【旬菜】疲労回復にぴったりな「トマト酸辣湯のピリ辛スープ」

栄養たっぷりな旬の野菜は、ダイエットの強い味方。そこで、「ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)」に、「トマト」のレシピを教えてもらった。この時期ならではのおいしさを堪能して。

ABC_tomato_sanratan

中国・四川料理のひとつである「酸辣湯」は、唐辛子とコショウ、酢が効いたピリ辛スープ。トマトの酸味との相性もいい。その色素成分「リコピン」は加熱調理に強いのがポイント。強い抗酸化作用をもつので、美肌作りへの効果が期待できるとか。

このレシピでは、緑豆春雨を使ってボリューム感をアップ。食物繊維やカリウムなどの栄養素を豊富に含む「緑豆」は、疲労回復や便秘、代謝アップの作用も。1品だけでも満足感が味わえるはず。

カロリー…70kcal(1人分) 調理時間の目安…15分

材料(2人分)

緑豆春雨…15g トマト(2cm角)…1/2個 長ネギ(斜め薄切り)…30g 干しシイタケ…1枚 片栗粉…小さじ1 水…小さじ2
【A】干しシイタケの戻し汁+水…400cc 鶏ガラスープの素…小さじ1 酒…大さじ1/2 醤油…大さじ1/2 赤唐辛子(輪切り)…4つ
塩…少々 黒コショウ…少々 酢…小さじ1 ゴマ油…小さじ1/2 万能ネギ(小口切り)…適量

下準備

・片栗粉、水は合わせておく(水溶き片栗粉)
・干しシイタケは、80ccのぬるま湯で戻し、薄切りにする。戻し汁は取っておく
・緑豆春雨ははさみで7〜8cmに切り、熱湯で2分ほど加熱して戻し、ザルにあげて水気を切る

作り方

【1】鍋にAを入れてひと煮立ちさせ、長ネギ、干しシイタケを加えて加熱する
【2】緑豆春雨、トマトを加え、塩、黒コショウで味をととのえる
【3】火を弱め、水溶き片栗粉を少しずつ加え、とろみをつける
【4】酢を入れて沸騰したら火を止め、ごま油を回し入れる
【5】器に盛り付け、万能ネギを散らす

POINT!

・水溶き片栗粉は粉が沈殿しやすいので、使う直前にもう一度かき混ぜて

監修:ABC HEALTH LABO(エービーシー ヘルス ラボ)

東京を中心に全国約28万人が通うお料理教室「ABC クッキングスタジオ」の中で、ヘルスケアビジネスを推進するチーム。医療、美容、スポーツの観点から食を研究し、レシピ提案やセミナー、料理レッスンを行っている。公式サイトは、https://www.abc-cooking.co.jp/labo/

→さらにABC HEALTH LABOのレシピをチェック!

コメントが付けられるようになりました▼

▶この記事にコメントする

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

  1. TOMOKO より:

    ちょうど、おうちの冷蔵庫にトマトが残っていたので、作ってみました^^すごく簡単に作れて、息子や旦那からの評判も涼子でした。ABCシリースは、健康的で、簡単に作れるので、結構良いですね。また、他の出てくると嬉しいです。

    2+

最新コメント

さらに見る

注目のまとめ記事

さらに見る

関連記事