男性好みのモテ尻に!下半身デブ改善にも役立つ「バックスクワット」

夏を目指してボディメイクをするのなら、効率よく正しい方法で進めたいところ。

そこで、ヨガインストラクターで、「GapFit」のアンバサダーとしても活躍する片野瑛子さんが、ボディメイクに役立つ”パワーエクサ”を指南。大きな筋肉をしっかり使うので、代謝アップにも◎。

今回、教えてもらったのは、外国人のような丸いお尻メイクに役立つ「バックスクワット」。

立体的な美尻を目指すのなら、お尻上部を鍛えるべし!

日本人のお尻は「大臀筋(だいでんきん)」上部が扁平になりがち。「バックスクワット」は、これを改善するのにぴったりのエクササイズなんだとか。

「お尻を後ろに引くようにして、腰を下ろしていく『バックスクワット』は、大臀筋上部のボリュームアップに効果が期待できます。特に骨盤が前傾気味の人にオススメですよ」(片野さん。以下、同)

トップス:「ジャッカード ハイネック シェルフ タンク」4200円 ボトム:「NW ボーリブ ブロックド Gfast(ジーファースト)」6900円/共に、GapFit シューズ:モデル私物

上半身の真っ直ぐを保ちながら行う「バックスクワット」は、背中の「広背筋(こうはいきん)」を鍛えることにもつながる。このため、引き締まったくびれを作るのにも役立つのだそう。

【「バックスクワット」で鍛えられる部位】
□ お尻の「大臀筋(だいでんきん)」上部
□ 背中の「広背筋(こうはいきん)」
□ 太ももの「大腿四頭筋(だいたいしとうきん)」

さらに、太ももの引き締めにも効果が期待できるとか。下半身デブに悩むダイエッターはさっそく試してみよう。

美尻エクサ「バックスクワット」を伝授!

【1】両手を頭の後ろで組み、肩幅より広めに足を開く。このとき、胸を開き、お腹を引き上げるように意識を

【2】ゆっくりと息を吐きながら、お尻を後ろに引くようにして、腰を下ろしていく。上半身は真っ直ぐのまま、つま先より前にひざが出ないように注意

【3】太ももと床が平行になるまで、しっかり腰を下ろしたら、息を吸いながら【1】の姿勢に戻る
【4】1セット10回を、味わうようにじっくりと行って

POINT!

「バックスクワット」のポイントは、頭から胸の真っ直ぐを保ちながら、腰をおとしていくこと。慣れないうちは、写真のように壁や鏡の前で行うのがオススメ。

「後ろにある椅子に座るようなイメージです。腰を下ろすときは、お尻から太ももの裏側を使うように意識を。立ち上がるときにもお尻に効かせるように意識をしましょう」

動画を見ながら、トライ!

【「バックスクワット」の注意点を復習】
□ 上半身の真っ直ぐを保つ
□ 腰を下ろすとき、ひざがつま先より前に出ない
□ 息を吐きながら腰を落とし、息を吸いながら元の姿勢に

夏前にスタイル改善したい人は、さっそく毎日の習慣にして!

【片野さんの”パワーエクサ”はほかにも】
美女の証は、ほっそり美脚!寝たままできる「レッグツイスト」
美腹筋、美脚、美尻が叶う!一石三鳥の「ニー・トゥー・ベリー」

【関連する記事をチェック!】
太らないおやつを冷蔵庫に。GapFitアンバサダー片野瑛子さんの【美痩せ習慣<食事編>】
背中もスリム!GapFitアバサダー片野瑛子さんの【美痩せ習慣<運動編>】
正しい「スクワット」を伝授!【イケメン動画レッスン】川本裕和さん(RIZAP)
【今村式美ボディメイク】臀部を鍛えて美尻に!「ワンレッグスクワット」
”美尻道”はとにかく痛い!岡部友さんの美尻ジム「Spice Up Fitness」を【体験レポ】

監修:片野瑛子(かたの・えいこ)

次女出産後、体に違和感を感じて、「Yoga bodyトレーニングコース(TOKYO YOGA)」で解剖学観点のアーサナを学ぶ。呼吸と体の動きを連動させたハードな運動量のヨガを好み、都内スタジオでヴィンヤサヨガを指導中。「GapFitアンバサダー」としても活動。レッスンのスケジュールなどは、公式HP(http://eiko-yoga.tumblr.com/)でチェックを

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...