約20kg減でリバウンド地獄から脱出!クリスティーナ・アギレラの【ダイエット法】

米国のシンガーソングライター、クリスティーナ・アギレラ(37歳)は、2013年になんと46ポンド(約20kg)の減量を達成!

ヴォーカル・オーディション番組『ザ・ヴォイス』で審査員を務めたクリスティーナ・アギレラ

それまで太ったり、痩せたりを繰り返していたクリスティーナは、映画『バーレスク』(2010年公開)のためにダイエットを成功させたものの、その後、離婚を経験したせいか、2012年頃には20代ながら”おばさん体型”としか言いようがない状態に…。

でも、このときの減量以降は深刻なリバウンドにはいたらず、なんとか体型をキープしているよう。さっそくクリスティーナのダイエット法をチェック!

【ダイエット成功の秘訣01】食事は低糖質で1日1600kcal

Fresh Meal Planさん(@freshmealplan)がシェアした投稿

食事面でクリスティーナはデリバリーフードの「Fresh Diet premium(フレッシュダイエットプレミアム)」を利用。こちらでは、パレオダイエットケトジェニックダイエットなど、6種類のミールプランを用意していて、英国の新聞『The Daily Mail Online』によると、クリスティーナは中でも低糖質で1日1600kcalのプランを使ったとか。

ちなみに、クリスティーナは2010年、映画『バーレスク』に出演するために大減量を成功させたことも。このときには小麦粉、白米、砂糖といった”白い粉”を排除。全粒粉を使った食品と脂肪分が少ないたんぱく質を取り入れた食生活を送ったそう。

いずれのときもたまには好きなものを好きに食べる”チートデー”を設けているのが、食事制限が続くコツかも!?

【ダイエット成功の秘訣02】運動は有酸素運動→筋トレの順で

Christina Aguileraさん(@xtina)がシェアした投稿

クリスティーナは5年ほど同じトレーナー、ティー・ソージュ(Tee Sorge)とワークアウトに励んでいる。2013年時の減量時に実際にクリスティーナがどんな運動をしたかは不明。ただし、ソージュは2010年の減量時にしたトレーニング内容は明かしている。

女性向けウェブ媒体『POPSUGER(ポップシュガー)』の説明によると、このとき、クリスティーナはトレーニングは週に2〜5回。トレッドミルで10分間走って体が脂肪燃焼しやすい状態にしてから、5〜15ポンドのウエイトを持っての「バックランジ」や、300〜500回の「シットアップ」などの筋トレに取り組んだとか。

脂肪をしっかり燃焼したいのなら、この順でのトレーニングを試してみよう。

【ダイエット成功の秘訣03】ヨガで穏やかな心をキープ

Christina Aguileraさん(@xtina)がシェアした投稿

英国の新聞『Business Standard』によると、クリスティーナは週に3回、”Reiki (レイキ)”のプライベートセッションを受けていたのだとか。これは日本生まれのスピリチュアルなヒーリング法で、エネルギーの循環を促してくれる…と同紙ほかの欧米メディアは報じているけれど、本当に??

とはいえ、穏やかな心をキープすることはクリスティーナのダイエットにプラスに働いているよう。ダイエット成功後の2014年にクリスティーナは第2子を妊娠・出産したけれど、こ『E!News(イー!ニュース)』がクリスティーナに近い筋から聞き出したところによると、彼女はなんと妊娠中にもしっかりとヨガに励んでいたのだそう。

「クリスティーナはヨガが見た目と内面の両方に与える影響に満足しているようです。ヨガをしていると、穏やかな気分で自分のセンターがよくわかるのだとか。クリスティーナは本当にヨガに夢中ですね」と、情報源は説明していたそう。

クリスティーナ自身も女性向けのヘルス誌『Women’s Health(ウィメンズ・ヘルス)』のインタビューで、1回1、2時間のビンヤサヨガのプライベートセッションを受けていること、これがメンタル面での大きな助けとなっていることを説明している。なにかあるとやけ食いしてしまう…というダイエッターはクリスティーナを見習うのがオススメかも。

【関連する記事をチェック!】
約27kg減でリバウンドなし!ジェシカ・シンプソンの【ダイエット法】
たった2か月で約15kg減!マイリー・サイラスの【即痩せダイエット法】
わずか10日間で約9kg減!歌姫ビヨンセの【緊急ダイエット法】
ダイエットエキスパートが伝授!美脚や美尻、痩せ体質を叶える【壁トレ】6選
毎晩5分でお腹引き締め!下半身痩せにも役立つ【夜活ヨガ】3選

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事