驚異の約36kg減!ジェニファー・ハドソンの【激痩せダイエット法】

歌手で女優のジェニファー・ハドソン(36歳)が、なんと80ポンド(約36kg)の減量を達成!

2017年4月21日(金)に開かれた「ティファニー ブルー ブック コレクション 2017」のガラパーティーに登場したジェニファー・ハドソン。合計31.54カラットのダイヤモンドのカフに、「ティファニー ソリティア ダイヤモンド」のイヤリングと「ティファニー ビクトリア」のブレスレットを着用

人気オーディション番組『アメリカン・アイドル』で2004年にデビューしたジェニファーは、ビヨンセ主演のミュージカル映画『ドリームガール』(06年公開)でアカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞し、一躍スターに。

その後、出産を経て、ジェニファーは約36kg減のダイエットを達成。服のサイズは、なんと16から6に変わったとか!

ジェニファーはこの激痩せダイエットについて、女性向けヘルス誌の『SELF(セルフ)』に隠すところなく語っている。さっそく整理してご紹介。

無理を重ねるダイエットは、激痩せしてもリバウンド

ジェニファーは、実は『アメリカンアイドル』出演のために60ポンド(約27kg)の減量を達成した経験が。このときのダイエットでしたことは…。

□ 朝5時に起きて、ジムで1時間ランニング
□ 仮眠をとって、13時にはジムでハードなワークアウト
□ 帰宅後に「タエボー(ムエタイとダンスをミックスしたエクササイズ)」
□ 食事は皮なしチキン、ブラウンライス、野菜のみ

「食べたいものも食べずに、ほとんど1日中、運動をしていた。そんなダイエットだと、目標を達成した途端、我慢していたものをがっつり食べちゃうのよね!」と、ジェニファーは語っている。

今度こそ健康的に減量を!ダイエットのきっかけは出産

ビヨンセ主演の『ドリームガールズ』で、エフィ・ホワイト役を演じるジェニファー・ハドソン(写真右)。(C)2006 DreamWorks LLC and Paramount Pictures.(C)2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

せっかく減量達成したジェニファーだけれど、『ドリームガール』の役作りで20ポンド(約9kg)を増量し、ご存知のぽっちゃり体型に。といっても、ポジティブな性格の彼女は、カーヴィーな体に満足していたとか。

「でも、婚約者との第一子を妊娠中、体型のせいで誰も自分が妊娠していると気づいていないと知って…さすがに愕然としたわ。それにこの体型の原因は不健康な食生活とも認識していたから。生まれてくる子どものためにもヘルシーな食生活を学ばなくちゃ、と思ったの」

モットーは”楽しく”。産後4日目からダイエット開始

Jennifer Hudsonさん(@iamjhud)がシェアした投稿

デイビッドを帝王切開で出産した4日後、さっそくジェニファーは毎日30分歩くことから、ダイエットをスタート。

しばらくして運動する体力が回復したジェニファーは、ジムにこもる代わりにアウトドアで楽しく運動をすることを選択。次のような運動を日常的にするようになったそう。

□ 裏庭でバスケットボール
□ プールで泳ぐ
□ スクワットのコンテストに参加
□ 近所をジョギングやサイクリング
□ 26階の部屋まで階段を昇る

産後2か月目に入ってから、ジェニファーは本格的なダイエットに取り組んだ。その方法とは…?

【約36kg減を叶えた食事法とトレーニング】

約36kgの大減量を果たした女優のジェニファー・ハドソンは、激痩せ後7年以上が経っても体型を維持している。

Jennifer Hudsonさん(@iamjhud)がシェアした投稿

そのダイエット方法とリバウンド回避の秘訣をまとめてご紹介。

1年ほどで約36kg減を叶えた【ダイエット】とは?

産後2か月でジェニファーはダイエットプログラムの大手企業「Weight Watchers(ウェイト・ウォッチャーズ)」の利用をスタート。同社のダイエット法は、ゆるやかな糖質制限と無理のないレベルの運動を組み合わせたもの。

これまで不摂生や食べ過ぎを自覚していたジェニファーは、このプログラムを利用することで、”太らない食事法”を学ぶことができたよう。2012年から2014年には同社のスポークスパーソンにもなっている。

また『People』誌によると、「5ファクター・ダイエット」の考案者でセレブ御用達トレーナーのハーレイ・パスターナック(Harley Pasternak)と週5日のトレーニングに励んだとか。

ちなみに、産後ダイエットで約27kg減を果たしたジェシカ・シンプソンも「ウェイト・ウォッチャーズ」を利用し、パスターナックを雇っている。ハリウッドで激痩せするのならこの方法がベスト、ってことかも!?

