夏向けに軽やか!長井かおりさんが【崩れないメイク】のコツを伝授

ヘア&メイクアップアーティスト、長井かおりさんが、人気ミネラルコスメブランド「ベアミネラル(bareMinerals)」の発表会に登壇。

写真左が、ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさん

6月に新登場の「ベアプロ フル カバレッジ コンシーラー」(3888円)をはじめ、同ブランドのアイテムを使った最新版の”崩れないメイク”を教えてくれた。長井さんによると、今年っぽい肌を作るカギは、軽やかさ。

「必要なところにだけ、しっかりと薄膜を重ねるのがポイントです。実際にこのメイクでランニングをしましたが、崩れませんでした」(長井さん。以下「」同)

運動ダイエット中の女子は、汗に悩まされる気候が本格化する前にコツを会得しよう。

【秘訣01】”崩れないメイク”の土台は、しっかり”保湿”

夏場のメイクというと、さっぱりめのスキンケアを好む人も少なくないはず。でも、これ、実は”崩れないメイク”ではNG。

「肌に水分がたっぷりと含まれているほうが、パウダーは吸着しやすい。化粧水と乳液はひたひたになるくらいつけましょう」

【秘訣02】下地を”全方位塗り”で毛穴を徹底カバー

皮脂が出やすいTゾーンや毛穴が開いているところに、下地を集中的に塗る。ささっと伸ばさずに、360度全方位から塗り込めるように意識を。顔のたるみも引き上げながら、丁寧に。

【秘訣03】フィニッシングパウダーでうるおいを封じ込める

続いて、本来、最後に使うことが多い「フィニッシングパウダー」をブラシで肌にのせる。これは保湿で補った水分をしっかりと封じ込めるため。ブラシは断面がフラットなものを選んで。

「ブラシの断面を肌に押し当てるようにして圧力をかけると、パウダーの密着度が上がり、メイク崩れがしづらくなります」

【秘訣04】”美肌ゾーン”にコンシーラーを引く

ファンデーション代わりにコンシーラーを使うのなら、肌と同じ色か、1トーン明るい色味を。頬骨のあたりの”美肌ゾーン”に2本濃いめの線を引き、ブラシを肌に押し当てながら伸ばす。

「これだけで十分にメイクした満足感を得られると思いますが、心もとない人は、フェイスラインに同色か、1トーン暗いコンシーラーをプラスしましょう。コンシーラーを一度、手の甲にとってから、ブラシでラフに塗ると、美肌ゾーンが際立ち、顔に立体感が加わります」

【秘訣05】濃いシミやソバカスは綿棒でピンポイントに処理

シミやソバカスが気になる人は、次の手順を行う前にコンシーラーでカバーを。

「コンシーラーを使うほど、逆にシミなどが浮き彫りになるというお悩みをよく聞きます。コツは綿棒の先にコンシーラーを付けて、お悩み部分に垂直にのせること。そうすると、気になる点だけをさりげなく隠すことができますよ」

【秘訣06】フィニシングパウダーで崩れにくさを補強

仕上げにフィニッシングパウダーを再び。顔全体にソフトにのせてから、気になる部分は毛穴までパウダーが入るよう、丁寧に。

「ブラシにパウダーをつけるときは、毛先が潰れるくらいの圧力をかけて。それからブラシを上下逆さにしてトントンすると、中までパウダーが均等に入るので、ムラなく塗ることができます」

パウダーの分量を増やすほど、崩れない強度がアップするそう。

【続いて、メイクアップの秘訣も伝授!】

”崩れないメイク”に定評があるヘア&メイクアップアーティスト、長井かおりさんがメイクアップのコツを説明。

【秘訣07】眉はスクリューブラシでとかしながら

きれいな眉の基礎も、さらっときれいな肌にある。スクリューブラシで眉の下をとかして、たまったパウダー類を掃除すると、アイブロウの定着力が高まる。さらに、描いている途中、仕上げにもきちんと眉をとかすと◎。

「ある程度の太さがある楕円芯を使うとテクいらずで、今どき眉を描くことができます。眉頭から眉山までは寝かせて接着させて、太く曖昧なふんわりした色出しを。眉尻などの細かいラインは、垂直に立てて描きましょう」

【秘訣08】パンダ目対策に”防波堤パウダー”を

長井さんによると、目元のメイク崩れでよくあるお悩みのひとつが、アイラインがよれた”パンダ目”。ラインを引く前に、目の際にフィニッシングパウダーをのせると、これが防波堤になってくれるそう。

「きれいなラインを描くコツは、アイラインを上向きに持ち、まつげの間に点を打つようにすること。一筆書きはNGと心得ましょう」

【秘訣09】チークとリップも”定着”を意識して

チークをブラシでつける場合、無造作にふわっとのせず、肌に押し当ててるようなタッチでのせると、色が定着し、崩れにくくなる。

「崩れないリップはもっとも難しく、日々、研究中(笑い)。ですが、直塗りしてから指を押し当て、唇のシワまできちんとテクスチャーを入れ込むようにすると、色持ちが上がるように思います」

夏仕様の”崩れないメイク”、コツをまとめて復習

□ 化粧水と乳液で肌にたっぷり水分を与える
□ 下地とフィニッシングパウダーの先のせで水分を閉じ込める
□ コンシーラーは、顔の中で目立つ頬骨上“美肌ゾーン”周辺にこってり
□ 濃いシミやソバカスはピンポイント綿棒で解決
□ フィニッシングパウダーを重ねて、メイクが定着しやすい状態に
□ アイラインは、まつげの間から点を打つように
□ 眉毛は描く前後、最中、とブラシでとかしながら
□ チーク、リップも定着を意識して丁寧に!

