太らないおやつを冷蔵庫に。GapFitアンバサダー片野瑛子さんの【美痩せ習慣<食事編>】

美と体に関わるプロのメンテナンス術、マネしてダイエットに取り入れたい!

トップス:「BR タイ バック タンク」3200円 インナー:「レースフロント ローインパクトブラ」4900円 ボトムス:「CW ボー ストライプ エラスティック 7/8 gFast(ジーファースト)」 7900円/共に、GapFit シューズ:モデル私物

今回は、ヨガインストラクターの片野瑛子さん(31歳)に突撃インタビュー。

「GapFit(ギャップフィット)」のアンバサダーとしても活躍する彼女は、3児の母とは思えないしなやかなボディ。さっそく体型維持の秘訣を教えてもらった。

しなやかなボディを維持するため、日々、レッスン以外にも運動しているほか、食事にも十分気を配っているそう。

* * *

糖質は控えめに。秘訣は、冷蔵庫に備えた「常備菜」

片野瑛子さん(@eiko_yoga)がシェアした投稿


日々の食事では、糖質を控えめに。肉や魚などのたんぱく質、キノコや海藻のほか、食物繊維を多く含む葉野菜を意識的に食べています。

炭水化物は摂るなら、昼食まで。エネルギーへの変換が早い白米を選び、基本的にはグルテンフリーの生活を送っています。お酒も糖質が多いビールはNGに。飲みたいときは、ウィスキーや焼酎のソーダ割りを選んでいます。

また、お腹が空くとイライラして、甘いものを食べたくなるのが私の弱点。なので、太る要因を増やさずに空腹を解消するため、冷蔵庫には鶏ささみや野菜のおかずを常備しています。

【体型維持に役立つ食材&サプリをご紹介!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事