炭酸水でダイエット!食物繊維をインした「ナチュラル ビューティー スパークリング」を【実食レポ】

炭酸水がダイエットに◎というけれど、その活用方法をちゃんと知っている?

サイダーやラムネ、お酒の割り物など幅広く炭酸水を開発・販売する「友桝飲料」は炭酸水の健康効果に注目し、生活に炭酸水を取り入れることを提案している。

そのなかから、ダイエットへの取り入れ方と期待できる効果を教えてもらった。

【1】炭酸ガスには血管を広げて血流をよくする効果があるため、新陳代謝が活発になり、冷え性の改善にもつながる
【2】炭酸ガスが胃の中で気泡化し、満腹感を感じるため、食前に飲むことで食べ過ぎ防止に(20〜25℃の常温で300mlが目安)
【3】寝起きに4℃ほどの冷えた炭酸水を100~150ml飲むと、炭酸ガスの刺激によって胃腸が活発に動き、便秘の解消が期待できる(胃腸が弱い人は常温でも可)

ちなみに、冷えた炭酸水は食欲を増進するというから、食前に飲む場合は常温のものを選ぶこと。

ダイエット中に積極的に摂りたい炭酸水だけれど、せっかく飲むのなら、より機能的なものがうれしい。

そこで注目したいのが、「友桝飲料」の「Natural Beauty Sparkling Fiber(ナチュラル ビューティー スパークリング ファイバー) アロエ」(216円)。

これは、食物繊維の一種である「難消化性デキストリン」を1本(280ml)あたり5000mgプラスした炭酸水で、マグネシウム、カルシウムも含んでいる。

食物繊維を摂ることができるため、食前に飲むことで食後血糖値の上昇を抑えたり、便通をスムーズにしたり、といった効果が期待できるそう。

また、マグネシウムには体内の酸・アルカリバランスを整えて、筋肉の動きをスムーズにする効果が、カルシウムには肉体疲労の回復効果が期待できるというから、運動ダイエットをしている人にもメリットがある。

そして、気になるのはアロエのフレーバーと飲み心地。さっそく試してみた!

【実食】ほんのり漂う甘い香りで飲みやすい


口に含んだ瞬間、マスカットに似ているような、少し甘い香りがふわっと広がる。これはまるで、デトックスウォーターのような味わい。甘味料は入っていないのでベタつかず、食物繊維が入っているといっても違和感はゼロ。常温で飲んでも、すっきり爽快な飲み心地。

これなら、ストレートの炭酸水を飲むのが苦手という人も、逆に甘い飲み物が好きじゃないという人でも日常的に取り入れることができそう。

また、美容と健康をコンセプトにしたこのシリーズからは、「ヒアルロン酸」が10mg入った「ローズヒップ」のフレーバーも発売されている。目的に合わせて、生活に炭酸水を取り入れてみて。

撮影/HITOMI KAMATA

【データ】
友桝飲料「Natural Beauty Sparkling Fiber(ナチュラル ビューティー スパークリング ファイバー)アロエ」「Natural Beauty Sparkling ローズヒップ」
販売価格:各216円
栄養成分:[アロエ](1本280mlあたり)エネルギー:6.4kcal、たんぱく質:0g、脂質:0g、食物繊維:5.6g、ナトリウム:1mg [ローズヒップ](1本280mlあたり)エネルギー:0kcal、たんぱく質:0g、脂質:0g、ナトリウム:0mg、ヒアルロン酸10mg
販売店舗 :オンラインショップほか
問い合わせ:公式サイトのメールフォームより
http://www.tomomasu.co.jp/

【関連する記事をチェック!】
海外のヘルシー女子に人気!代謝アップにも役立つ「スウィッチェル」を【実食レポ】
SNS映えも◎。フルーツやハーブの【ちょい足し】でダイエット成功!
【スパイス】痩せ力アップ!夏を乗り切るドリンクレシピ3種
コスパも◎!「カルディコーヒーファーム」で人気の「ヘルシーフード」5選
【便秘改善レシピ】食物繊維とオリゴ糖が腸を整える「しめじのマリネ」

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事