モデル・池田莉子さんの【美痩せ習慣】は“ながら”ヨガと毎朝の白湯

モデルや女優、インストラクターなどプロにとって、健康で美しいボディを保つのも仕事のうち。

今回は、6月21日(木)「国際ヨガの日」に開催されたemmi主催のヨガイベントで講師を務めた池田莉子さんが登場。モデルでヨガインストラクターの池田さんは、スレンダーなうえに、はじけるような笑顔が眩しく、内面からの美しさも伝わってくる。ヨガインストラクターに加え、AEAJ認定アロマアドバイザーの資格ももち、薬膳や漢方の知識にも長けたヘルシー美人な彼女に、美の秘訣を聞いた。

* * *

WORKOUT/家では“ながら”ヨガが継続のコツ

レッスン以外では、これといって特別な運動はしていないんです。朝起きて、ヨガのポーズをとったり、逆立ちをしたりすることもあるけれど、やるかどうかは完全にその日の気分です(笑い)。必ずこれをする、という決め事を作ってしまうと逆に続けられなくなってしまう気がして…。

たとえば、お風呂上がりにドライヤーをかけながら「鳩のポーズ」をして脚のストレッチをしたり、歯磨きをしながら「船のポーズ」で腹筋を鍛えたり、“ながら”でやっていることが多いですね。ストイックな性格ではないので、無理をするより継続することを意識しています。

FOOD/朝1杯の白湯とベジファースト


食生活で必ずやっていることは、食事を野菜から食べる“ベジファースト”と、朝に白湯を飲むことくらい。お湯を沸かすのが面倒なときは、レンジを使えば簡単に用意できますよ。

ときには自分の体調と向き合って、食事に薬膳を取り入れることもあります。今の季節なら、むくみに効果的なとうもろこしやハトムギを使った食事を。ミョウガやしそ、セロリなど、香りのいい野菜もオススメです。でも、「プラマイゼロ」という母の教えをモットーに、やり過ぎないことも大事にしています。

食べたいものを無理に我慢して痩せるのはリバウンドの元ですし、心まで痩せてしんどくなってしまうので、食事制限はしていません。食べ過ぎてしまったなと思ったら、次の食事や薬膳でリカバリー。ちょっとお腹のお肉が気になったときも、「心が痩せるよりいいや」とポジティブに考えています(笑い)。

BODY&MIND/アロマオイルを持ち歩く


母の仕事の影響で、薬膳やアロマは私にとって幼い頃から身近なもの。子供の頃は、遊びの一環でアロマオイルをブレンドしていましたね(笑い)。

今もいろんな香りを調合するのが好きなので、アロマオイルを扱うのは日常的なこと。家で焚くのはもちろん、アロマオイルを持ち歩いて、気分や会う人に合わせた配合をして香りを楽しんでいます。

特に好きなのはゆずの香り。冬のイメージがあるけれど、柑橘のさわやかさは夏場にもぴったりだし、ヒノキと合わせて和のブレンドにするのも気に入っています。ヨガは呼吸が大事ですが、いい香りを漂わせることで、より心地よく呼吸ができるようになりますよ。

今回のスリム美人:池田莉子さん

いけだ・りこ。モデル・ヨガインストラクター。5歳からはじめた新体操で全国大会に出場するなど活躍するが、その後、疲労骨折により引退。そのリハビリでヨガと出合ったことをきっかけに、インストラクターの道へ。AEAJ認定アロマアドバイザーの知識を生かし、アロマヨガを専門にレッスンを行っている。レッスン情報は公式ブログから
https://lineblog.me/ikedarico/

写真/HITOMI KAMATA

【関連する記事をチェック!】
マッサージで効果倍増!良眠へと導く「簡単アロマクリーム」で【眠活ダイエット】
上質の睡眠を生む【お風呂美容】リラックス効果抜群の「快眠コスメ」7選
薬膳達人が伝授!ダイエット&便秘解消に効くみそ汁レシピ
【野菜ランチ】美ヴィジュアルの野菜ビュッフェが人気!「コスメキッチン アダプテーション」
【ヨガ女子スナップ】「emmi」のイベントで今どきヨガコーデをチェック!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事