快尿&快便が痩せのコツ!? 気になる疑問に専門家が解答

毎日、あまり意識せずに行っているトイレ。でも、快尿&快便こそが、美容と健康への近道。

onaka_fotoco1

写真/アフロ

特に40代以降はさまざまなサインが現れはじめるもの。まずは自分のおしっことうんちが良い状態かチェック。体の内側からキレイになろう!

尿で体の健康を計るには?

良いおしっことは、透明な黄色でジャーッと気持ち良く出る。回数は1日3~7回、量は300~500mlが適量。「良いおしっこは透き通った黄色をしています。約3時間おきくらいに300~500mlの量が適度な勢いで排出され、排尿後はスッキリ感があります」と、女性泌尿器科専門医の関口由紀さんは話す。

悪いおしっこは、色が濃いもしくは薄かったり、濁っていたり、あるいは茶色いおしっこ。色が濃いのは水分が足りず脱水気味で、色が薄いのは水分の摂り過ぎが原因。

白濁しているのは、尿たんぱくが出ているため。腎臓の病気や膀胱炎などの可能性も。茶色の尿は血液が混ざっている可能性が。膀胱ガンなども疑われるので病院で診断を。

「40代は、排泄を司る骨盤底がゆるみ始め、尿道の締まりが悪くなるため、尿漏れや頻尿などが気になりだすとき。1日10回以上、また就寝中2回以上トイレに行く人は頻尿の可能性が。膀胱は伸縮して、本来400~700mlの尿を溜められるので、約3時間を目安にトイレに行くよう心がけてみてください。

閉経後は筋肉量が減り、さらに出産を2回以上経験した女性は加齢により骨盤底がゆるむため、尿漏れしやすくなります。骨盤底筋を鍛えることで、2~3か月で約8割の人が改善します」(関口さん)

快尿・快便が叶えてくれる3つのキレイって?】

FEATURE

さらに見る

You might also like...