スープクレンズに挑戦して-2kg!平井理央さんの【美痩せ習慣】

女優やモデルなどプロにとって、健康で美しいボディを保つのも仕事のうち。

今回は、映像配信サービスdTVのオリジナルドラマ『婚外恋愛に似たもの』に出演中の平井理央さんが登場。

今作で華族出身のセレブ社長を演じ、作品ビジュアルではベアトップの大胆なドレスも着こなした彼女の美の秘訣とは…? また、今回の役を演じるにあたって挑戦した、緊急ダイエットについても教えてもらった。

* * *

WORKOUT/仕事ではじめたマラソンが趣味に

(C)エイベックス通信放送

作中で「女はデトックスとしてアイドルを愛でる」という言葉が出てくるのですが、私にとってはジョギングがデトックスですね。私は走ることが体質的にあっているらしく、汗をかくことでむくみがとれて、顔も少しスッキリするんです。

はじめてのマラソンは番組の企画だったので、使命感のほうが強かったのですが、走りきったときの感動や爽快感がクセになりました。東京とニューヨークで走ったのですが、ニューヨークは日本より応援が派手で元気。応援の仕方が国によって違うのも楽しいので、他の国でも走ってみたいですね。

ちなみに、マラソンのために鍛えていたときは、週1回のジムと5~10kmを2、3日に1回のペースで走っていました。最初は10分走るだけでもクタクタでしたが、少しずつ距離を伸ばしていって。人と一緒に走ると、いつもより頑張れるうえに、ペースが速くなりすぎないのでオススメです!

FOOD/自炊で塩分摂りすぎを防止


食事で気をつけていることは、カロリーよりも塩分。私はむくみやすい体質なので、自炊をするときはなるべく減塩するようにしています。例えば、みそ汁は出汁をきかせてみそを減らしたり、お刺身におしょうゆをつけすぎないようにしたりとか。ちょっとしたことですが、続けることを大切に。

外食はどうしても塩分やカロリーも高めになってしまうので、ここぞというときはできるだけ自炊にします。でも、お友達と外で食事するときなどは変に気にせず、「おいしいな、楽しいな」と思いながら食べています。そのほうが太りづらいと雑誌で読んだことがあって、それを信じることにしているんです(笑い)。

BODY&MIND/スープクレンズで2kg減!

出産を経て増えてしまった体重を戻すためにダイエットをしていたのですが、どうしても最後の2kgが落ちなくて。正直なところ「もういいかな…」と諦めそうになっていたときに、今回のドラマのお話をいただいたんです。そこで一念発起して、スープで1日3食を過ごす「スープクレンズ」に挑戦。しぶとい2kgを落とすことができました!

食べ過ぎてしまった次の日にリカバリーとして取り入れたり、大事な仕事の前夜はこれに置き換えたりするのもいいな、と思っています。

DRAMA/心のデトックスとしても楽しんで!

(C)エイベックス通信放送

雅はお家柄もいいバリキャリ社長という役どころなので、スペックとしては遠い存在ですね(笑い)。セレブ感に説得力を出せるか、というのはやっぱり心配で…。話すテンポをゆっくりにしたり、脚を組むなど、普段自分がしないような所作も取り入れて、優雅さを出せるように意識しました。

でも、話が進むにつれて感情表現がはっきりしていたり、奔放だけどもまっすぐな性格だったり、という面が出てくるので、そういった部分は自然と共感できました。

『婚外恋愛に似たもの』は、ひと癖もふた癖もある女性たちが5人出てくるのですが、どこかに共感していただけるポイントがあると思います。それに、それぞれのお話にスカッとするところがあるので、心のデトックスとしても楽しんでいただけたらうれしいです。

今回のスリム美人:平井理央さん

ひらい・りお。フリーアナウンサー・女優。1982年11月15日、東京生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、2005年フジテレビに入社し、スポーツ報道に携わる。2013年より、フリーで活動中。2015年5月に著書『楽しく、走る。』(新潮社)を刊行。2018年6月22日(金)より配信中のdTVオリジナルドラマ『婚外恋愛に似たもの』では、投資顧問会社社長の隅谷雅を演じる

写真/結城さやか

【関連する記事をチェック!】
栗山千明さんの【美痩せ習慣】は外食前にしっかり歩いてカロリー消費!
【おいしく痩せ体質】野菜ブロスのレシピも!クレンズスープがダイエットにオススメの理由
産後28kg減のブレイク・ライブリー、実際にした【ダイエット法】は?
手ぶらで気軽に皇居ラン!東京ミッドタウン日比谷に「ランスタ」NEWオープン
1回5分でOK!AYAさん考案のくずれない身体を作る最強トレーニング

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事