そうめん、冷奴など使い方万能の「薬味浅漬け」!体を冷やす効果も

新鮮な夏野菜は、そのまま食べてもおいしいけれど、調味液にちょこっと漬け込むだけで、味にバリエーションが生まれます。トマトやゴーヤーも、買い置き調味料で漬け込めば、ワンパターンな味つけから脱出! パパッと作れるオリジナル“浅漬けの素”を試してみて。

にんじん、トマト、ゴーヤー、アボカドの即席“漬け込み”レシピをご紹介!

にんじん

にんじんの洋風浅漬け

■和風/マヨネーズ+酢+みそ
(3~4人分)

【1】にんじん1本は厚さ3mm、長さ4cmの短冊切りにする。
【2】ボウルに、マヨネーズ・酢各大さじ2、みそ小さじ2、砂糖小さじ1を入れて混ぜる。
【3】ポリ袋に【1】と【2】を入れて軽く揉み、空気を抜いて口を結び、冷蔵庫に2~3時間置く。

■洋風/酢+白ワイン+レモン汁+にんにく+ローズマリー
(2~3人分)

【1】にんじん1本は厚さ5mm、長さ3cmの拍子切りにする。
【2】ボウルに、酢大さじ2、白ワイン・レモン汁各大さじ1、砂糖小さじ2、塩・おろしにんにく各小さじ1/2、ローズマリー1枝(生)を入れて混ぜる。
【3】ポリ袋に【1】と【2】を入れて軽く揉み、空気を抜いて口を結び、冷蔵庫にひと晩置く。

■中華風/酢+しょうゆ+白ごま+がらスープの素+豆板醤

【1】にんじん1本は半分の長さに切り、さらに、縦4等分に切る。
【2】ボウルに、水大さじ3、酢・しょうゆ・白ごま各大さじ1、がらスープの素・砂糖各小さじ1、豆板醬・塩各小さじ1/2を入れて混ぜる。
【3】ポリ袋に【1】と【2】を入れて軽く揉み、空気を抜いて口を結び、冷蔵庫にひと晩置く。

トマト

トマトのエスニック風浅漬け

※トマトはつぶれやすいので揉まない。また、ひと晩置くと軟らかくなりすぎるので漬けすぎないこと。

■エスニック風/ヨーグルト+チリソース+マヨネーズ+レモン汁
(2~3人分)

【1】ミニトマト12個(約190g)はへたを取り、湯むきする。
【2】ボウルに、ヨーグルト大さじ2、チリソース・マヨネーズ・レモン汁各大さじ1、塩小さじ1/2を入れて混ぜる。
【3】ポリ袋に【1】と【2】を入れて調味料を全体に行きわたらせ、空気を抜いて口を結び、冷蔵庫に2~3時間置く。

■和風/塩麹+昆布茶
(2~3人分)

【1】トマト2個はへたを取り、湯むきする。
【2】ボウルに、塩麹大さじ2、水大さじ1、昆布茶・砂糖各小さじ1を入れて混ぜる。
【3】ポリ袋に【1】と【2】を入れて調味料を全体に行きわたらせ、空気を抜いて口を結び、冷蔵庫に2~3時間置く。

■中華風/すし酢+しょうゆ+オイスターソース+一味唐辛子
(2~3人分)

【1】ミディアムトマト6個(約190g)はへたを取り、湯むきする。
【2】ボウルに、すし酢大さじ3、しょうゆ小さじ2、オイスターソース小さじ1、塩小さじ1/2、一味唐辛子適量を入れて混ぜる。
【3】ポリ袋に【1】と【2】を入れて調味料を全体に行きわたらせ、空気を抜いて口を結び、冷蔵庫に2~3時間置く。

ゴーヤー

ゴーヤーの中華風浅漬け

■中華風/めんつゆ+酒+ごま油+豆板醬
(3~4人分)

【1】ゴーヤー1本は縦半分に切り、スプーンで種とわたを取り、半月形にスライスする。塩適量で揉み、約10分置いて水洗いしたら、水気を絞る。
【2】ボウルに、めんつゆ(濃縮タイプ)大さじ2、酒大さじ1、ごま油小さじ1、塩・豆板醬各小さじ1/2を入れて混ぜる。
【3】ポリ袋に【1】と【2】を入れて軽く揉み、空気を抜いて口を結び、冷蔵庫に2~3時間置く。

■洋風/マヨネーズ+レモン汁+粉チーズ
(3~4人分)

