保存期間1か月の作りおきレシピ!やせおか最新作【冷凍からのレンチン!やせおか】

冷凍&レンチン調理の基本ルール

さらに、“冷凍レンチンやせおか”を上手に調理するために知っておきたい大事なポイントを紹介。ちょっとしたコツで料理はもっとおいしくなるので要注目!

【1】冷凍可&電子レンジ加熱可の保存容器を使う
本書で紹介するレシピはすべて、冷凍からのレンチン調理。作るときは必ず両方可能な保存容器を使うこと。もし冷凍用保存袋を使う場合は、必ず別の耐熱容器に移し替えて加熱を。

【2】食材は新鮮なうちに使い、味つけして冷凍する
いくら冷凍は保存期間が長いといっても、悪くなりかけの食材を使ったら元も子もなし!食材は買ってすぐ切って味つけし、なるべく早めに冷凍すること。おいしさだけでなく、栄養価もキープできる。

【3】余分な水分はふき取る
食材に余分な水分がついたまま冷凍すると、霜がつき傷む原因に。解凍&加熱調理する際、味も落ちやすくなるので、魚や肉などは必ず、余分な水分をキッチンペーパーなどでふき取って。

【4】定期的に冷凍庫を確認し、日が経っているものから食べる
冷凍するとつい安心して、作ったものを忘れがちに。気づいたら保存期間がすぎている! なんてことにならないよう、保存容器には日付と料理名の記載を。定期的に冷凍庫の中をチェックし、古いものから食べていくようにする。

【5】凍ったまま加熱調理する
本書のレシピはあらかじめ解凍する必要なし。冷凍した食材は、常温で解凍するより素早く加熱したほうが、ダメージが少ないという効果も。解凍&加熱は同時に行うようにしよう。

【6】加熱の途中で一度取り出して混ぜる
電子レンジは食材の外側から内側へ向かって熱が入っていくので、何もせず長時間加熱すると、外側は火が入りすぎなのに中は生、なんてことも。均等に火が通るよう、途中で取り出して混ぜたり、上下を返したりして。

保存容器はさまざま

保存容器は大きく分けて、4種類のタイプがあり、それぞれ長所があるので、好みのものを使用方法を正しく確認して使おう。

プラスチック製は、ほとんどのものが冷凍&レンチン可能。ガラス製は商品によって冷凍&レンチン可能なものも。ホーロー製は基本的に冷凍可だが、レンチンはNG。冷凍用保存袋も冷凍可だが、レンチン調理はできない。レンジ加熱できない保存容器は冷凍だけにして、調理の際、レンジ加熱可能な耐熱容器に移し替えるという方法も。

また、商品によって容器は、電子レンジ対応していても、フタは電子レンジ不可のものも。付属の説明書を確認して、NGだった場合は代わりにラップを使用して。

「やせおか」調理のきまりもチェック

●本書のレシピの保存期間の目安はすべて1か月。ただし、夏場は目安より早めに食べきるように。
●1カップは200ml、大さじ1は15ml、小さじ1は5ml。大さじ、小さじはすり切りで計って。
●電子レンジは600Wのものを使用。500Wの場合は加熱時間を1.2倍に、700Wの場合は0.8倍に。機種によって異なることがあるので、様子を見ながら加熱して。
●本書のレシピはすべて冷凍したものを電子レンジ加熱し、調理する。保存容器は冷凍と 電子レンジ加熱両方に対応しているものを使用して。
●保存容器は密閉したまま加熱すると、中の空気圧が下がり、フタが開かなくなってしまうことも。加熱する際は、フタは一度外して斜めにのせるなど、少しずらして空気の逃げ道を作るようにして。
●ふんわりラップとは、容器を密閉しないでふわっとかぶせるラップ方法。蒸気の逃げ道を作り、破裂を防ぐ。
●調理時間はあくまで目安。保存容器の素材や食材の並べ方、冷凍庫内の温度、季節によって、加熱時間は異なるので、様子を見ながら加減を。
●塩はできればミネラル分を含む粗塩がおすすめ。
●顆粒だし(顆粒コンソメ、顆粒中華だし、顆粒和風だし)はできれば無添加のものを選んで。
●「みそ」は信州みそか仙台みそを使用。

同書に掲載されている“冷凍レンチンやせおか”は、インスタ映えするレシピをたくさん投入しているそう! 電子レンジでカンタンに作れて見た目楽しくおいしい、一石三鳥レシピを上手にダイエットに取り入れてみて。

【“冷凍レンチンやせおか”のレシピをチェック】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事