世界的ダンサー菅原小春さんのベストに整える【美痩せ習慣】

モデルや女優、ダンサーなど、美しさを体現する女性たちは、自分の体をベストに保つよう心がけているもの。

そこで、今回、ダンサーとして世界的に活躍する菅原小春さんに突撃インタビュー。

菅原さんは、2018年6月1日(金)に東京・表参道で開催された「SHISEIDO(資生堂)」の美容液「アルティミューン パワライジング コンセントレート N」(30ml 8640円、50ml 1万2960円)の発売記念イベントにスペシャルゲストとして登場。真っ赤な衣装で躍動感あふれるダンスを披露し、観客を魅了した。

ベストのコンディションを保つため、食事や運動に相当気を配っているのでは?

* * *

【FOOD】食事節制はメリハリをつけて

大きな舞台の前には節制をして、体を絞ることも。「炭水化物を完全に排除したり、と非常にストイックに食事に気を配っていた時期もありました。その結果、自分を追い込み過ぎて、体も心も参ってしまった」と、菅原さんは話す。

そのため、現在は体を絞りたいときも、以下のような緩やかな食事ルールを適用しているのだとか。

□ アルコールとスイーツは摂取を控える
□ ただし、好物のチョコレートは添加物抜きなら例外に
□ 「たんぱく質」を含む肉をたっぷり食べて、筋肉を補強

「やはり、お酒とお菓子を我慢するのがポイントですね(笑い)。とはいえ、食事節制はメリハリが大事。節制する必要がない時期には、食べたいものを食べ、必要以上に体にストレスを与えないように。ただし、寝る前の食べ過ぎにだけは、普段から注意しています」(菅原さん。以下、「」同)

【WORKOUT】室温30度のスタジオでダンス!

舞台に備える時期は、日に5、6時間は踊っているという菅原さん。特に体を絞りたいときは、あえて狭いスタジオを予約し、室温を30度以上に設定。サウナスーツを着て、3時間ほどぶっ通しで踊り続けるのだそう!

「まるでボクサーみたいですよね(笑い)。体をいじめるようにして踊っているので、ほかのトレーニングなどはしていません。むしろストレッチやお風呂に浸かることで、体を労わるようにしています」

ストレッチや体幹エクサなど、毎日なにかひとつ、同じことをするのは、メンタル面にもプラスになる、と菅原さんは言う。ただし「痩せなくちゃ!」と自分を追い込まず、「これだけやっておけばいいや」と軽いノリで続けるのがポイントとか。

【BODY&MIND】生活に”わくわく”を取り入れる

ダンス中の菅原さんは、体や表情が踊りに合わせて女性らしくも、男性らしくも変幻していた。言葉にならない思いを体で表現するダンサーにとっては、体の造作を整えるばかりではなく、伝えるべきメッセージを体の内側で養うことも重要、と菅原さんは話す。

「体がバキバキにキレることが、必ずしもすべてでもベストでもないですね。ダンスはスポーツと違い、普段の私生活がパフォーマンスに影響を与える。普段の生活でどんな人と会っているか、どんな食事を楽しみ、どんな風景を眺めているのか…そういうことが踊りに現れてくると思うんです」

だからこそ、節制する必要がない時期には、”気持ちがわくわくするもの”を選んで体に取り入れているのだとか。自分を追い込みがちなダイエッターは、体の外側だけではなく、内側も美で満たす、菅原さんのメソッドを参考に!

【関連する記事をチェック!】
”13秒に1本”の人気!SHISEIDOの美容液「アルティミューン」がパワーアップ
産後も変わらず、ほっそりボディ!榮倉奈々さんの【美痩せ習慣】
美尻の魔術師・岡部友さんの【美痩せ習慣】スキマ時間にもヒップト
毎日5分でボディメイク!美脚、美腹筋、美尻に役立つ【パワーエクサ】3選
秘訣はピラティス!ケイト・ハドソンの【痩せる運動】A to Z

今回のスリム美人:菅原小春さん

すがわら・こはる。1992年2月14日生まれ。ダンサー。幼少期に創作ダンスを始め、数々の有名ダンスコンテストで優勝。2010年に渡米し、独自のダンススタイルで海外でも一目置かれるダンサーに。

2014年以来、女性ダンサー初のナイキアスリートとしても活動し、現在までに世界35か国以上で舞台やワークショップを開催。EXILE、少女時代などの振り付け、RIHANNA(リアーナ)や安室奈美恵、SMAPなどのダンサーを務めた経験も

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事