短時間でも汗じんわり!低酸素プログラム「LOXY」を【体験レポ<ストレッチーズ編>】

短時間で効率よく美痩せを目指せる、低酸素トレーニングを知っている?

トップアスリートやランナーを中心に利用されてきた低酸素トレーニングを、東京・麻布十番にある「メガロス ルフレ」で体験できる。こちらでは、「LOXY(ロキシー)」というプログラム名で女性向けに特化したトレーニングを提供。

特殊な機械を使い、富士山の7合目(2500~2700m)ほどの酸素濃度にした部屋で行うプログラムで、普段、自分の中に眠っている力や細胞を活性化することによって、新陳代謝向上やボディメイク効果が期待できるとか。

→低酸素トレーニング「LOXY」の基礎知識についてはコチラ

そして、このプログラムには、「LOXY B.Stretch-eze(ビー ストレッチーズ)」「LOXYサーキット B.SHAPE(ビー シェイプ)」「LOXY B.Run&BIKE(ビー ランアンドバイク)」の3つがラインナップ。

なかでも「ストレッチーズ」という伸縮性のある輪状の布を使った「LOXY B.Stretch-eze」は、低酸素空間でストレッチーズを行うことで、酸素を取り入れるために血管が拡張して体の柔軟性向上が期待できるプログラム。ピラティスの要素も取り入れているから、体幹を鍛える効果も期待できるという。

そこで、普段、運動習慣のない編集Tがこの「LOXY B.Stretch-eze」を体験! ハードワークが苦手な人にもオススメと聞いていたものの、初めての低酸素トレーニングにドキドキしながら挑んでみた。

* * *

低酸素の部屋でトレーニングする「LOXY」のプログラムは、全て「SpO2」と呼ばれる体内の酸素濃度と心拍数をチェックしながらトレーニングを進めていく。「LOXY B.Stretch-eze」でも、低酸素の部屋に入る前に、まずはSpO2と心拍数を図って健康状態をチェック。

個人差はあるけれど、通常時のSpO2は100~95%ほどで、それが低酸素室内で運動をすると、90%前後までダウン。普段、体の中で利用されていない部分が活性化し、細胞が目覚めるという。

チェックを終え、いよいよ低酸素の部屋へ。少し息苦しいのかなと想像していたけれど、感覚はほとんど変わらない。

5分ほどマットの上に座り、低酸素空間に体を慣らしたら、基本となる「マミー」というポーズからスタート。これは、布で身体をすっぽり包み込んで仰向けで寝るポーズで、布に包まれることで、頭、肩、肩甲骨、お尻、太ももの裏側がしっかりとマットにつき、体に負荷のかかりづらい姿勢に導いてくれるそう。

その状態で数回、深呼吸をしていると、息を吐くことで肩の力が抜けリラックスできるのを実感。さらに、足の裏で布を伸ばしていく感覚がすごく気持ちいい! できることなら、このままずっと布に包まれながら寝ていたいと思ったほど(笑い)。

次に、背骨の動きを感じるポーズ「ショルダーブリッジ」へ。仰向けになりひざを立て、お尻が宙に浮く姿勢に。背中とひざと足の裏が布に包まれた状態で、お尻をアップダウンさせる。骨盤を動かすと同時に、背骨も動くので姿勢の改善につながるのだとか。お腹を持ち上げているので少しきつく感じたけれど、お腹痩せにも効果的らしい。

さらに、腰回りと足を布に包んで腹筋をしたり、仰向けの状態で片足ずつ上下に動かし布を引っ張るようにしてももの付け根や裏を伸ばす動作を行い、前半ブロックが終了。

そんなに大きな動きはしていないけれど、この15分ほどのストレッチで少し身体が温かくなってきた。また、SpO2の中間測定をすると、運動前の93から85にダウン。数字でも効果がわかる。

後半戦を消化すると体もスッキリ軽く…

後半ブロックでは、まず、体育座りの状態から起き上がりこぼしのように動き、お腹の筋肉に働きかける。布の伸縮が元の位置に戻る力をサポートしてくれるので、普通に腹筋するよりも全然ラクチン!

そのほか、布を腰と足に絡めて下半身を安定させ、上半身を伸ばしたり、ひねったり。これはくびれ作りにも効くそう。布が下半身に密着していることで、脚の筋肉が伸びている感覚がはっきり伝わってくる。動かしている上半身だけでなく、体全体への効果を感じながら、レッスンは続く。

また、常に深い呼吸を意識しているため、息を吐ききる瞬間はきつく腹筋に効いている感覚がある。じんわり汗も出てきて、体がポカポカとしてきた。

レッスンの最後には、クールダウンとして最初にやったマミーのポーズで深呼吸。プログラムが終わって低酸素部屋の外に出ると、体がスッキリと軽くなった気が!? それに、ただ呼吸をするのも気持ちいい! 部屋の中では分からなかった、低酸素空間の威力をここで実感した。

* * *

布があることで、体のどこが伸びてどこが力が抜けているのかがよく分かるので、より体の動きを意識しながらストレッチを行うことができた気がする。また、低酸素空間では、通常のスタジオよりも体が温かくなるまでの時間が短く、運動効果が高いこともわかった。

短時間の効率がいいプログラムといっても激しい運動というわけではなく、むしろ心地よいほど。これなら、運動初心者でも続けやすいかも。

「LOXY ストレッチ」のほかには、「LOXYサーキット シェイプ」と「LOXY Run&バイク」というプログラムもあるので、運動上級者の人はそちらもチェックしてみて!

→低酸素トレーニング「LOXY」のダイエット効果についてはコチラ

写真/生熊友博

【データ】
メガロス ルフレ 麻布十番店 「LOXY(ロキシー)」
住所  :東京都港区麻布十番2丁目13番5号 COCOSPACE麻布十番 1・2F
電話  :03-5439-6870
営業時間:7:00~22:00、土日祝 9:00~21:00
利用料金:[レッスンフリー]1万5984円(「LOXY」は別料金)、[4DAYS(月4回)]1万2960円、[6DAYS(月6回)]1万7280円、[オールフリー]2万1600円 ※すべて月額
アクセス:東京メトロ・南北線、都営地下鉄・大江戸線「麻布十番駅」より徒歩3分
http://www.megalos.co.jp/azabujuban_reflet

【関連する記事をチェック!】
低酸素トレーニングって?「メガロス ルフレ」の「LOXY」を【体験レポ<基礎知識編>】
体験してみた!ハイアルティテュード専門スタジオ「ハイアルチ」
肩甲骨ストレッチで美背中に!【ほのかの筋活レポ05】スポーツ後ケアにお役立ちコスメも
シャロン・ストーン 美しさの秘訣はピラティスと仏教!?
本当に効くのは、コレ!ダイエット専門インスタグラマーが【美痩せ習慣】を伝授!

コメントが付けられるようになりました▼

▶コメント

※編集部で不適切と判断されたコメントは削除いたします。
※寄せられたコメントは、当サイト内の記事中で掲載する可能性がございます。予めご了承ください。

COMMENT

FEATURE

さらに見る

You might also like...