まつげダニ検査を記者が体験!5本ブチッと抜いてみたら…

2016年7月にドライアイ専門医が都内で行った調査によると、5人に1人のまつげに“まつげダニ”が繁殖していることがわかった。

まつげダニとは、まつげに寄生し、皮脂や汚れをエサに繁殖していく顔ダニの一種。数が増えるとさまざまな症状が…。あなたの目元は大丈夫?

目元にひっそりと潜んでいるまつげダニ(写真/アフロ)

まつげダニは、肉眼では見えないほど小さく、体長はわずか0.35~0.4mm、 体幅は約0.05mm。寄生しているかどうかは、まつげダニの診察を行っている、都内でも限られた医療機関にある顕微鏡で、まつげを拡大して見てもらわないとわからない。

そんな話を聞いて、本誌・女性セブン記者が検査することを決意した。

→まつげダニについての詳細はコチラ!

点眼薬をさしても治らない不調に悩まされていた記者。さては、まつげダニの仕業?と検査を予約。保険診療内と聞きホッ。

検査はまず、ドライアイの度合いやマイボーム腺の機能チェックから。その後、先生がピンセットでまつげを5本、ブチッと抜く。あまりの素早さに痛みはナシ。

そして1本ずつ顕微鏡で観察。緊張の瞬間…。

しかし、結果はシロ。まつげダニは残念ながら(?)いなかった。

それでも今後つかないとも限らない。予防にはマイボーム腺のケアが大切と聞き、新たに処方された点眼薬とアイケア用品でケアを開始。

2週間後、ドライアイが改善されたせいか、目が疲れにくくなり、心までスッキリ。目の定期健診の大切さを改めて実感した。

※女性セブン2018年4月19日号

【関連する記事をチェック!】
ニキビに悩むグラミー賞歌手・ロードが無配慮な周囲に怒り
モデル達に大評判!「大人ニキビ」原因から徹底ケアして脱ブツブツ
凸凹のニキビ跡がツルツル美肌に!薬学博士が開発した「サイエンスコスメ」とは
メイクしたまま寝は厳禁!秋枯れ肌に潤い取り戻すケアのコツ
【山本浩未さんのメイクのメ】肌が不調のときのお手入れは超シンプルに

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. マモル より:

    ダニがいる女子はイヤだ…。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...