小顔を叶える【顔タイチ】”鉤手”で肌のハリをアップ!

数千年の歴史をもつ中国武術・太極拳。

これを日本の医師がアレンジした「メディカルタイチ」のインストラクター、YOKOさんが小顔を作る”顔タイチ”を伝授!

今回は、太極拳の手型、”鉤手(コウショウ)”で顔のリンパ節を刺激し、血液循環を高める方法を教えます。

「第一関節を軽く折り曲げ、5本の指をひとたばに束ねた”鉤手”は、鳥のくちばしを模した手型。目玉や喉など、柔かい”急所”を攻撃するときに使います」(YUKOさん。以下、「」同)

【鉤手の顔タイチ01】頰周辺のツボを刺激

目の下から口のあたりまで、顔の柔らかい部分を鉤手で交互に10回ほど突く

POINT !

手首の付け根からリズミカルに動かすと、圧力が強くかかる

「頰にもツボがいっぱい。例えば、瞳の下にある『承泣(しょうきゅう)』は目の疲れ、目尻の直下で鼻の脇にある『顴髎(かんりょう)』は皮膚に張りを与える効果が期待できます。鉤手でくまなく刺激しましょう」

【鉤手の顔タイチ02】鼻先の血行をアップ

【1】おでこから鼻先までをさすり、鼻の先っぽをつまんで放す
【2】左右の手で交互に10回ほど繰り返す

POINT !

4本の指と親指で鼻先を挟み、上向きに引っ張って離す

美顔器にもなかなか鼻先にアプローチするものはないけれど、軟骨でできている鼻は、変形しやすい部位なのだとか。鉤手でつまみ上げ続ければ、鼻が高くなるかも!?

ちなみに、太極拳の呼吸法は、鼻から息を吸うときにお腹を凹ませ、鼻から息を吐くときにお腹を膨らませる「逆腹式呼吸」。いずれのときも、おへそから指4本分下にある”丹田(たんでん)”を意識するのがポイント。

この呼吸法をしながら運動をすると、血行を促進し、心を落ち着かせる効果を得ることができるとか。また、漢方処方のジェル「タイチコスメ サーキュラー フェイシャル コントロールジェル」(100ml 4298円)をつけて行うと、さらに効果がアップ!

取材・文/Kano Numata 撮影・動画/瀬尾直道 音楽/Bensound.com

【同シリーズの記事はほかにも】
”掌”で顔のバランスを調整!小顔を叶える【顔タイチ】
小顔を叶える【顔タイチ】たるんだフェイスラインを”拳”で引き締め!

【関連する記事をチェック!】
太極拳で痩せる体に!代謝を上げる「サーキュラータイチ」
セレブも注目する漢方処方!エキスパート監修のジェルで楽痩せ
瞑想や漢方茶でスタイル維持!太極拳インストラクターの【美痩せ習慣】
【顔ヨガ1分動画】「顔面ブランコ」でバランスの良い小顔美人に!
【山本浩未さんのメイクのメ】「ここぞ!」という時は高級シートマスク

監修:YOKO

メディカルタイチのインストラクター。本名は、張軼蓉(ちょう・いつよう)。6歳から中日友好武術大会で活躍し、最年少で太極拳チャンピオンに。南京体育大学院で運動訓練学の学士を習得後、2007年に来日。大阪体育大学でスポーツ心理学を学びながら、太極拳のプロ選手としても活動。中国武術国家審判員などの資格をもつ

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事