美尻と美腹筋で有名!ジェニファー・ロペスの【迫力ボディ】を手に入れる方法

”J.Lo”の愛称でも知られる歌手で女優のジェニファー・ロペス(48歳)は、メリハリのある迫力ボディが魅力。

Jennifer Lopezさん(@jlo)がシェアした投稿

カーヴィーなバストとヒップ、引き締まった腹筋を兼ね備えるジェニファーは、フィットネス女子向けの製品や情報を提供する「Body Love」にも関わっている。さっそく美スタイルの秘訣をチェック!

徹底的にヘルシー!ジェニファーの「ある日の食事」

BodyLabさん(@bodylabforwomen)がシェアした投稿

ジェニファーはある1日の食事を、『People(ピープル)』誌で2015年に公開。この日は合計1392kcalの摂取だった。栄養学者のケリー・グラスマンが解説とともに、そのメニューをご紹介。

□ 朝食…プロテインシェイク
ギリシャヨーグルト、いちご、ブルーベリー、ラズベリー、レモンジュースなどをイン。プロテインパウダー、ギリシャヨーグルトと2種類のたんぱく質、フルーツの糖質でエネルギー補充も満足感もばっちり。

□ 昼食…チーズとケールのサラダ
ドレッシングは、レモンジュース×エキストラバージンオリーブオイル。パンプキンシードやシャロットをトッピング。

ケールはカロリー過剰にならずアンチエイジング効果を得ることができる優良食材。加工品のドレッシングではなく、オイルをかけている点も◎。

□ おやつ…中くらいのりんご1個

□ 夕食…鶏の胸肉のグリルを皮なし+ブリュッセルスプラウトのソテー+岩塩で味付けたヤム芋

□ デザート…チョコレートチップクッキー

グラスマンによると、「ジェニファーの食事はもう少し脂質をプラスしてもOK。例えば、ヤム芋にグラスフェッドバターをプラスするのがオススメ」とか。

OK食材とNG食材も!ジェニファーの「基本ルール」

Jennifer Lopezさん(@jlo)がシェアした投稿

2016年にジェニファーは英国の『Hello(ハロー)』誌に体型維持の秘訣を公開。この頃、一時期、ジェニファーのボディメイクをサポートしていた有名トレーナー、トレイシー・アンダーソン(Tracy Anderson)も米国の『People(ピープル)』誌に「ジェニファーの食事ルール」を話している。これらによると…

□ 食材は基本的にオーガニックに
□ 加工品、アルコール、カフェインはNG
□ 特に高たんぱく質で栄養豊富なものをチョイス
□ おやつは、野菜やフルーツ
□ とにかく水をたっぷり飲む

「クリスマスなど、イベント時には好きに食事を楽しんでいる」とも、ジェニファーは発言しているけれど、普段、これだけ節制していれば、ちょっとの食べ過ぎは問題ないはず!

【美尻・美腹筋を養うエクサも紹介!】

歌手で女優のジェニファー・ロペスは、その運動習慣について2016年に、『E! Live from the Red Carpet』のインタビューで答えている。

BodyLabさん(@bodylabforwomen)がシェアした投稿

ラスベガスの「プラネット・ハリウッド」で公演をもつ彼女は、午前中のうちにウォームアップとしてワークアウトを行うことが多いそう。

取り入れているのは、有名セレブ向けトレーナー、トレイシー・アンダーソン(Tracy Anderson)のメソッドと、デイビット・カーシュ(David Kirsch)のサーキットとか。

「トレイシーとデイビットの方法論は、それぞれとても特徴的で、全然違うの。カーシュのトレーニングでは、ウエイトトを使ったり、プランクなんかがあって、体幹を鍛えるのに役立つ。トレイシーの方法はよりダンスの振り付けみたいで、引き締めに効くのよね」

「短時間でトレーニングを終えたい人にオススメ」とジェニファーは締めくくっている。さっそく2人のエクササイズをチェック!

トレイシー・アンダーソンの「美尻エクサ」

トレイシー・アンダーソンは、女優のグウィネス・パルトローや、歌手のマドンナのトレーナーとしても知られる有名トレーナー。

そんな彼女は、女性ファッション誌『InStyle(インスタイル)』に、ジェニファーのような美尻を手に入れるためのエクサイズを披露している。「ジェニファーはこれらのエクササイズを1種類30回はやっているわ」と、トレイシーは話している。

デイビット・カーシュの「全身エクサ」と「体幹エクサ」

デイビッド・カーシュは、米国のWebメディア『Popsuger(ポップシュガー)』にジェニファーのようなボディになるためのワークアウト法を公開。

約36分の動画では、ウォームアップからワークアウト後のストレッチまで、しっかりと紹介している。

BodyLabさん(@bodylabforwomen)がシェアした投稿

手取り早く体幹トレーニングをしたいのなら、カーシュが『Health(ヘルス)』誌に紹介した「サイドプランク・オブリスク・クランチ」にトライを。

こちらはひじを床に付いた「サイドプランク」の体勢で上側の腕を頭の後ろに当て、ひじをお腹に付けるように上体だけを下向きにひねるというもの(上写真4を参照)。左右15回ずつ行うと、体幹全体を引き締めることができるそう。

”恋人と一緒にエクササイズ”が最近のお気に入り

このほか、ジェニファーはランニングやバイク、ダンスなどで有酸素運動もこなしている。

また、2017年から元メジャーリーガーのアレックス・ロドリゲス(Alex Rodríguez)と付き合っているジェニファーは近頃ではもっぱら、カップルでのエクササイズを楽しんでいるよう。

上の動画は、アレックスが関わっているフィットネススタジオ「TruFusion(トルーフュージョン)」を『People誌』の記者がジェニファー、アレックスとともに体験した模様。

「TruFusion」ではヨガ、バレエ、ピラティス、ブートキャンプ、ボクシング、バトルロープ…と、さまざまなスタイルを取り入れた65種類のレッスンを提供。湿度が高いスタジオで運動を行うクラスも少なくなく、1レッスンで800kcalを燃焼できるという。

記者は「10点満点で8点のハードさ。けっこうキツかったのでちょっとサボっちゃいました。でも、効きそうだから、またレッスンを受けたいです」とその感想を語っている。

ちなみに、ジェニファーによると運動を続けるコツは、「まず短期的な目標を定めること。その達成のためにがんばっていると、ルーティンになって労なくできるようになるわよ」とか。体を動かすのが億劫なダイエッターはご参考に!

ジェニファー・ロペスが美貌を披露する【作品情報】

(C)2016 Universal Television LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

ジェニファー・ロペスは、ドラマシリーズ『シェイズ・オブ・ブルー ブルックリン警察』で、シングルマザーの汚職刑事を熱演中。こちらはニューヨークのブルックリンを舞台にしたサスペンスドラマで、ジェニファーはアクションも披露。日本では、BSテレビ局『Dlife(ディーライフ』で放映している。

※本記事は抄訳です。

【関連する記事をチェック!】
51歳のハル・ベリーが【自分史上で最高のボディ】を保つ秘訣8つ
意外と真似しやすい!サラ・ジェシカ・パーカーの【ヒールが似合う美脚】を養う秘訣5つ
”激太り”から大変身!美腹筋なブリトニー・スピアーズの【ダイエット法】
すっきり脇腹を叶える「サイドプランク」【ほのかの宅トレレッスン】
美尻の魔術師が伝授!【美尻トレ】お尻の筋肉を目覚めさせる「クラムシェル」

関連記事