姿勢美人を叶える【美痩せヨガ】でほっそり下半身にも

しなやかなボディを目指すのなら、体幹を鍛えるヨガがオススメ。

「コットン ツイストバック タンク」2900円、「ロウインパクト ブリーズ」3200円、「CW ボー プリンテッド gFast(ジーファースト)」6200円/共に、Gapfit(ギャップフィット)

そこで、「GapFit(ギャップフィット)」のアンバサダーの沖知子さんにボディメイクに役立つポーズを指南してもらった。

今回は、「一本足のポーズ(ウッティタ・ハスタ・パーダングシュタ・アーサナ)」。このポーズは、気になるお腹周りや下半身の贅肉解消に役つそう。

「片脚で立つことで、バランス感覚が養われたり、左右バランスが整ったり。正しい姿勢へのプラス効果が期待できます」と、沖さん。ダイエッターはさっそくトライを。

【「一本足のポーズ」の美痩せ効果】
□ 体幹強化
□ 下半身の引き締め
□ 姿勢矯正
□ 股関節の柔軟性アップ
□ 集中力アップ

下半身痩せに役立つ「一本足のポーズ」【初級者編】

【1】足の親指同士をつけた状態で、まっすぐに立つ。足裏全体を床につける

【2】息を吐きながら、右ひざを90度に曲げて、持ち上げる。両手はひざに添える

【POINT!】
□ 脚はお尻の付け根から持ち上げる

【3】左手を腰に添えて、バランスを調整。息を吐きながら、右手で右ひざを外側から掴み、股関節の付け根から脚を開く

【POINT!】
□ 頭のてっぺんから体幹を引き上げるように意識
□ 肩を後ろに引き、胸を開いてリラックス
□ 左の足裏でしっかりと床を踏み込む
□ 右ももを外旋する

【4】首ごと目線を左方向に向け、そのまま3呼吸、バランスを保つ
【5】息を吸いながら、脚を体の中心に戻し、吐く息でゆっくりと脚を床に下ろす
【6】左脚でも同様に【2】から【5】を行う

動画を見ながら、トライ!

片脚でバランスをとるためには、お腹の中心である「丹田(たんでん)」に重心を置くのがコツ。

また、意外と大事なのが足裏。親指の付け根である「母子球(ぼしきゅう)」と、小指の付け根、かかとの3点で地面をととらえて。

「大地に根をはるイメージで、しっかり立つ感覚です。足指だけに力を入れるのではなく、 足裏全体で床を感じましょう」(沖さん。以下、「」同)

初級編ができたら、脚を伸ばす【中上級編】にも挑戦を。

下半身痩せに役立つ「一本足のポーズ」【中上級者編】

【1】足の親指同士をつけた状態で、まっすぐに立つ。足裏全体を床につける

【2】右手の親指と人差し指、中指で右足の親指を掴み、息を吐きながら脚を持ち上げ、前方に伸ばす

【POINT!】
□ 脚はお尻の付け根から持ち上げる

【3】左手を腰に添えて、バランスを調整したら、息を吐きながら、右脚を股関節の付け根から開く

【POINT!】
□ 頭のてっぺんから体幹を引き上げるように意識
□ 肩を後ろに引き、胸を開いてリラックス
□ 左の足裏でしっかりと床を踏み込む
□ 右ももを外旋する

【4】首ごと目線を左方向に向け、そのまま3呼吸、バランスを保つ
【5】息を吸いながら、脚を体の中心に戻し、吐く息でゆっくりと脚を床に下ろす
【6】左脚でも同様に【2】から【5】を行う

体幹と内転筋を引き上げて、ぽっこりお腹や垂れ尻も改善

また、片脚でバランスを保つためには、体幹部に加え、太ももの内側にある「内転筋(ないてんきん)」を引き上げる必要がある。

「内転筋は、骨盤の底で内臓を支える『骨盤底筋(こつばんていきん)』に連結しています。このため、意識的に内転筋を使うと、骨盤のゆがみを整える効果が期待できるんです」

これは内臓の位置を正すことにつながるので、ぽっこりお腹の改善に◎。また、内転筋はお尻にもつながっているので、ヒップアップにも役立つのだとか。

メリハリある下半身を手に入れたいのなら、毎日の習慣にして。

【関連する記事をチェック!】
毎朝のヨガとマクロビが秘訣!GapFitアンバサダー・沖知子さんの【美痩せ習慣】
背中もスリム!GapFitアンバサダー片野瑛子さんの【美痩せ習慣<運動編>】
毎日5分でボディメイク!美脚、美腹筋、美尻に役立つ【パワーエクサ】3選
【毎日の運動はプチプラで】街コーデにも活躍する「GapFit」のスポーツウェア
毎朝5分でお腹を引き締め!くびれ作りに役立つ【朝活ヨガ】3選

監修:沖知子(おき・さとこ)

1989年4月8日生まれ。ヨガ・インストラクター。2007年にヨガと出合い、14年にインストラクターの資格を取得。呼吸と動きを連動させたフローヨガをメインに教えている。

また16年には「ミス・ワールド」の日本ファイナリストに選抜されて、「ミス・ヨガ」を受賞。17年から株式会社ブレストラン、代表取締役を務め、企業向けにヨガの呼吸法を指導している

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...