【オバ記者連載91】“月曜断食”中に3日連続飲みまくり、その結果…

“月曜断食”は、食生活をリセットするためのもの。それが4週間続けた後の実感と、先週ここに書いたけど、ほんとにそう! 幸い体重が変わらなかったけれど、飲みすぎた3日間を断食でリセットするには、それなりの代償を払わせられるんだわ。断食前の夜もそうで、「明日は水以外食べられないから」と、ご飯を少し多めに食べたりすると、「ああ、お腹が空いた」という回数が、てきめんに増えるの。

昨夜は、早めに床について、やっと“立ち食いそば食べたい衝動”を抑え、翌朝、体重計に乗ったらいつもの断食と同じようにマイナス1kg。バカなことをしなくて本当によかった。とはいえ私の目標はマイナス15kgだから、まだまだ3合目なんだよね。

“月曜断食”は簡単に言うと、1日断食をした後、火~金曜日は、朝はヨーグルトとフルーツ、昼はおかずだけ、夜は野菜料理。土日は3食、量を守れば好きなものを食べてよし。アルコールは月曜以外2杯までならOK、なんだけどさ。さらなる高みを目指して、“平日の夜は野菜料理だけ”を徹底しようと思うんだ。

で、作ったのが“ぎゅうぎゅうサラダ”。100円ショップで買ったプラスチック容器に、底からにんじん、新玉ねぎ、春キャベツ、ピーマン、アスパラガス、水菜、新玉ねぎ、ゆで卵、水出しヨーグルトを、ぎゅうぎゅう詰めに入れて、最後にドレッシングをドボドボ。

これならお弁当代わりに職場に持っていけるし、けっこうな満腹感もある。なんなら、これをつまみにアルコールもいけるって、ああ、何言ってんだ!

【関連する記事をチェック!】
糖質制限は×、菜食より肉食が○など「ヤセる食べグセ」とは?
糖質制限ダイエットに警鐘 視力低下や死亡率が高まる恐れも
2人にひとりがリバウンド?「糖質制限ダイエット」のメカニズム
糖質は摂りかた次第。ベストなダイエット食は「一汁三菜」
糖質1日54g減! 糖質制限ダイエット中でもおいしく食べられるブレンド米

オバ記者(野原広子)

1957年、茨城県出身。『女性セブン』での体当たり取材が人気のライター。同誌で、さまざまなダイエット企画にチャレンジしたほか、富士登山、AKB48なりきりや、『キングオブコント』に出場したことも。バラエティー番組『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演したこともある。

【この連載のバックナンバー】
【90】“月曜断食”で4.6kg減!「ダイエットの極意わかった」
【89】“月曜断食”が順調!「土日は好きなものを」でステーキも
【88】“月曜断食”で体重減!「なるほどねぇ」と効果を実感
【87】「痩せなかった人はいない」と評判の”月曜断食”に挑戦!
【86】10日間「ご飯断ち」実践!食べた自作料理を公開
【85】「ご飯断ち」を宣言!オバ流ポークビーンズレシピ
【84】家電量販店でドクターエアを体験し“安眠効果”を実感
【83】医師がすすめる「あたりめ+セロリ」ダイエットを実践
【82】酢の物、みそ汁に!わかめを使ったオバ流ダイエットメニュー
【81】オバ流ダイエットメニュー第2弾「白滝で低カロリーご飯」
【80】オバ流ダイエットメニュー「キャベツ大盛りキーマカレー」
【79】平昌五輪見てやる気になって始めた「交差点エクサ」

【78】「食べ物ダイエット」で結果を出すコツをしみじみ語る
【77】ダイエットの強い味方、オニオングラタンスープに目覚めた!
【76】10か月で34kg痩せた男性が食べ続ける最強コンビニ食
【75】「最強ダイエット」を実行も、結局は食べ物と実感
【74】体力の衰えを痛感し、スクワットをやることを決意
●【73】ホテル清掃のパートで「美ボディ復活」を2018年の目標に!
【72】ウィキに自分のページを発見し、ダイエット熱にますます火が付く
【71】「洋裁する人に太っている人いない」説を語る
【70】電車の中で手軽にできるストレッチを実践中

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事