがスタイルキープのために欠かさず行う体幹トレーニング法
モデル・アン ミカさんの美ボディーを作る3つの美の習慣
モデル・仁香さんが目指すのは「触りたくなるボディー」!
51才の早見優さんが体形&美の維持のためにやっている3つのこと

【関連する記事をチェック!】
仲里依紗が得意の三転倒立ほかトレーニング姿を披露!美ボディを保つ秘訣も告白
内田理央さんの【美痩せ習慣】運動嫌いでも「できることをコツコツ」で美ボディキープ
人気タレントほのかの【筋活レポ】美ボディの基礎は体幹!
小泉、森高もミニスカ「年齢に見合った服」という概念に変化
45分で効率よく美ボディに!筋トレ&ヨガを融合させた「STYLE UP YOGA」を【体験レポ】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. 田中さん より:

    遼河さんはヒールでビシっとしている印象を勝手に持っていたので、
    「仕事の移動中やプライベートの靴は常にスニーカー」「ヒールだと甘えちゃう」というのが良い意味で意外でした。

    大事な時にヒール姿がカッコよく見せられるよう、普段は地道な努力ですね。

    0

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事