糖質オフなのにフォトジェニック!夏スイーツが「銀のぶどう」から登場

夏までにダイエットを成功させたいのなら、甘いものはやっぱりNG? どうしても我慢できないときは、糖質オフのスイーツに頼って。

洋菓子メーカーの「銀のぶどう」は、「薄着の季節でも我慢せず、思いっきり食べたい」という女性の本音に応えて「糖質とカロリーにこだわりました2018夏」を展開中。2018年6月21日(木)より第3弾として、「『Petit Gateau〈プチガトー〉』糖質とカロリーにこだわりました」シリーズのカップスイーツを発売。

ラインナップは「ストロベリーパフェ」「メロン・ココ」「フルフルパイン」「ピーチパフェ」「抹茶白玉パフェ」の5種。こちらは、カロリーゼロの糖を使ったり、食物繊維を配合した低糖質の粉をブレンドしたりすることで、糖質とカロリーをできるだけ抑えているそう。

「ストロベリーパフェ」(680円、糖質量12.1g、303kcal)は、いちごがたっぷり! ムースの上には生クリームがこんもりのって、見た目にも満足感がある。酸味と甘みが絶妙なベリージュレの口どけが特徴なのだとか。糖質量なら、5種の中ではこちらが一番低め。


マスクメロン柄をあしらった「メロン・ココ」(680円、糖質量15.4g、257kcal)は、贅沢に国産メロンを使用しているとか。メロンゼリーをおおうブラマンジェはココナッツ風味で、トロピカルな夏らしい味わい。


「フルフルパイン」(648円、糖質量19.8g、208kcal)は、5種の中で一番低カロリー。みずみずしいゼリーの中に、パインがゴロゴロと入っていて食べ応え◎。ヨーグルトムースがサンドされていて、さっぱりとした味わい。


ジューシーな山形産白桃を、花のように並べた「ピーチパフェ」(648円、糖質量19.9g、221kcal)。こちらは、ピーチゼリーと生クリーム、スポンジを重ねた層もキレイで気分をあげてくれそう。紅茶に合わせて、ティータイムにいただきたい1品。


低糖質スイーツには珍しい、和風のパフェも登場。「抹茶白玉パフェ」(648円、糖質量18.2g、276kcal)は抹茶のゼリーとムースに、白玉、赤えんどう豆、あんずがのっている。さらに黒蜜をかけていただくという、贅沢感満載のスイーツ。


また、6月15日(木)に発売された「糖質とカロリーにこだわりました2018夏」第1弾、第2弾も引き続き、販売中。

第1弾の「真夜中のプリン〜糖質もカロリーもこだわりました〜」(302円)は129kcalで糖質量10.9gと、まさに深夜に食べても罪悪感が少ないスイーツ。ブランド卵「森のたまご」を使ったコクのあるプリンに、オリジナルのカラメルを合わせて、シンプルなだけにおいしさも追求しているとか。


第2弾の「紅茶のシフォン~糖質とカロリーにこだわりました~」(680円)は、カロリーゼロの砂糖や低糖質粉を使うだけでなく、油を減らす工夫でさらにカロリーオフを実現。糖質は21.2g、カロリーは325kcalに仕上がっている。アールグレイが香るふわふわのシフォンケーキは、通常のシフォンケーキより小ぶりで、2人でシェアしていただくのにもぴったりのサイズ感。

糖質とカロリーだけでなく、おいしさにもこだわっているというスイーツだから、ダイエット中の食事の物足りなさもカバーしてくれそう。

【データ】
銀のぶどう「『Petit Gateau〈プチガトー〉』糖質とカロリーにこだわりました」
発売日 :2018/06/21(木)
販売価格:[ストロベリーパフェ]680円、[メロン・ココ]680円、[フルフルパイン]648円、[ピーチパフェ]648円、[抹茶白玉パフェ]648円、[真夜中のプリン ~糖質もカロリーもこだわりました~]302円、[紅茶のシフォン ~糖質とカロリーにこだわりました~]680円
販売店舗:「銀のぶどう」首都圏各店
http://www.ginnobudo.jp/

【関連する記事をチェック!】
糖質量10gのパフェも!「資生堂パーラー」に低糖質スイーツ登場
低糖質スイーツにスーパーフードをプラス!「パティスリー ポタジエ」の野菜ケーキを【実食レポ】
ダイエット中でも罪悪感フリー。話題のスイーツ【ブリスボール】のレシピ5選
「ロカボナッツ」を甘くコーティング!「低糖質スイートナッツ」を【実食レポ】
「ライザップ」を【体験レポ・食事編】水を飲めば”糖質制限”も怖くない!?

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事