セクシーすぎると話題!エミリー・ラタコウスキーの【ナイスボディ】を作るルール9つ

華奢な肢体なのに、豊満なバストとヒップを兼ね備えたモデルで女優のエミリー・ラタコウスキー(26歳)は、”ハリウッド屈指の美ボディ”との呼び声も高い。

Emily Ratajkowskiさん(@emrata)がシェアした投稿

2017年11月に自身のスイムウェアブランド「Inamorata(イナモラタ)」をローンチしたこともあり、彼女のインスタグラムには水着姿がたっぷり。

それどころか、”手ブラ”状態のヌード写真も度々。さらにはインスタグラムではNGのバストトップを露出したオールヌードを投稿して、顰蹙(ひんしゅく)を買ったことも!

Emily Ratajkowskiさん(@emrata)がシェアした投稿

エミリーは、今年2月、交際2週間で映画プロデューサーで俳優のセバスチャン・ベア=マクラードと電撃結婚。4月8日(日)には、2018年度の「デイリー・フロント・ロウ・ファッション・アワード」で「モデル・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

最近、テレビドラマの主役を獲得したことも報じられており、公私共々、充実しているよう。

ミレニアル世代に人気のグローバルオンラインセレクトショップ 「REVOLVE(リボルブ)」のイベント「#REVOLVEfestival」でのエミリー・ラタコウスキー

そんなエミリーが抜群の美ボディを維持している方法は? 気になる人は、彼女の食事と運動をさっそくチェックして。

エミリーの【運動習慣】ジムより女友達と散歩やハイキング

Emily Ratajkowskiさん(@emrata)がシェアした投稿

多くのモデルがジムでのワークアウトを習慣にしているけれど、エミリーはアンチ・ジム派。2015年に受けた『the New York Times(ニューヨーク・タイムス)』紙のインタビューでは、次のように語っている。

「固定のトレーナーにお願いしていることもなく、そもそもジムを利用していないのよ。代わりに女友達と長い散歩やハイキングに出かけているわ。業界では規格外だと思うけれど、フィットネス好きじゃないのよね」(エミリー。以下「」同)

室内でする運動で例外的にエミリーが好んでいるのは、ヨガ。『Instyle(インスタイル)』誌『ELLE(エル)』誌のそれぞれに、家からすぐのスタジオに週2、3回ほど通っていることを明かしている。

大食いを堂々と公言!エミリーの【食事ルール】

Emily Ratajkowskiさん(@emrata)がシェアした投稿

「とってもいっぱい食べるの!」と、エミリーはテレビ番組『Jimmy Kimmel Live!(ジミー・キメル・ライブ!)』に出演したとき、自身の大食いっぷりを隠さずに公表。

とはいえ、さすがに食事内容には気を配っているのでは? 2017年3月の『HAPER’S Bazaer(ハーパーズバザー)』誌のインタビューによると、エミリーの普段の食事はこんな感じ。

食事ルール01【朝食】我慢せずに甘いペストリーを堪能

Emily Ratajkowskiさん(@emrata)がシェアした投稿

LAにいるときは、「Blacktop Cofee(ブラックトップ・コーヒー)」へ。クイニーアマンとブラックコーヒーの組み合わせが、エミリーのGo To(ゴー・トゥー)。ちなみに、上の写真では「炭水化物、よこせ!」とコメント。

食事ルール02【昼食】バランスをとるため、分量を軽めに

Emily Ratajkowskiさん(@emrata)がシェアした投稿

サラダかサンドイッチを食べることが多い。撮影現場ではブッフェになることが多いけれど、食べ過ぎないように注意しているそう。

食事ルール03【夕食】肉が大好き!イタリアンや寿司店の行きつけも

Emily Ratajkowskiさん(@emrata)がシェアした投稿

2014年には、「砂糖と塩の摂り過ぎを避けるために、もっぱら自炊」との『ELLE(エル)』誌に話していたエミリー。このとき、肉への愛も激白。

「私はサラダばかり食べているような人種じゃないのよ。体にエネルギーを与えてくれるものをバランスよく摂りたいし。お肉が大好き。肉食獣なのよね(笑い)」

それから3年後の『HAPER’S Bazaer(ハーパーズバザー)』のインタビューによると、「夕食は社交の時間」と考えるようになったエミリーは外食傾向に転向したよう。

Café Gratitudeさん(@cafegratitude)がシェアした投稿

そんなエミリーのお気に入りレストランのひとつは、ダウンタウンにあるイタリア料理店「Bestia(ベスティア)」。「おいしいカクテルとワインが揃っているのよ」と話す。

また、ヘルシーな食事をしたいときは、「Cafe Gratitude(カフェ・グラティテュード)」(写真)へ。リトル・トーキョーにある寿司店「Mako(マコ)」も行きつけ。「とにかくウニが好きなの」とか。

食事ルール04【おやつ】習慣にせず、たまにならOK

Emily Ratajkowskiさん(@emrata)がシェアした投稿

ときにはスイーツで自分を甘やかす、というエミリー。「ポップコーンとキャンディーなど、しょっぱいのと甘いの、この組み合わせが私の弱点ね」と『Instyle(インスタイル)』誌に語っている。

ちなみに、『the New York Times』紙によると、エミリーの好物はターメリックとビーツジュース。「LAではこの2つは避けようとしても避けられないしね(笑い)」なのだとか。

