【ライザップ式お酒の飲み方】ダイエット中は赤ワインにチーズが正解!

季候もよくなってきて、ビールの美味しい季節が到来!

写真/アフロ

ダイエット中といっても、お酒は楽しみたい…。ビールや焼酎、カクテル、日本酒、ワイン、ウイスキー、果実酒などお酒には様々な種類があるけど、体重増加を少しでも抑えるには何をセレクトすればいい?

RIZAP(ライザップ)が、キレイと健康を手に入れたい大人女子のために体づくりの方法を紹介している本『ライザップ式でやせる!不調をなくす!キレイになる!大人女子のカラダにライザップ』(日本文芸社)を発売中。

同書では、ダイエットの基本、糖質コントロールはもちろん、忙しい人でも手軽にできるトレーニング方法などが解説されているが、その中から今回は、ダイエット中の上手なお酒との付き合い方をご紹介!

糖質0の蒸留酒がオススメ

写真/アフロ

基本的には、糖質ゼロの焼酎やウイスキーなどの蒸留酒をセレクトするのが◎。ビール350ml缶では、糖質量が約10.9g、日本酒1合(180ml)では約6.5gも。また、チューハイやカクテルなど甘みがあるものは、糖質が高いものが多いので控えて。

ワイン選びのポイント

写真/アフロ

低糖質のワインを選ぶなら、赤ワインを。白ワインより糖質は低めで、しかもポリフェノールを豊富に含むため、血糖値を下げる効果があるそう。さらに絞り込めば、甘口のものは熟成の後、糖質を足してある場合もあるので、できれば辛口のほうがベター。

1食で1~2杯程度を目安に

低糖質のものを選んでも、飲み過ぎは厳禁! 100mlあたりの糖質量は、白ワインで2g、赤ワインで1.5gがおおよその目安。グラス1杯はだいたい125mlなので、2杯飲むと糖質量は白ワインで5g、赤ワインで3.75g。ダイエット中は糖質をなるべく控えたいので、できればワイン1~2杯程度にしたいところ。

おつまみは満腹感を得られるチーズを

写真/アフロ

お酒と一緒に食べるおつまみは、サラダはもちろん、タンパク質が多く含まれるチーズがオススメ! ダイエット中に食べ過ぎは厳禁だけど、チーズに含まれるタンパク質には満腹感を促す作用が。そのため、毎食前にチーズを食べると満足感を得られて、食べ過ぎ防止にもつながるそう。

いろいろな種類があるチーズだけど、基本的には何を食べても大丈夫。ただし、塩分やカロリーが高いものが多いので、食べ過ぎには気をつけて。モッツァレラチーズなどナチュラルチーズは、塩分が低めなので◎。

また、赤ワインとチーズの組み合わせは栄養的には悪くなく、赤ワインに含まれるポリフェノールが、チーズの脂肪酸を少なくしてくれる。

ちなみに、チーズにはダイエットに欠かせない脂肪燃焼効果のあるビタミンB2が豊富に含まれているため、チーズを食べてから運動すると相乗効果を発揮し、いつもよりも多くの脂肪を燃焼できるそう。さらに腸の働きを促して、便秘を解消するので、老廃物が排出されやすくなり、むくみや吹き出ものなどの肌荒れの改善にもつながるので、普段の食事でも積極的に取り入れたい食品の一つ。

お酒やおつまみを賢く選んで、ダイエット中でも楽しいお酒の席を満喫して! また、『ライザップ式でやせる!不調をなくす!キレイになる!大人女子のカラダにライザップ』には、他にも正しい食生活ついて細かく記載されているのでぜひチェックを。

【データ】
『ライザップ式でやせる!不調をなくす!キレイになる!大人女子のカラダにライザップ』
販売元:株式会社日本文芸社
定価:1,188円(税込)
https://www.rizapgroup.com/news/press-releases/20180307-01/

【この連載のバックナンバー】
【ライザップ式オススメ食材】ボディメイク最強食材「ブロッコリー」の正しい食べ方
【ライザップ式食材の選び方】木綿豆腐VS絹豆腐はどちらが正解?

【関連する記事をチェック!】
最強の「ライザップ式ダイエットレシピ」で3食しっかり食べて痩せる!
ライザップ×ファミマコラボの最新作4種。春味スイーツも登場!
骨盤と背筋がくびれ作りのカギ!「ライザップ」をガチで【体験レポ・運動編】
「ライザップ」を【体験レポ・食事編】水を飲めば”糖質制限”も怖くない!?
ライザップのホットヨガ誕生!独自メソッドで骨盤のズレを修正

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事