驚異の約36kg減!ジェニファー・ハドソンの【激痩せダイエット法】

歌手で女優のジェニファー・ハドソン(36歳)が、なんと80ポンド(約36kg)の減量を達成!

2017年4月21日(金)に開かれた「ティファニー ブルー ブック コレクション 2017」のガラパーティーに登場したジェニファー・ハドソン。合計31.54カラットのダイヤモンドのカフに、「ティファニー ソリティア ダイヤモンド」のイヤリングと「ティファニー ビクトリア」のブレスレットを着用

人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』で2004年にデビューしたジェニファーは、ビヨンセ主演のミュージカル映画『ドリームガール』(06年公開)でアカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞し、一躍スターに。

その後、出産を経て、ジェニファーは約36kg減のダイエットを達成。服のサイズは、なんと16から6に変わったとか!

ジェニファーはこの激痩せダイエットについて、女性向けヘルス誌の『SELF(セルフ)』に隠すところなく語っている。さっそく整理してご紹介。

無理を重ねるダイエットは、激痩せしてもリバウンド

ジェニファーは、実は『アメリカンアイドル』出演のために60ポンド(約27kg)の減量を達成した経験が。このときのダイエットでしたことは…。

□ 朝5時に起きて、ジムで1時間ランニング
□ 仮眠をとって、13時にはジムでハードなワークアウト
□ 帰宅後に「タエボー(ムエタイとダンスをミックスしたエクササイズ)」
□ 食事は皮なしチキン、ブラウンライス、野菜のみ

「食べたいものも食べずに、ほとんど1日中、運動をしていた。そんなダイエットだと、目標を達成した途端、我慢していたものをがっつり食べちゃうのよね!」と、ジェニファーは語っている。

今度こそ健康的に減量を!ダイエットのきっかけは出産

ビヨンセ主演の『ドリームガールズ』で、エフィ・ホワイト役を演じるジェニファー・ハドソン(写真右)。(C)2006 DreamWorks LLC and Paramount Pictures.(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

せっかく減量達成したジェニファーだけれど、『ドリームガール』の役作りで20ポンド(約9kg)を増量し、ご存知のぽっちゃり体型に。といっても、ポジティブな性格の彼女は、カーヴィーな体に満足していたとか。

「でも、婚約者との第一子を妊娠中、体型のせいで誰も自分が妊娠していると気づいていないと知って…さすがに愕然としたわ。それにこの体型の原因は不健康な食生活とも認識していたから。生まれてくる子どものためにもヘルシーな食生活を学ばなくちゃ、と思ったの」

モットーは”楽しく”。産後4日目からダイエット開始

Jennifer Hudsonさん(@iamjhud)がシェアした投稿

デイビッドを帝王切開で出産した4日後、さっそくジェニファーは毎日30分歩くことから、ダイエットをスタート。

しばらくして運動する体力が回復したジェニファーは、ジムにこもる代わりにアウトドアで楽しく運動をすることを選択。次のような運動を日常的にするようになったそう。

□ 裏庭でバスケットボール
□ プールで泳ぐ
□ スクワットのコンテストに参加
□ 近所をジョギングやサイクリング
□ 26階の部屋まで階段を昇る

産後2か月目に入ってから、ジェニファーは本格的なダイエットに取り組んだ。その方法とは…?

【約36kg減を叶えた食事法とトレーニング】

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...