糖質は摂りかた次第。ベストなダイエット食は「一汁三菜」

極端な糖質制限のリスクを指摘する声もあるけれど、正しい糖質ダイエットは、糖質、脂質、たんぱく質をバランスよく摂った上で、1日のカロリーを約1600kcalに抑えるのが基本。

1628_ichiju_sansai

これは一般的な食事量の約8割。腹八分と覚えよう。量の目安がわかっても栄養バランスを考えるのは面倒だが…。

「“一汁三菜”を意識すると、メニュー選びが簡単になりますよ」(日本獣医生命科学大学客員教授・佐藤秀美さん)

糖質スローオン食事法 基本の4ルール

【1】食物繊維(野菜、海藻、きのこ、豆類)の多い料理から食べる
【2】糖質(ご飯、パン、麺類)とたんぱく質(肉、魚、卵など)は一緒に食べる
【3】酢のもの、ピクルス、ビネガードレッシングなど酸味のある料理を必ず加える
【4】食材を大きく切るなどして、よくかむ工夫を

例えば、主食のご飯に具だくさんみそ汁。副菜には、ほうれん草とわかめの酢のもの、金時豆の甘煮、さばのみそ煮。食物繊維の豊富な野菜、豆、海藻を先に食べることで、糖質の消化吸収が遅くなる。酢にも同様の効果があるので、味つけにオススメ。

確かにこれなら、糖質(ご飯)に加え、主菜でたんぱく質と脂質(肉魚)が摂れる。

「3つの栄養素を摂ることも大切ですが、ご飯と一緒に、たんぱく質・酢・野菜(食物繊維)を食べることがポイントなんです。なぜなら、これらの食材には、糖質の吸収スピードを抑える効果があるからです」(佐藤さん)

つまり、糖質を摂っても太りにくくするには、“食べ合わせ”が重要。ご飯と一緒に“スローオン食材”を摂ればいい。「お酒の“スローオン食材”はワイン。血糖値を抑える効果があります」(糖尿病専門医の牧田善二さん)

※女性セブン2016年8月4日号

サプリメント併用で糖質による血糖値上昇対策【PR】

食習慣にも気を使いながら、血糖値の上昇を穏やかにするサプリも取り入れてみてはいかがでしょうか? どうしても食べたいものがあるとき、つい糖質をとりづぎてしまったときなどにも、あると心強い存在です。

おすすめは、機能性表示食品売上ランキング第1位*を獲得した「アラプラス 糖ダウン」(※1 2016年4月度、2016年5月度 出典:カスタマー・コミュニケーションズ(株)調べ 月刊H&Bリテイル)。

詳細は公式ページをチェックしてみてください。

【関連する記事をチェック!】
高カロリーでも食べたい!罪悪感が減る食べ方のコツQ&A
2人にひとりがリバウンド? 糖質制限のメカニズム
【やせおか】165万部突破!シリーズ最新作から献立例を紹介
脳をコントロールしてダイエットのやる気を維持!3つのコツ、8つのポイント、9つの言葉
ダイエットプランを練ろう!Amazonで人気のヘルス&ビューティ書籍ベスト10

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事