JUJUや関ジャニ∞も!高消費カロリーカラオケランキングTOP20

歌い終わりに消費カロリーが表示される、最近のカラオケ。

できれば消費カロリーが高い楽曲を選んで、少しでもダイエットにつながったらうれしい! 今回、株式会社第一興商が、通信カラオケDAMに搭載されている「カロリーカラオケ」で、カラオケ画面に表示される消費カロリー標準値を算出し、カロリーランキングを調査。

2017年3月1日~2018年2月28日の1年間で通信カラオケDAMに配信された全楽曲の中から、2018年2月度のカラオケリクエストランキングトップ300を調査対象とし、消費カロリー標準値が高い上位20曲を発表した。

ちなみに、消費カロリーデータ標準値とは、第一興商がスポーツクラブの協力を得て集計した、カラオケを歌う「声の大きさ」と「発声している時間」と実験によるサンプルデータを掛け合わせて出し、歌っている人のカロリー消費を計算して表示するもので、歌唱時間、歌い方などで大きく左右されるそう。また、算出方法の都合で標準値には誤差が生じる場合もあるみたいなので、あくまで参考の数字とふまえてチェックを!

DAMカロリーカラオケランキングTOP20

DAMカロリーカラオケランキングTOP20
※株式会社第一興商 通信カラオケDAM調べ

最も消費カロリーの高い曲は、昨年メジャーデビューしたコレサワの『たばこ』で、17.5kcalのカロリーを消費できるそう! これは、なんと体重50kgの人が自転車(16km/時未満の速さ)に約5分間乗ったときの消費カロリー量(18.0kcal)に相当するとのこと(出典:CASIO高精度計算サイトkeisan)。

そして、2位は、昨年10月にリリースされたAimerの『花の唄』(17.1kcal)、3位は、1月にリリースされたJUJUのバラード曲『東京』(16.6kcal)、4位は関ジャニ∞の『奇跡の人』(16.3kcal)という結果に。

高消費カロリー値を出すポイント3つ

写真/アフロ

歌い方でカロリー消費が変わってくるとのことなので、できるだけカロリーを消費できる曲の傾向や歌い方のポイントもご紹介。

【1】消費カロリー値が高い傾向にある、感情を込めて力強く歌うバラード曲や、アップテンポで激しい曲を選ぶ

【2】歌唱時間(発声時間)が長い曲を選ぶ

【3】大きい声で歌うと消費カロリーが高くなるので、歌唱中はお腹に力を入れた腹式発声を意識する

送別会や歓迎会などで、カラオケに行く機会も増えるこの時期。カロリー消費の高い曲を思い切り歌って、飲み食いしたツケを楽しく消費しよう!

【関連する記事をチェック!】
指原莉乃がミニスカで美脚披露!美の秘訣は「バランスのいい食事」
菜々緒が大胆ドレスで美ボディ披露!「自分にムチ打ちながら…」
美肌のため湯たんぽ2個で凍えて眠る!?壇蜜さんの【美痩せ習慣】
井川遥さんの【美痩せ習慣】10代から続けるアクアビクスで体型キープ
長澤まさみに山本美月も!女優たちの春の2大トレンドは“白”と“花柄”

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事