エクサも考案!太った体でもできる【運動ダイエット】

パスターナックとのトレーニングは、お尻をキュッと引き締めることを目的に行われた。内容は、有酸素運動、ランジ、ショルダープレス、体幹エクサなどを含む25分間のサーキットで、「ジムもランニングも嫌いなジェニファーに合わせて、シンプルな内容にした」とか。

筋力アップし、運動することにも慣れた8か月後には、さらに25分間の有酸素運動をプラス。この頃にはジェニファーの運動意欲もかなり上がっていたようで、「『ウォーキングを』と言っているのに、ジェニファーは自主的にランニングをしていたよ!」とパスターナックは話している。

そんなジェニファーは、自分でもトレーニングを考案。”trirogy(3部作)”と名付けたこのトレーニングをジェニファーはテレビ番組『Doctor Oz(ドクター・オズ)』で披露している。そのやり方は以下。

【1】スクワットを25回
【2】腕立て伏せを25回
【3】体幹エクサ(シットアップなど)を25回
【4】1分間、休憩をしたら、今度は【3】→【2】→【1】の順に行う
【5】1分間、休憩したら、また【1】〜【3】を行う

「道具なしでどこでもできて便利」と、ジェニファーはオススメしている。

ジェニファーはダイエット開始1年ほどで目標の体重に到達。服のサイズも16から6へと変わり、「この服を着て表紙カバーに出てほしい、という依頼がくるようになった」とか。

7年後も体型を維持している【リバウンド回避の秘訣】

※写真はイメージです。Designed by Freepik

激痩せから7年以上を経てもスタイルを保っているジェニファー。そのコツを『yahoo!.com』に訊かれて、「活動的であるよう心がけているけれど、今はそんなに運動はしていない。主に食事の分量に気を配ることで体型を維持している」と答えている。

気になる”美痩せを維持する食事ルール”はどんなものなのか? ジェニファーは、主婦向け雑誌の『Good House Keeping』にこれを公開している。

□ 揚げ物はNG
□ 余計な砂糖や塩、脂肪分を含む人工的な味付けの食品を排除
□ おやつはアーモンド。スモーク、カロリー0の甘味料などのアレンジも
□ メロンなどのフルーツもおやつにOK

□ 旅行先に体に悪い好物があるとき、食べるのは最終日に。そうすれば自然と1回しかそれを食べるチャンスはない

※写真はイメージです。Designed by Freepik

これはダイエット中にも役立ちそう! また、女性向けヘルス誌『SELF(セルフ)』には、体型維持のための「定番メニュー」を3日間分教えている。そのうちの1日分を材料も含めてご紹介。

【朝食・375kcal】

□ 白身卵のスクランブルエッグ
卵の白身…3個 マッシュルーム…1/4カップ 調理したブロッコリー…1/4カップ 刻んだローファットのチェダーチーズ…大さじ2

□ イングリッシュマフィン1個

□ ゼリー大さじ1
□ ターキーベーコン3枚

【昼食・419kcal】

□ グリルドチキンサラダ

ロメインレタス…3カップ 皮なしグリルチキン(胸肉)…3oz(約28g) チェリートマト…1/2カップ きゅうり(薄切り)…1/2カップ 刻んだにんじん…1/4カップ ローファットビネガー…大さじ2 焼いたトルティーヤチップス…12枚 ライトランチディップ…大さじ2

※写真はイメージです。Designed by topntp26 / Freepik

【おやつ・418kcal】

□ りんご(中くらい)…1個
□ ピーナッツバター…適宜
□ ノンファットのギリシャヨーグルト…3/4カップ
□ パイナップル(厚切り)…3/4カップ
□ ローファット・グラノーラ…大さじ3

【夕食・456kcal】

□ エビの炒めもの

エビ…5oz(約140g) オリーブオイル…大さじ1 刻んだガーリック・クローブ…1枚 調理したブラウンライス…1カップ 蒸し野菜…1カップ

3食+おやつでも1600〜1700kcalで、脂肪分が少ないたんぱく質と野菜、良質のオイルを積極的に摂取するのがポイントのよう。このほか、ジェニファーは、ターキーの胸肉や寿司なども食べている。美痩せを目指す人はご参考に。

※この記事は抄訳です。

【関連する記事をチェック!】
約27kg減でリバウンドなし!ジェシカ・シンプソンの【ダイエット法】
産後28kg減のブレイク・ライブリー、実際にした【ダイエット法】は?
わずか10日間で約9kg減!歌姫ビヨンセの【緊急ダイエット法】
【お悩み解決エクサ】体幹を鍛えて冬太りを解消する「ショートプランク」
男性好みのモテ尻に!下半身デブ改善にも役立つ「バックスクワット」

関連記事