世界最古のデオドラント剤ミョウバン、殺菌作用やニオイ軽減も!

高温多湿でジメジメの梅雨。人が集まる場所に行くと、気づけば汗がにじんでくる。周りを見回すと、どこかカビっぽい感じがする。この時季を少しでもスッキリ過ごしませんか?

イラスト/斉藤明子

食材の煮崩れ防止やアク抜きなどに使われるミョウバン。ドラッグストアなどで、1袋100円程度で購入できるものだが、これからの季節、汗臭さやワキガ臭などの悩みにも効果を発揮するという。

さやか美容クリニック・町田院長の皆木靖紀さんが話す。

「ミョウバンは水に溶けると酸性になるため、塗布して皮膚表面を酸性にすると、アルカリ性を好む細菌の繁殖を抑えられます。殺菌作用があり、ニオイの軽減にも役立ちます。世界最古のデオドラント剤ともいわれ、古代ローマ人が使っていたとされています」

なるほど。では、どのように使えばいいのだろうか?

「ミョウバンと水を1:30の割合で混ぜて“ミョウバン水”の原液を作ります。それをさらに10倍ほど薄めたものをスプレー容器に入れ、わきや足など気になる部分に吹きかけます。入浴後や外出前などに3~4プッシュしてみてください」(皆木院長。以下、「」内同)

ただし、使用前テストの必要がある。原液を10倍(子供の場合は20倍)に薄めたミョウバン水を、寝る前に、二の腕の柔らかい部分に吹きかけ、翌朝、赤くなったりかゆくなったりしないか確かめるのだ。使い続けるうちに「効果が薄い」「まだニオう」という場合は、徐々に濃度を上げればよい。

さらに、もっとミョウバンを使いこなしたい人におすすめの方法がある。

「ミョウバン水を作る際に、水を濃いめの緑茶に代えると、カテキンとの相乗効果で、さらなる消臭効果が期待できます。また、ワセリンとミョウバンの粉末を2:1の割合で混ぜると、体臭予防の軟膏になります。このように、アレンジの自由度が高い点もミョウバンの魅力です。ワキガなどニオイの強い人は原液を10倍に薄めたミョウバン水に浸したガーゼを3~5分程度、わきにはさむとより効果を実感できるでしょう」

冷蔵庫で保管し、原液は1か月、薄めたものや軟膏は1週間程度で新しいものにしよう。

※女性セブン2018年7月5日号

【関連する記事をチェック!】

胸がたれない?汗対策は大丈夫?この夏選ぶべき【進化形ブラキャミ10<前編>】
汗をかいても快適!【最旬アイテム図鑑】NIKEの「フィットネスウェア」で本気フィット
短時間でも汗じんわり!低酸素プログラム「LOXY」を【体験レポ<ストレッチーズ編>】
【ジム雑貨】汗と洗濯を快適に。ジム後のケアを楽にする便利アイテム
脚の汗くささやむくみを和らげる。ナチュラルフットケアブランド「toe toe/トゥトゥー」が登場

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. ラジ子 より:

    古代ローマ時代から使われていたっていうことは2000年前ってことですよね。すごい!
    昔の人の知恵に脱帽です。

    1+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事