NGダイエットを診断!「中医体質学」で分かる9つの体質をチェック

「毎朝お手製のグリーンスムージーを飲んでいるのに、全然やせない。むしろ下半身デブが加速したような気がする。夏休みは家族でビーチリゾートに行こうねって言ってたのに…」(43才・主婦・東京)

「ホットヨガは週に4回。食事にも唐辛子やしょうがを大量に入れて、汗をかきデトックスしているはずなのに、ちっともやせないし、肌荒れも治らない。何がいけないの?」(38才・インストラクター・神奈川)

夏本番を前に、ダイエットを意識する人も多いはず。小太り40代記者も、久しぶりに1日1食ダイエットを始めるも、数年前より成果が出ない。水をたっぷり飲んでいるのに、デトックスで小顔になるどころか顔がたるんで四角くなり、お腹もぶよぶよ。年齢的なものなのか、はたまた己の気合が足りないのか…あきらめかけたその時、神の声が──。

「ダイエットが成功しないのは、自分の体質を知らないからです。よかれと思って、流行のダイエットに飛びつくと、むしろキレイになることから遠のくこともありますよ」

記者の前に現れた神とは、『あなたが「やってはいけない」ダイエット』(小学館)の著者で、中医体質学を取り入れた美容健康サロン『BHY』の院長を務める生花(せいか)さん。生花さんは北京中医薬大学で医学博士を取得し、日本での施術を唯一認められた中医体質学の先駆者でもある。

中医体質学とは、それぞれの体質によって掛かりやすい病気の傾向や、その病変の過程において特長があると考え、体質を事前に分類し認知することで予防や治療を効果的に行うこと。2009年に中国政府により公式に認められている。

体質は9つに分類が可能で、それぞれにあまり適さないダイエット法があるという。

「ご自身の体質に合わないダイエット…たとえば慢性的に冷えのある『陽虚体質』の人がグリーンスムージーを飲み続けると冷えが酷くなって代謝が悪くなっていきますし、体内に水分や熱がこもる『湿熱体質』の人がヨガやサウナなど暑さや湿気の多いところに長くいると不要な熱がこもって具合が悪くなることもあるのです。美容意識が高い人ほど、成果が出ないと、さらに熱心にそのダイエットを続けてしまう。しかし、やってはいけないダイエットを続けることは、さらに状況を悪化させるのです」(生花さん)

一方で正しいダイエットを実践すれば、効果は如実にあらわれる。たとえば『陰虚体質』だったとある女性は、顔の吹き出物と便秘に悩まされていたが、ホットヨガをストップしたことで、便秘が改善、肌も白くつるつるになったのだという。

「体質は、生まれ持った遺伝的要素に加え、ライフスタイルや食習慣、生活環境など後天的な要素が関係して最終的に決定づけられます。また、体質は1つとは限りません。いくつかの体質を併せ持つこともあるので、自分がいちばん気になった体質を優先してみていきましょう。体質別にやってはいけないダイエットを知れば、ダイエット成功の近道になります」(生花さん)

また “やってはいけないダイエット”に加えて、体質ごとに、どんな食材を食べるのが効果的なのか、また食べると逆効果を招きかねない食材もあるのだという。

具体的に、9つの体質を見ていこう。あなたはどのタイプ?

すべてのバランスがとれた『平和体質』

疲れにくく、いつも力がみなぎった、心身ともに健康な体質。性格は明るく、社会環境の変化にもスムーズに適応でき、トラブルとは無縁。ダイエットの必要はないくらいだが、ダイエットをした場合、成果が出やすい。この体質をキープするため、規則正しい食事や睡眠、適度な運動を行うのが望ましい。よって、NGのダイエット食材もなし。

風邪を引きやすいひ弱さん『気虚(ききょ)体質』

「気」が不足していて、普段から疲れやすくて風邪をひきやすいうえ、完治しにくい。呼吸も浅くて弱いので少しの運動でも息切れしてしまう。話し声は低くて小さく、物静かな性格。多忙な生活や激しい運動、ストレスを避け、充分な休息を取ることが望ましい。

【NGダイエット】糖質オフダイエット
糖質を抑えてたんぱく質を多く摂るこのダイエットは、消化力の弱い気虚体質の人には負担が大きすぎ。正しく栄養が吸収されないばかりか、ますます気の不足を強めて“やせにくい体”にしてしまう。

【OK食材】
うずら、しいたけ、大豆、はちみつ

【NG食材】
生の大根

慢性的にエネルギー不足『陽虚(ようきょ)体質』

体温を保持するエネルギー(陽気)が不足していて、夏でも手足が冷えている。胃腸も冷えているので、生ものや冷たいものの摂りすぎは厳禁。エネルギー不足は性格にも反映され、受け身でクールな印象の人が多い。冷房の効きすぎた室内など、体を冷やさないようにすることが大切。

【NGダイエット】グリーンスムージーダイエット
慢性的に胃腸が冷えているため、毎朝食事のおきかえとして飲み続けると、基礎代謝が下がってやせにくい体に。陽虚体質が進行すると生理が止まったり、関節痛やリウマチにつながることも。

写真/アフロ

【OK食材】
牛肉、羊肉、にら、にんにく、しょうが、パクチー

【NG食材】
きゅうり、すいか、梨、れんこん、サラダ菜

【続いて、6タイプの体質とNGダイエットを解説!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...