【美容のルールとアイテムも大公開!】

スレンダーかつグラマラスなボディを誇る、モデルで女優のエミリー・ラタコウスキー(26歳)。

Emily Ratajkowskiさん(@emrata)がシェアした投稿

エミリーは、2015年に『the New York Times』紙のインタビューで、スキンケアからメイクアップまで、お気に入りの美容アイテムを詳しく紹介している。

【美容ルール01】スキンケアは気候に合わせる

スキンケアは朝晩、同じルーティーンで繰り返しているというエミリーだけれど、実は使うアイテムは季節によってさまざま。「気候によって肌の調子は変わるから」と、その理由を説明している。

キールズ カレンデュラ ディープクレンジングフォーミング フェイスウォッシュ 2.5オンス(75ml)

写真は「カレンデュラ ディープクレンジングフォーミング フェイスウォッシュ」/キールズ
気になる人は画像をクリックして、購入サイトへ

さておき、インタビュー当時、エミリーが愛用していたのは以下。

・洗顔料…「カレンデュラ・ディープクレンジング・フォーミング・フェイスウォッシュ」/Kiehl’s(キールズ)
・保湿美容乳液…「イドラ グローバル」/Sisley(シスレー)
・クリーム…「セルラローズ・バーム・ド・オー」/By Terry(バイ・テリー)
・ファンデーション…「パーフェクティング・スキン・ティント」/Glossier(グロッシアー)
・クレンジング…「アイメイクアップ・リムーバー」/L’Oréal(ロレアル)、「ブラックローズ・プレシャス・フェイス・オイル」/Sisley

「L’Oréal」と「Sisley」のアイテムは、日本でも入手ができる。一方、「By Terry」と「Glossier」は日本未上陸のブランド。

「By Terry」は、フランス生まれのコスメブランド。「イヴ・サンローラン」でメイクアップスタイリストとして活躍していたテリー・デュ・ギュンズベールが創業したとか。「Glossier」は米国・ニューヨークのビューティーサイトから生まれたブランドで、ミランダ・カーも愛用しているそう。

【美容ルール02】肌が乾燥しやすい飛行機では、念入りに保湿!

シスレー エクスプレス マスク フラワージェル 60ml

写真は、「エクスプレス マスク フラワー ジェル」/シスレー
気になる人は、画像をクリックして購入サイトへ

モデルという仕事柄、世界を飛び回ることが多いエミリーは、旅行中はフェイスマスクを使って、しっかりと保湿。

常用しているのは、「Glossier」の「メガ・グリーン・ギャラクシー・パック」。また、フライトが長時間になる場合は、シスレーの「エクスプレス・フラワー・ジェル」をチョイス。「洗い流す必要がないので、便利なの」とコメント。

【美容ルール03】顔立ちを生かして、メイクアップは控えめ

Emily Ratajkowskiさん(@emrata)がシェアした投稿

顔の造作がしっかりしているエミリーは、普段はメイクは控えめを心がけている。ミーティングがあるときだけ、「レブロン(Revlon)」の「カラーステイ・ライナー」を使ってキャットアイに。

アイメイクやルージュなど、メイクアップにはイギリス出身のメイクアップアーティスト、シャルロット・ティルべリー(Charlotte Tilbury)がプロデュースするコスメを愛用。彼女の製品は多くのセレブが使っていて、エミリーは彼女からアイテムを提供されたことがきっかけだったとか。

「シャルロットのアイテムの中でも、ハイライターとコントゥアーシェイドが一緒になった『フィルムスター・ブロンズ・アンド・グロウ』が最高。といっても、私はハイライターしか使っていないの。頬骨の上にのせているわ」

【美容ルール04】月1回のアカスリが”自分へのご褒美”

Emily Ratajkowskiさん(@emrata)がシェアした投稿

エミリーは、「月に1回、韓国スパ『Natura(ナトゥーラ)』に行くのが、私のご褒美。顔にキュウリをのせて、アカスリをするの」と話す。予約の40分前には行って、プールで泳ぐのだとか。

「自分以外にも20人くらい、裸の女性が並んでて、まさにまな板の上の肉のように扱われる(笑い)。でも、それには値するわ。だって、おかげでお肌はツルツルになるし、その晩はぐっすり眠ることができるんだもの」

ちなみに、エミリー・ラタコウスキーってどんな人?

カリフォルニア州サンディエゴで育ったエミリーは、14歳でモデルとしてのキャリアをスタート。2013年にロビン・シックのヒット曲「ブラード・ラインズ」のミュージック・ビデオに出演したことでブレイクを果たした。

女優としては、映画『ゴーン・ガール』(2014年公開)でベン・アフレックの愛人・アンディ役で名を馳せたほか、ザック・エフロン主演の青春映画『WE ARE YOUR FRIENDS(ウィー・アー・ユア・フレンズ)』(2016年公開)に出演している。

【関連する記事をチェック!】
わずか11分でOK!世界一稼ぐモデルの「引き締めエクサ」って?
「METガラ2018」に集ったセレブ5人の【スタイル維持法】をチェック!
祝・結婚!メーガン・マークルの【ヘルシー美人】を作る7つの秘訣
モデルや女優としても活動!ヨガ・インストラクター5人の【美痩せ習慣】
手作りヨーグルトやコールドプレスジュースetc。美脚モデルの【美痩せフード】5選

関連記事