美女の証は、ほっそり美脚!寝たままできる「レッグツイスト」

夏を目指してボディメイクをするのなら、効率よく正しい方法で進めたいところ。

そこで、ヨガインストラクターで、「GapFit」のアンバサダーとしても活躍する片野瑛子さんが、ボディメイクに役立つ“パワーエクサ”を指南。大きな筋肉をしっかり使うので、代謝アップにも◎。

今回、教えてもらったのは、美脚を養う「レッグツイスト」。寝転んだままでできるから、ズボラ派もぜひトライを。

 優美なラインのほっそり脚で美女度をアップ!

種類を選ばずに服を着こなすためには、メリハリのある美脚を手に入れたいところ。でも、太ももや足首など、知らず知らずのうちにむくんでいる人が少なくないよう。

「左右に脚を揃えて倒す『レッグツイススト』は元来、お腹の『腹斜筋(ふくしゃきん)』を引き締めるのに効果的なエクササイズ。でも、股関節の根元から開脚したり、脚を交差させたりすると、脚のむくみ改善にも役立つエクササイズに早変わりするんです」(片野さん。以下、「」同)

トップス:「ジャッカード ハイネック シェルフ タンク」4200円 ボトム:「NW ボーリブ ブロックド Gfast(ジーファースト)」6900円/共に、GapFitシューズ:モデル私物

片野版の「レッグツイスト」では、太ももの裏側にある筋肉「ハムストリングス」や、お尻の「大臀筋(だいでんきん)」をしっかりストレッチ。

また、エクササイズの最後にヨガの「仰向けでねじるポーズ」を加えることで、お尻の側面にある「中臀筋(ちゅうでんきん)」のストレッチや、背骨の位置調整にも効果あり。寝たままできる「レッグツイスト」で下半身痩せを狙おう。

【「レッグツイスト」で鍛えられる部位】
□ お腹の「腹直筋」
□ 太ももの「ハムストリングス」
□ お尻の「大臀筋」と「中臀筋」

【続いて、やり方をチェック!】

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...