肌がさらっときれいな状態を保ちながら、パウダーもラインも無造作にのせず、押し当てるようにするのが、いちばんのコツみたい。

「崩さない!と思いながら、メイクをすると、手つきも自然とふさわしいものになりますよ」と、長井さんも話す。さっそくトライしたい人は、使用アイテムも忘れずにチェックして。

【続いて、使用アイテムをご紹介】

ヘア&メイクアップアーティストの長井かおりさんが夏仕様の”崩れないメイク”を作るのに役立つ「ベアミネラル」のアイテムを、オススメの理由も含めてご紹介。

bareMinerals JPさん(@bareminerals_jp)がシェアした投稿

「プライム タイム」30ml 4320円

ソフトフォーカス効果で毛穴とキメを目立たなく見せる下地。ジェルタイプで肌なじみがよく、保湿効果の高い植物エキスや、過剰な皮脂に吸着するミネラル成分を配合。

「セミマットな下地は、大人が使うとさらっとし過ぎて、乾燥しがち。こちらはしっとり仕上がるので、皮脂が減ってきた大人でも安心です」

bareMineralsさん(@bareminerals)がシェアした投稿

「ベアプロ フル カバレッジ コンシーラー」2.5g 3888円

2018年6月6日(水)発売の新アイテムで、カラー展開は、全5色。

スクワランでコーティングしたミネラルと、ヒマラヤ産の竹から抽出した微粒子パウダーを配合していて、フレッシュな仕上がりを最大16時間持続(註1)。汗や皮脂、さらには湿気にも強いというから、心強い。

bareMinerals UKさん(@baremineralsuk)がシェアした投稿

「ハイドレイティング ミネラルベール」6g 3780円

「ベアミネラル」のフィニッシングパウダーの中で、水を主成分とした保湿タイプの「ハイドレイティング ミネラルベール」が長井さんのイチオシ。余分な皮脂を吸収してくれる点も、夏メイクにぴったり。

bareMineralsさん(@bareminerals)がシェアした投稿

「プレシジョン フェイス ブラシ」3780円(写真右下)

断面がフラットにカットされているファンデーション用のブラシ。肌にパウダーを押し当てるようにして、密着させるのに適しているそう。

bareMineralsさん(@bareminerals)がシェアした投稿

「ブラーリング バッファー ブラシ」3780円(写真左から2番目)

コシのある毛を高密度にまとめたフェイス用ブラシ。スポンジとブラシのいいとこどりをした感触で、ファンデーションやフィニッシングパウダーをつけるのにもオススメとか。

「ワン ファイン ライン マイクロ ライナー」2700円

6月6日(水)に新発売のジェルライナー。カラーは、イグザクト オニキス(ブラック)、アキュレイト エスプレッソ(灰茶色)、ストレート スパイス(赤みブラウン)、プレサイス プラム(薄紫ブラウン)の4色。

1.5mmの極細芯で、メイク下手でも狙ったところに点を打ちやすい。速乾性で汗や水、皮脂に強い点も”崩れないメイク”に◎。

「ブロウ マスター スカルプティング ペンシル」3456円

こちらも6月6日に発売のアイテム。オーバル芯にダブルエンドのスクリューブラシが付いている。こちらも汗や水、皮脂に強く、クリアな発色が12時間続くとか(註2)。カラー展開は、チェストナッツ(ライト ブラウン)とコーヒー(ナチュラル ブラウン)の2色。

bareMinerals UKさん(@baremineralsuk)がシェアした投稿

「ジェン ヌード パウダー ブラッシュ」3240円

「GEN NUDE(ジェン ヌード)」は世界中のどんな人種、年代、性別の人の素肌にもなじむ色味を追求したライン。そのチーク用アイテムであるこちらは、パウダーチークながら、クリーミーな質感で肌なじみが抜群。ミネラルもたっぷり含むので、肌を整える効果も期待できる。カラー展開は8色。

bareMineralsさん(@bareminerals)がシェアした投稿

「ジェン ヌード ラディエント リップスティック」3240円

こちらも「GEN NUDE」のアイテムで。マンゴーやシアバターなど、天然の保湿成分を配合していて、溶けるように唇になじむ。カラー展開は12色で、ヘルシー美人に見えるヌードカラー揃い。8月に新色として3色を追加する予定。

取材・文/Kano Numata

※註1:16時間仕上がり持続データ取得済み(Essex Testing Clinic Inc<エセックステスティングクリニック>調べ。効果には個人差あり)
※註2:12時間仕上がり持続データ取得済み(Essex Testing Clinic Inc 調べ)

【関連する記事をチェック!】
夏にぴったりのスキンケアが続々。「ベアミネラル」の新作を【新製品レポ】
エイジングラインが登場!「ベアミネラル」の新作を【新製品レポ】
輝く”美肌”の秘密は?平子理沙が「スキンケアのルール」を伝授
ユニークな使用感がやみつきに!マドンナ共同開発の黒いクレイマスクを【お試しレポ】
●【山本浩未さんのメイクのメ】朝のメイクのりをよくするひと手間

監修:長井かおりさん

ヘアメイクアップアーティスト。化粧品メーカーのビューティーアドバイザーとして都内百貨店に勤務を経て、2005年に独立。わかりやすく理論に基づいたメイク術に定評があり、自主開催の「メイクアップトレーニング」は即予約で埋まる人気。著書に、『テクニックさえ身につければ、「キレイ」はもっと引き出せる 』(講談社)、『必要なのはコスメではなくテクニック』(ダイヤモンド社)など

関連記事