家事をしながら体幹リセット!生活習慣をちょこっと変えて効果アップ

楽に代謝が上がるから続けやすい!と話題の“体幹リセットダイエット”。考案したのは、『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』(サンマーク出版)の著者でボディメイクトレーナーの佐久間健一さん。前回の記事、たった5ポーズ5分でOK!朝昼晩の体幹リセットでお手軽ながらダイエット」で紹介した、朝昼晩、5つのエクササイズを1分ずつ行う「基本の体幹リセット」をマスターしたら、家事をしながら体幹リセットに挑戦を。毎日の習慣にしたら、さらに効果はアップ!

手の使い方で猫背を改善

物を持つときは“逆手”で腕の内側を伸ばして。順手だと猫背になりやすく、体幹筋が使えません。

逆手を使えば自然と背筋がピン! この持ち方ならOK!

OKの持ち方

洗濯物を掴んで干すとき、逆手で行って。靴下を下から持ち上げるように掴み、ピンチへ。洋服などは、横から掴んでもOK。

順手の持ち方はNG!

写真の掴み方が順手。この持ち方だと猫背になりやすく、体幹筋が使われなくなる。

外出先でも逆手で体幹筋を刺激しよう。買い物かごやバッグを持つときも、意識的に手のひらを前に向けて逆手で持って。肩甲骨を引くようにし、買い物中にもエクササイズを実践。

逆手で持つ、OKの持ち方

順手で持つNGの持ち方

ひじを伸ばして体幹を使う

ひじを曲げて動かすと使われるのは腕の筋肉だけ。ひじを伸ばせば体幹筋が使え消費エネルギーもアップ。

窓拭きは、ひじを伸ばしたまま。体の軸を意識して、胴を左右にひねって拭く

ひじを伸ばし、体幹を左右にねじって腕を動かすようにしましょう。

「体幹を使えば、同じ掃除でも消費カロリーは格段に増えますよ」(佐久間さん、以下「」は同)

ひじを伸ばしたまま。OKの拭き方

ひじが曲がっているNGの拭き方

窓の低い位置を拭くときは、窓から徐々に離れながら腰を落とす。ひじは伸ばした状態をキープして。

ひじを伸ばしたまま。OKの拭き方

窓拭き同様、床掃除でもひじを伸ばして行うのがポイント。掃除機やハンディーワイパーを使うときは、肩甲骨を意識し、体ごと動かすように。

ひじが曲がっている。NGの拭き方

ひじを曲げて手先だけで拭き掃除するとエクササイズにならない。せっかくの動きがムダに…。

かかとを使って重心を整える

姿勢が悪い人はかかと重心になりがち。すると頭と肩が前に出て、さらに悪い姿勢に!

歯磨き時には、つま先を上げてかかとで足踏み

足首を伸ばす! かかとで足踏み

かかと重心は背中が丸くなる要因に。歯磨き中は、両足のつま先を上げてかかとで足踏みを。

「かかと重心のクセを直すには、つま先を浮かせて足首を伸ばすと効果的」

洗い物時は、後ろ足のつま先を上げてキープ

後ろの足のつま先を上げる

足を前後にずらし、後ろ足のつま先を上げて重心はかかとに。ときどき前後の足を入れ替えて。ふくらはぎのストレッチにも効果的。

撮影/楠聖子

※女性セブン2018年4月26日号

【関連する記事をチェック!】
体幹を鍛えて痩せ体質に!「骨盤シェイクダンス」7つの効果
【今村式美ボディメイク】体幹を鍛えウエスト引き締め!「ペットボトルエクササイズ」
【お悩み解決エクサ】体幹を鍛えて冬太りを解消する「ショートプランク」
くびれ作りに◎。美姿勢や肩こりに役立つ「体幹ストレッチ コアトレーナー」
【美痩せ習慣】ARISAさん/体幹を意識して7kgの減量に成功

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事