【1】ゴーヤー1本は縦半分に切り、スプーンで種とわたを取り、斜めに薄くスライスする。塩適量で揉み、約10分置いて水洗いしたら、水気を絞る。
【2】ボウルに、マヨネーズ大さじ3、レモン汁・粉チーズ大さじ1、砂糖小さじ1、塩小さじ1/2を入れて混ぜる。
【3】ポリ袋に【1】と【2】を入れて軽く揉み、空気を抜いて口を結び、冷蔵庫に2~3時間置く。

■和風/白だし+ねり梅
(3~4人分)

【1】ゴーヤー1本は縦半分に切り、スプーンで種とわたを取ったら、さらに縦半分に切って、3~4等分の長さに切る。塩適量で揉み、約10分置いて水洗いし、水気を絞る。
【2】ボウルに、白だし(濃縮タイプ)・水各1/2カップ、ねり梅(市販)小さじ1を入れて混ぜる。
【3】ポリ袋に、【1】と【2】を入れて軽く揉み、空気を抜いて口を結び、冷蔵庫にひと晩置く。食べやすい大きさにスライスし、かつおぶし適量を散らす。

アボカド

アボカドの洋風浅漬け

※アボカドはつぶれやすいので揉まない。また、ひと晩置くと軟らかくなりすぎるので漬けすぎないこと。

■洋風/白ワイン+レモン汁+はちみつ+粒マスタード
(2人分)

【1】アボカド1個は半分に切り、種を取って皮をむいたら、1cmの角切りにする。
【2】ボウルに、白ワイン・レモン汁各大さじ2、はちみつ・粒マスタード各小さじ2、塩小さじ1、こしょう少量を入れて混ぜる。
【3】ポリ袋に【1】と【2】を入れて調味料を全体に行きわたらせ、空気を抜いて口を結び、冷蔵庫に2~3時間置く。

■メキシカン風/トマトジュース+酢+ウースターソース+チリパウダー
(2人分)

【1】アボカド1個は半分に切り、種を取って皮をむく。
【2】ボウルに、トマトジュース1/2カップ、砂糖大さじ1、酢小さじ2、ウースターソース・チリパウダー各小さじ1を入れて混ぜる。
【3】ポリ袋に【1】と【2】を入れて調味料を全体に行きわたらせ、空気を抜いて口を結び、冷蔵庫に2~3時間置く。食べる時にひと口大の乱切りにする。

■和風/青じそドレッシング+レモン汁+わさび
(2人分)

【1】アボカド1個は半分に切り、種を取って皮をむいたら、5mm幅にスライスする。
【2】ボウルに、青じそドレッシング(市販)大さじ3、レモン汁大さじ1、わさび小さじ1を入れて混ぜる。
【3】ポリ袋に【1】と【2】を入れて調味料を全体に行きわたらせ、空気を抜いて口を結び、冷蔵庫に2~3時間置く。

使い道いろいろ!万能薬味浅漬け

「みょうが、大葉、しょうが、長ねぎなどの薬味野菜は、混ぜて浅漬けにすると、いろいろな料理に活用でき、3日程度保存もできるので、おすすめです」

こう語るのは、料理研究家の柳瀬真澄さん。万能薬味浅漬けを、そうめんや冷奴、焼き魚、卵かけご飯などに合わせると、シンプルな料理がグレードアップするという。

「炒飯や焼きそばなどにも使えます。万能薬味浅漬けは、あらかじめ調味されているので、これを加えるだけでOK。時短調理になります」(柳瀬さん)

きゅうりのみじん切りもプラスすると、体を冷やす効果も期待できるとか。暑い季節に、ぜひ試してみて!

●作り方
【1】きゅうり1本、みょうが2個、大葉5枚は3mm角に切る。しょうが1片と長ねぎ約10cmはみじん切りにする。
【2】小鍋に、だし汁1/2カップ、しょうゆ大さじ1/2、砂糖小さじ1、塩小さじ1/2を入れ、ひと煮立ちしたら火を止める。粗熱がとれたら酢大さじ2を入れて混ぜる。
【3】密閉容器に【1】と【2】を入れ、よく混ぜてから、冷蔵庫で1~2時間置く。

撮影/菅井淳子

※女性セブン2018年7月12日号

→その他の夏野菜の自家製浅漬けレシピはコチラ!

【関連する記事をチェック!】
【旬レシピ・春キャベツ】食物繊維たっぷりで低カロリー!「キャベツと香味野菜の即席浅漬け」
【旬菜】キャベツ、キュウリ、大根でデトックス!「浅漬けサラダ」
デトックスや美肌作りに!【夏野菜カレー】レシピ5選
【夏野菜の痩せレシピ】代謝アップに◎。2色のピーマン入りの「サーモンの黒酢炒め」
【夏野菜】デトックスやむくみ改善に「きゅうり」の痩せレシピ6選

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事